So-net無料ブログ作成
検索選択

紅葉・黄葉散策   (11月18日) [こども自然公園(大池公園)]

  毎日すっきりしないお天気です。朝晴れていても午後には雲が出るとか。いつ霙が降ってもいいような
冬の気配がします。明日から十二月ですから当然といえば当然です。
 ただ、関東の冬は晴天が続くイメージですので、それに期待してしまうのです。


 11月18日はこども自然公園(大池公園)に紅葉・黄葉を期待して行ってきました。
 公園内を回って撮った順に並べます。枚数が多いです。 


 なにもチェックしないで撮ってきたのでアップするときになってサザンカ?ヤブツバキ?とあやふやです。
 今はあちこちでヤブツバキが見られますが、これはサザンカだと思います。

 

 

 

 


 この日は中池にキンクロハジロが来ていました。

 


 中池にある島です。左側の黄色い葉っぱの木の付近にカワセミが出ます。
 この日も数名の鳥撮りさんがバズーカ砲をセットしていました。まだ葉っぱが邪魔でうまく撮れないようでした。

 


 上の写真と位置を替えて。青空がきれいでした。ところが

 


 ちょうど反対側は雲が多く青空が撮れません。いつものことですが。

 


 10月15日稲刈りした教育水田ははせがけの稲束ももうありませんでした。
 でんさんさんの情報では11月26日に収穫祭が行われ、餅を搗いてきな粉やあんこで美味しく頂いたということでした。
 でんさんさんありがとうございました。
 この日はこども達が水性の生き物を探しに来ていました。

 


 松木の切り株がたくさんあります。殆どが今年伐ったものです。
 なんとかいうセンチュウがなんとかいうカミキリに運ばれて松の木に寄生し松を枯らすそうです。
 左奥の茶色の葉っぱの木がそうです。この辺り一帯が全滅だと伐採作業している人達が云っていました。

 


 花の少ない時期ですが、あざみが蕾をつけていました。葉っぱも傷んでおらず凛としていました。

 


 何という木でしょう、いつ伐採されたのでしょう、ひこばえが出ていました。根はまだ生きているんでしょうか。

 


 青空でないので空の部分をカットしましたので、変形になっています。

 


 締めはイチョウの大木です。 

 
 長々と見ていただきありがとうございました。

 本日はこれにて。


nice!(70)  コメント(27) 

野菊展が開かれていました。  (11月17日) [横浜市こども植物園]

 皆さんは「しけざむい」という言葉をご存知でしょうか。漢字で書くと「湿気寒い}と書くのではないでしょうか。
 子供の頃、「しけざむい」と親が云っていました、それを思い出したのです。これは多分方言ですね。
 湿度が高いから寒く感じるのだということでしょう。

 この頃、私の部屋は「湿気寒い」です。きょうも終日19℃ほどでしたが湿度は85%ありました。湿度が高い
から窓へ露結するのではないかと思っています。結露する水分が部屋から出ていかない。どうすれば水分が
出ていくか?エアコンを付けると65%くらいまで落ちますが、きょうは除湿機を使ってみました。エアコンほど
湿度は速く減少しませんが、スイッチを切った後どうなるか。
 一般には冬は加湿器だと思うんですが、わが家は除湿機とは・・・どうなんでしょう。


 この日(11月17日)、横浜市こども植物園では「日本の晩秋を彩る野菊たち」展をしていました。
 当植物園ではこれらの菊を栽培保存しており、高山性種などを除くキク属12種とシオン属を毎年展示しています。


 上の看板の下の方に小さな文字で書かれているのは「こども植物園が誇るキク属コレクション」

 白い花が多いですね。名札がついているから違いがわかったような気になります。
 一応、名前を書きます。枚数が多いですからさらっと流して下さい。


 沖縄菊(オキナワギク) シオン属

 


 大島野路菊(オオシマノジギク) キク属           野路菊(ノジギク) キク属

 


 菊渓菊(キクタニギク) キク属

 


 竜脳菊(リュウノウギク) キク属               伊予油菊(イヨアブラギク) キク属

 


 朝鮮野菊(チョウセンノギク) キク属

 


 浜菊(ハマギク) ハマギク属                 達磨菊(ダルマギク) シオン属

 


 磯菊(イソギク) キク属

 菊花展もこじんまりと開かれていました。わたしは盆栽仕立て?が好きです。
 出品数は少ないと云ってもいろいろの種類の菊が見られました。


 以下二枚は園内に地植えされていたものです。


 白嫁菜(シロヨメナ) シオン属

 


 小浜菊(コハマギク) キク属

 一部を撮ってきたものをアップしました。菊は全国に分布していますが、それぞれ生育する地域が限られています。
 それを環境の違う所で育てるのですから植物園のスタッフは大変ですね。

 


 花の名前は?                          フユノハナワラビ  今年は不作でした。

 


 桂の木の落ち葉。ハート型です。

 きょうも 曇り空の下、児童遊園地とこども植物園へ行ってきましたが紅葉・黄葉はまだまだでした。
 きょうはWBで遊んできました、面白かったです。近日アップします。

 長々とお付き合い頂きありがとうございました。

 本日はこれにて。


nice!(71)  コメント(20) 

わが家の庭の昨今。 [庭の四季]

  私が今、政治のことで一番気がかりなことは、年金です。支給額が減らさるのではないかとずっと
気になっていました。
 きのう衆院厚生労働委員会で年金改革関連法案が自民、公明と日本維新の会の多数で可決されました。
 民進、共産両党は審議が不十分だとして採決に加わらなかったが、また反対のための反対かと。

 どう改革されるのか、きょうの讀賣新聞には次のように書かれていました。
 賃金や物価の変動に合わせて年金支給額を増減する「賃金・物価スライド」の見直しと、年金の支給額の
伸びを賃金や物価の上昇分より抑える「マクロ経済スライド」の強化などが柱。
(要は年金を減らすということ)

 同新聞に「賃金・物価スライド」の新旧ルールのイメージが出ていました。
 物価、賃金が下がったら現行は下がりの少ない物価に合わせて年金を減らして支給するが、新ルールでは
下げ幅の大きい賃金に合わせて年金を下げます。
 物価が上がり賃金が下がった場合、現行は据え置きですが、新ルールでは下がった賃金に合わせて
年金を下げる。

 みんな年金が下がることばかりで、
上がることはないようです。

 おかしいなと思ったのですが、
アベノミクスで 景気が良くなり
インフレに導かれるのではないかと
思うのですが・・・アベノミクスは
何ら有効に働かないということが
前提でしょうか。

 

 

 24日に積もった庭の雪もみんな
消えましたが、風が冷たいです。

 きょうは雪が降る前のわが家の
庭です。

一株のブルーベリーが紅葉しています。
もう一株は緑です。

 

 

 

 


 

 雨が上がった朝の万両。
 


 南天


 ドウダンツツジ  紅葉が始まる時水の補給をしなかったため枯れかけていました。
           どうにかここまで盛り返しましたが、来年はどうなるか。

 


 唐綿(アスクレピアス)  蕾があります。今年は6月下旬から咲きましたが、来年はいつ咲くのでしょう?

 


 雨に濡れたタツナミソウ。

 


 梅の新芽が出ていました。花と葉っぱの芽の違いの判別は忘れました。

 


 ウワミズザクラの黄葉。 このところの風や雪で大分落葉しました。

 


 木の名前はわかりません。

 


 梅の木にシジュウカラが来ていると奥様から催促されて餌台を作り23日に設置しました。
 ネットで餌台を調べるとたくさんあるんですが、実物を見て買いたいと思い、販売店を探しました。しかし、
店が見つからないので材料を買ってきてぶっつけ大工です。
 取り付けて3日経ちましたがまだ来ません。いつ来るか?
 材料費と手間賃を考えると買ったほうが見栄えもいいし安上がりですね。



 寒くなりました、朝起きる時部屋が暖かいほうがいいですね。今朝の室温は16.5℃でした。何度になったら
エアコンを入れるか考慮中です。
 パソコンをやっていると手が冷たいです。

 本日はこれにて。


nice!(78)  コメント(15) 

初雪!!  (11月24日) [庭の四季]

  降りましたね、きのうから降る降ると云っていましたが、降りました。
 東京都心では11月の初雪は54年ぶりとのこと。驚くことに積雪は明治8年の統計開始以降初めてだそうです。

 以下の写真はすべてベランダから。


 7:24
 いつものように4時に起き出して外を見たら雨が降っていました。ベランダの気温は3℃。
 6時ころから霙になり7時過ぎには雪になりました。ベランダの気温は2℃に下がっていました。

 


 10:02
 ベランダの前の植物にも積もっています。10時ころが一番雪の降る量が多かったようです。

 


 10:02

 


 10:03

 


 10:52  
 ベランダの前の積雪状況。植物の上や車の屋根には積もっていましたが、駐車場などには積りませんでした。

 


 11:54 きのう設置した餌台の屋根にも積雪。

 


 11:54 
 この時間になると降る量が少なくなりベタ雪だからでしょうアジサイ(七段花)の葉っぱに雪が積もり、茎が
押し曲げられていたのですが雪が落ちで元に戻りつつありました。

 午後には霙もようになりましたが3時には上がりました。気温も1℃以下になったのが2℃まで戻しました。
 朝も通勤通学に影響が出たようですが、帰宅時はどうだったでしょう。
 明朝までどれだけ気温が下がるか心配ですね。道路の凍結がなければいいのですが。

 毎日が日曜日のわたしとしては、働いている皆さんには申し訳ないのですが、余裕を持って降雪を見ていました。


 きょうの付け足し: ハイビスカス            


 きょうハイビスカスが咲きました。花径が8cmありました。
 鉢を部屋に入れるためにまだ蕾が付いているも切りましたので最後の花です。


 きょうは気温が下がるということでしたので、きのうハイビスカスと月下美人の鉢を食事室に収納しました。
 狭くなりましたが来年も花がたくさん見られるように我慢です。

 本日はこれにて。


nice!(73)  コメント(18) 

原野を思わせる景色。  (11月8日) [舞岡公園]

 今朝の地震には驚きました。
 朝食を終わり、片付けをしようと立ち上がったところまずTVの緊急地震速報に驚きました。あまり見ることは
ありませんから、当地に強い地震が来るのかと思ったのでした。
 TVの画面を見たら福島という文字が見えましたのでホッとしましたが、それから長い地震でした。横揺れが
段々強くなったように思います。TV装置が前後にゆらゆらと揺れ、グッピーの水槽がポチャンポチャンと揺れて
いて、3.11地震を思い出しました。当地は震度3でしたが、ガタガタと揺れるのではないのでかえって恐ろし
かったです。
 津波は仙台港で1.4mでしたが、地震と津波でどれだけの被害が出たのでしょう。
  TVのニュースで見るところでは学校が多数臨時休校になり交通機関に乱れが生じ、漁業関係に被害が
出たようですが人的被害がなかったようでそれは良かったと思います。
 地震は恐ろしいですね。


 きょうは前回の舞岡公園の続きです。

 古民家を出て田圃の方に向かいました。


 古民家の植え込みに菊と黄色い花が咲いていました。

 


 臭木(クサギ)

 


 竜胆(りんどう)

 


 池の前に雑草に混じってコスモスが。

 


 道の側に石碑?立っています。左の二体はうさぎとフクロウ。

 


 前回の田圃の写真の奥の方です。案山子が頑張っています。

 


 右側に休憩所(情報館)があります。この並びに湿地帯があり、道の向こう側はきざはし池があります。今は
枯れた葦で覆われていますが、冬の間鳥撮りの皆さんがよく集まるところです。

 


 休憩所に並ぶ湿地帯。ここでも野鳥が見られます。

 


 さくらなみ池。水鳥が見られるところですが一羽もいませんでした。田圃に着いた時、鴨が数羽飛んでいきま
したがここから飛んでいったのでしょう。

 道路を挟んで反対側に宮田池があります。葦が繁茂して水面が見られませんでした。
 舞岡公園には8個の池があるそうですが、わたしが歩いているところは全体の半分ぐらいですから、
歩かないところにあるのでしょう。
 これから鳥撮りの季節を迎えます。わたしは長いレンズがありませんので期待はしませんが、冬の間に
ちょっと覗いてみようと思っています。

 きょうは朝、雨で気温の上がらない寒い一日になるのかなと思っていました。ところが青空が出て風もなく
暖かい一日でした。当地は最高気温が20℃位になったのかな?

 木曜日には真冬の寒さになると予報されていますので、ベランダに上げておいた月下美人の大小の鉢4個、
ハイビスカスの鉢を2個部屋に入れました。狭い食事室が一層狭くなりました。四月まで我慢です。

 本日はこれにて。


nice!(63)  コメント(15) 

小谷戸の里の古民家   (11月8日) [舞岡公園]

 きょうは曇り空でしたが暖かかったです、20℃を越したのではないでしょうか、きのうと比べると10℃は違っていた
のではないかと・・・きのうは冬の寒さでした。 数日後、真冬の冷え込みになるとの予報が出ていました。 

 11月8日に久し振りに「舞岡公園」に行きました。

 紅葉・黄葉を期待して行ったのですが、バスを降りてちょっと歩いたところの門というか入り口というかに到着。
すぐ傍に有料駐車場と広場がありますが、 


いい色に紅葉・黄葉が見られました。曇り空とはいえ見ごたえがありました。

 


「もみじ休憩所」の紅葉です。ほんの一部が色づいているだけでした。残念!途中でお会いしたスタッフ(多分ボラン
ティア)の方の話では月末が見頃だろうと。


 「小谷戸の里」へと続く表門です。

 


 谷戸田に向かっている途中ですが、紅葉・黄葉する木が少ないのか色づいている木をあまり見ることはありませんでした。

 


 林の中の道を下りますが、途中足元から飛び立ったり遠くで囀る声が聞こえたりしましたが、わたしが撮れたのは
ツグミ ヒヨドリだけでした。
 この日は鳥撮りの人達は3、4人いただけです。その人達はなにかがいたと云っていましたが、名前を忘れました。

 


 前回来たのは七月の末で、稲が青々としていましたが、実り稲刈りがあり稲束はもう見当たりません。
 すでに脱穀されたと思いますが、案山子はまだ残されていました。

 


 田圃の畦を進むと、「ガマズミの実」が見られました、いい色艶です。

 


 「マユミ」の実が口を開いていましたが、ちょっと色が冴えない。
 それでも花の少ない今の時期には貴重な彩りです。

 「小谷戸の里の古民家」に寄ることにしました。

 


門を入ると右手に薪が積み上げられていました。冬用に準備されたのでしょう。ボランティアの仕事でしょう。

 


 「小谷戸の里の古民家」です。右が母屋で左が納屋。わたしもこの様な縁側のある家で生まれ育ちました。

 


 裏に回ると煙が出ていて薪の燃える香りがします。懐かしい香りです。
 どこでもしているんだろう?囲炉裏かなと思いながら

 


土間に入ると竈で火が燃やされていました。お湯を沸かしているようです。囲炉裏には火はありませんでした。

 長くなりますのできょうはここまで。続きは次回に。


nice!(73)  コメント(23) 

カエデなども色づきました。  (11月15日) [保土ケ谷公園]

韓国は大変なことになっていますね、100万人のデモ、ものすごいエネルギーです。
誰がリーダーなんでしょう?
そのため小池知事もトランプ氏もTVのニュース配分では負けています。

北朝鮮は今回の韓国の状況をどう見ているんでしょう?どう動いているんでしょう?マスコミは知っていて報じない
のでしょうか?静かですね。

北朝鮮はこれ幸いとして韓国を併合することを企てているかもしれませんね。


きょうも前回と同じ日(11月15日)の保土ヶ谷公園です。
思ったよりカエデなどの紅葉が進んでいました。枚数が多いですがサラッと眺めて下さい。 


ここは数年前まで「カエデの林」でした。公園内の整備が行われその時多くの木が伐採されました。
残った木を四方八方から撮ってみました。


ユリの木  樹高は20m以上です。花は上の方に咲くので写真を撮ることは難しい。


 ⇑ 唐楓(トウカエデ)だったと思います。 ⇓

 


 ⇑ イロハツツジ ⇓


以下三枚は整備される前、山の紅葉を彷彿とさせる所で、この公園で一番好きな所でした。

 


ここにはモミジが三本あるんですが、逆光でもいい色が見られます。

歩くことがまだ恐ろしいですが、歩かなければと思って歩いています。
転ばない歩き方はどうすればいいのかとか、きれいな景色があってもそれは立ち止まって
見なければならないとか、真っ直ぐ前方を見て考えながら歩いています。
すぐに慣れると思うのですが、その時が問題なのです。

この頃、RSSリーダーがメチャクチャです。Sage++とFeedly を使っていますが、
良いRSSリーダーがありましたら教えてください。

本日はこれにて。


nice!(70)  コメント(17) 

イチョウの黄葉  (11月15日) [保土ケ谷公園]

TVを賑わしていたアメリカ大統領選挙は大方の予想を裏切ってドナルド・トランプ氏が勝ち第45代大統領になります。


今回の選挙戦が始まってから、わたしは第40代ロナルド・レーガン大統領を思い浮かべていました。
私の記憶ではは三流の映画俳優と云われていたと思います。
そして、アメリカを強くすると云って勝ったのでした。
最近では、あることに引っ掛けて云われている、レーガノミックスという言葉も思い出します。


トランプ氏は軍隊経験も政治経験もありませんが、レーガン氏は若い頃から政治に頭を突っ込んでいました。


トランプ氏は補佐官などどんなブレーンを採用するのか興味があります。
当然ながらアメリカ大統領ですからメリカの利益になることを実施するでしょう。
国内政治は国民の喜ぶことをやって一応うまくいくと思いますが、際問題・外交はどうでしょう。
アメリカはますます世界のお巡りさんではなくなるでしょう。

日本は対米べったりではなく、自国は自分で守るとアメリカにい云わなければなりません。そしてアメリカから
見放されたらどうするのか考え準備しなければならないでしょう。

儲かるか儲からないかで判断するのがトランプ氏だそうですから、基地を自由に使用している日本という不沈母艦を
世界のお巡りさんでなくなるアメリカの大統領トランプ氏はどう見積もっているのでしょう。暴言連発のトランプ氏、
本心?はどんなでしょうね。TVとしては番組ネタとしてしばらく使えますね。


きのう(10月16日)は用事で保土ヶ谷公園を縦断して出かけました。
今にも降り出しそうな空模様でしたが、イチョウの黄葉が気になっていました。
思ったより黄葉していました、すでに葉を落としているものやまだ緑が勝っているものなど様々です。
カエデ類も紅葉が進んでいました。
曇天でしたが少し明るく撮ろうと露出補正をプラスで撮りました。

きょうはイチョウを、次回はその他の紅葉をアップします。二度に分けるところが奥ゆかしいですね。

 


尾瀬などで有名な草紅葉とは違いますが、それでも枯れて色づいた草原もいいですね。


イチョウの並木を並べます。毎年のことですが、同じところにありながら色づきに差があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きょうの付け足し;11月15日の月。
DSC_0897.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


68年振りの大きい月が見られる、所謂スーパームーンは14日でしたがあいにくの天候で見られませんでした。
一応14日に少しは近い12日13日の月は見て写真も撮りましたからまあまあかと思っていましたら、見られないと
思っていた15日も見ることができました。
7時前の月です。天空に登っていないためか大きく見えました。薄雲がかかっていたのでしょうかシャキッと
撮れていません。

きのう途中で鴨が来ていないか見るために帷子川(かたびらがわ)に寄ってみました。
真鴨と尾長鴨が数羽来ていました。もう冬鳥が来るほど季節が進んでいるんですね。
帷子川に来る鴨は種類が少ないんです。他にはホシハジロとキンクロハジロが来るだけですが、この冬は
どうでしょう。たくさん見られるといいのですが。

本日はこれにて。


nice!(67)  コメント(22) 

フジバカマ  (10月24日) [横浜市こども植物園]

セキュリティソフトの有効期限が切れたので、今年もノートンを入れました。

そのためでしょうね、Firefoxがめちゃくちゃ立ち上がりが遅くなりました。
PCもそれを認識したらしく対策しろとッセージが出ました、先日やったばかりなのに。

対策のひとつとしてFirefoxのリフレッシュがありますが、これを実行すると皆さんのブログの更新を教えてくれる
フト・RSSリーダーが消えてしまいます、拡張機能ですから。リストを復活するためにまたコツコツやらなければなり
ません。この時不注意からリストに入れないでしまうことがあり、お伺い出来ないということが起こってしまいます。

多分、最近お伺いしていないところがある思いますが、徐々にもとに戻しますのでお許しください。


リフレッシュで消去されないRSSリーダーに変更しようと画策中です。

きょうも横浜市こども植物園です。


10月24日。一部で黄葉していました、それから20日過ぎていますから、今は紅葉・黄葉は進んでいるでしょう。

 


キバナツノゴマ 別名、悪魔の爪。果実の形が鋭い爪のようだから。花の時期に写真を撮らなかった。

 


藤袴(フジバカマ) 菊科    近年、園芸店で「フジバカマ」として販売される鉢物の多くがこちらの種類。

中国産の種類と云われており日本産さんのフジバカマではありません。
日本産のフジバカマに比べると小型で花色(特に蕾の時)や茎などは赤みが強く、成熟した茎に着く葉はほとんど
3つに分かれるのが特徴。

或は、フジバカマとして販売されているものはフジバカマとサワヒヨドリの雑種とも云われています。
 


日本産のフジバカマ。茎の色、花の色、葉っぱが違います。今年は何故か盛大に成長していなかった。
秋の七草のひとつ。
          


杜鵑草(ホトトギス)  ユリ科  園内にたくさん咲いていました。三枚並べます。




もっと色が違う花があったようですが、見分けが付かなかった。


洋種山牛蒡(ヨウシュヤマゴボウ) ヤマゴボウ科   遅かった、実が萎んでいます。有毒植物なんですね。


台湾椿(タイワンツバキ) ツバキ科  もうすぐ椿園で椿の花が見られます。今年は花の状況はどうでしょう?


酔芙蓉(スイフヨウ)  葵科  9時半頃撮影。日の当たらないところは酔いが回らないようです。


千両(センリョウ)  センリョウ科  お正月の縁起物ですね、もうすぐ新年を迎えます。

今夜はスーパームーンでしたが、雨で見られませんでした。
いつもの満月より3割大きいんだそうですが、いつもの満月とならべないと違いが判りません。
そして、月は出た時と天空では見える大きさが違います。
昨夜はおぼろ月でしたが、一応撮りました、今夜は見られないと思いましたので保険です。
でも、スーパームーンではありませんから価値はありませんね。

本日はこれにて。


nice!(63)  コメント(20) 

セージいろいろ。  (10月24日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

先日、躓いて転んで顔面を打ったことがトラウマというほどでもありませんがストレスになっています。
また転ぶんじゃないかと考えて、歩く時、体全体に力が入っています。
いろいろ原因を考えるんですが、認知症になってしまったんじゃないかと。

引きこもりになっても困りますので短距離を注意を払いながら歩いています。

 

そんなことや天候が良くないことなどで写真を撮っていませんので、蔵から引っ張り出したアップします。

 季節が随分進んでいます、10月24日に児童遊園地で撮った写真です。ハーブガーデンに咲いていた花です。
花が少ない時期ですので貴重です。 


青空は気持ちのいいものですが、このような雲の多い空を見るとこの雲がどこまでも続いているように思います。

 


メキシカンセージ

 


パイナップルセージ

 


パイナップルセージ                 ボックセージ

 


コバルトセージ

 


チェリーセージにホウジャク。ホウジャクは毎年ここだけで見ます。きれいに撮れていませんが、
ストローが見えますのでよしとしましょう。

 


いつもの池でのカワセミ。短時間の滞在でこちらを向いてくれませんでした。青色を強調したかったのでマイナス補正で
撮り、トリミングしています。


きょうのお友達; ライトくん  6歳

        園内で座り込み、飼い主が呼んでも動こうとはしませんでした。ところが3mくらい離れたところで
        お出でと呼んだら来てくれました。頭や背中を撫でさせてくれました。柔らかい感触を
        楽しませてもらいました。
        カメラ目線になっていないように見えますが、カメラ目線になっています。 

寒いですね、北の国からは雪の便り。このまま冬に突入でしょうか。きょうから気温が少し上がるようですが。

最後までお読み頂きありがとうございました。

本日はこれにて。


nice!(69)  コメント(22) 

六義園も紅葉はまだだった。   (10月21日) [東京散歩]

近所の人に顔を合わせたときの朝の挨拶は、「寒いですね、秋を飛び越して冬が来ましたね」です。
きのう(9日)東京では木枯らし1号が吹いたそうです、当地はいつ吹くのでしょう。
冬の使者の雪が北海道から東北に降りてきています。山は別として平地の紅葉・黄葉はどうなるのでしょう?

昨夜、わが家では新米を食べました。
ふる里から送られてきた宮城県産米「ひとめぼれ」です、早々とお歳暮だと兄は云っていました。
わが家は米が無くなると兄から精米して送ってもらっています、勿論、お金は払います。ですからいつも新鮮な美味しい
米を食べていますから、新米だと云っても飛び上がるほど美味しいとは思いません。
でも美味しかった!やはり新米です。ありがとうございました。

10月21日、makkun さんと二人の写友と一緒に旧古河庭園を後にして途中で昼食をし向かった先が「国指定特別名勝
六義園」でした。
六義園はわたしも何度か訪れています。何度も訪れているからでしょうか、特に感激するということもなくのんびりと
景色が楽しまます。


六義園を調べると、五代将軍・綱吉、側用人・柳沢吉保そして三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎の名前が出てきます、


ヨーロッパの石造りの門や日本の城の門も見ごたえがありますが、住まいや庭に導くように造られた豪華でない門が
わたしは好きで、それを見ると撮りたくなります。前回の旧古河庭園でも一枚撮っています。
こういうところの門には名前がついていますが、それをチェックしてこないのもわたしがぐうたらだからです。




南庭大門  ここを入ると右側に枝垂れ桜の大木があります。


内門  ここを入ると池と広々とした芝生が広がります。


もっと前に進んで池(大泉水)を広く撮り、中の島も大きく撮れば良かったのにと思います。そうしないのは目の前の
芝生の広がりに惹きつけられるからでしょう。


田鶴橋(たづばし)


キンクロハジロ  この秋初めて見ました、もう来ているんですね。


つつじ茶屋


舟屋の左に臥龍石(がりょうせき)が見えます。龍の背のような姿を見せる石だそうですが、この日は亀とカルガモが
乗っかっていました。


蓬莱島  少し右に歩いて撮ると石に穴が開いてるのが見えるんですが。右奥に鴨、キンクロハジロ?


中の島を別の角度から眺めながら大泉水周遊を終了。

園内の碑の説明板を見ると、景勝地十二境八景、八十八境の石柱、新脩六義園碑という文字が見られます。
こういうものを探しながら回るのも楽しいでしょうね。

いつも後で思い出すのですが、藤代峠からの眺めが良いんだそうですが、行くたびに頭から抜けています。

この後、京浜東北線で上野へ出て不忍池に寄りました。


不忍池弁天堂

そして、ごくろうさん飲み会でした。3時開店のmakkun さんのおなじみの店に開店前に入り、飲みそして食べました。
その内容はmakkun さんのブログが詳しいです。

最初から最後までmakkun さんにはお世話になりました。みなさんより早めに店を出て電車に乗りましたので
退社時間よりちょっと早めでしたから東京駅から座ってウトウトしながらのご帰還となりました。

新しい発見があり、美味しい料理で飲み、楽しい一日でした。

makkun さん、有難うごじました。

本日はこれにて。


nice!(72)  コメント(16) 

旧古河庭園 心字池とそのまわり!  (10月21日) [東京散歩]

きょうからブログタイトルを「a domani」に替えました、何かが変わることを期待して。
実は今足腰の衰えが感じられてめげているんです、それを払拭したいんです。
これからもよろしくお願い致します。


旧古河庭園の続きです。
バラ園を見た後、日本庭園へ。 


まず目についたのがこの灯籠。実はこの灯籠を撮ろうとは思いませんでした、背景の紅葉の始まりを撮りたかった。
この灯籠は「太平型灯籠」というそうです。庭園内にはたくさんの大きな灯籠がありますから、灯籠を主にして撮っても
良かったですね。
思いがけず紅葉の始まりを見たためにそちらに関心が行ったのでした。
灯籠を撮るときは台座まで取らなければだめですね。

 


心字池を目の前にしたら「雪見灯籠」が目に入りました。左にハゼノキ、紅葉が始まっていました、早いですね。
ウルシの仲間だから紅葉するんですね。
雪見灯籠が気に入ったというか、雪見灯籠を入れるといい景色になると思ったのか、たくさん撮りました。
三枚アップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


これは「崩石積(くずれいしづみ)」というものだそうです。
京都で発達した伝統的な工法で、石と石が噛み合って崩れそうで崩れない姿が美しいとされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大滝

高さは10m以上あるようです。
上はバラ園ですから、
庭園内の高低差が
がわかります。

水源は井戸水。

 

 

 

 

 


今月下旬には紅葉に彩られた素晴らしい景色が見られるでしょう。松の木を額縁にして。

 


茶室もありました。

わたしは初めてでしたが、旧古河庭園は見ごたえのある庭園ですね。
わたしはバラ園よりも日本庭園が痛く気に入りました。京都の庭師・植治こと小川治兵衛が作庭した名園なんですね。
わたしは小川治兵衛という人は知りませんでしたが、「おがわじへい」とキーを叩くと「小川治兵衛」が出るんですから
有名な方なんですね。
一年中季節季節の花を見ることができるようなので、必ず再訪することになるでしょう。

ここを出て、次は六義園ですが、その前に昼食です。わたしは蕎麦をいただきました、大盛りで。


本日はこれにて。


nice!(75)  コメント(23) 

旧古河庭園 バラ祭りでした。 (10月21日) [東京散歩]

次回からブログタイトルを「a domani」にしたいと思っています。単なる気まぐれですが、「日々是口実」を長年使って
きましたので心残りのところもあります。タイトルを変えることにより内容も皆様を引き付けるものになればいいのですが。
「日々是口実」がなくなったと驚かないでください。

冷え込んできました。
冷え込んできて困っていることがあります、先日アップしたアレルギーのことの他に水分がなかなかとれないことです。

七月に血液検査をした時、クレアチニンと尿酸の数値が高かったので先生から水分を多くとるように云われました。
たくさん水を飲んでおしっこをどんどん出すことによって高い数値を低いものにしようということでしょう。

夏の間は脱水症状を防ぐために一日1.5L とか2L 飲めと盛んに云われていました。わたしは別の目的で飲まなけ
ればならないのですが、一生懸命飲みました。でも、1L くらいではなかったかと。

夏でもそうですから汗をかかなくなると水分補給は辛いものになります。これが困っていることなのです。
今は水もお茶も暖かにして飲んでいます。せいぜい多くても一日1L くらいだと思うのですが、その結果トイレに通うのが
忙しくなっています。

 

10月21日はmakkun さんのお誘いで都内の庭園を二箇所廻りました。
makkun さんの写友お二人と合わせて四人で訪れました。

きょうは旧古河庭園のバラをアップしますが、makkun さんに先を越されてしまい、わたしの内容は色あせたものに
なっています。makkun さんのブログをご覧いただければ良くわかると思います。 


 旧古河庭園は特に関東にお住いの方はご存知だと思いますので成り立ちなど書きませんが、実はここはわたしは
初めてでした。皆さんのブログで拝見しすでに訪れていると思っていたのですが、勘違いでした、訪れてみてわかりました。

「国指定名勝都立旧古河庭園」と門柱にあります。
都立文化財庭園が九箇所あるんですね。浜離宮恩賜庭園、旧芝離宮恩賜庭園、小石川後楽園、旧岩崎邸庭園、
向島百花園、清澄庭園、殿ヶ谷戸庭園、旧古河庭園、そしてこの後訪れる六義園。こうして見てみるとわたしは意外に
訪れていました。訪れていないのが殿ヶ谷戸庭園です。向島百花園は東京オリンピックの頃ですから、完全に変わって
いるでしょうね。

 


門を入って右に90°曲がると洋館のここは玄関でしょうね。

 


正面と云っていいのかな。

 


皆さんがバラを前景にして洋館を撮られていますので、わたしも真似て見ました。


日本のバラが空に伸びていますが、これのないところで撮るべきでした。
空が白っぽいですね、なぜ三枚目のように青空にならないんでしょう?

 


「秋のバラフェスティバル」は23日まででしたが、終盤でしたから傷んでいるバラも多かったですが、
十分に楽しむことができました。
わたしはバラはほとんど赤いバラしか撮りません。たくさんの色のバラがありますから、撮りきれないというところです。
赤いバラだけではどうかと思い他の色もアップしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きょうはこんなところでお仕舞いです。
正直云いますと、わたしが旧古河庭園で惹かれたのはバラではなく、「心字池」のある日本庭園でした。

しかし、バラは人気があるんですね、平日でも大勢の方が来園していました。

次回日本庭園をアップする予定です。

本日はこれにて。


nice!(60) 

アスファルトで厚化粧の地球と喧嘩。  (11月4日) [横浜散歩]

朝の気温が毎日徐々に下がります。北海道は連日雪のようですね。

日中は暖かになるという予報に期待して出かけました。
きょうは二週間に一度クリニックに降圧剤を貰いに行く日でした。 


甘柿は大分収穫されましたが、まだ残っていました。青空に柿の色・・・似合います。 

 


コスモスが咲いていました。ここは旧東海道に面した土地ですが、ここに建物があった記憶はありません。
種を蒔いている様子は見えないのですが、コスモスは毎年咲きます。

 


国道1号線に面した民家の植え込み、ナンバンギセルを見せて頂いたのもこのお宅です。
五葉ケビ(ゴヨウアケビ)  色づいていましたが、葉っぱの影で色が出ていません。

 


三葉通草(ミツバアケビ)  アケビは木通とも書きます。まだ色づいていません。

 


オキナワスズメウリ  ウリ科の蔓性植物。 実の大きさは直径2cmくらい。はじめは緑で段々色づく。

 


郁子(ムベ)  アケビ科  熟してもアケビのように口が開くことはない。
                ご主人によると、通りに面しているので熟した頃には誰かに持って行かれる。


 いつものようにクリニックの診察は超短時間ですみ、次に腰のリハビリをして、それからどこへ行こうかと考えながら
歩いていたら、歩道の段差に足先を引っ掛けばったりと。眼鏡のフレームが壊れ、左の眉からポタポタと血が落ちて。

ちり紙で傷口を押さえながら歩きました。
左顔面から落ちたらしい。歩きながらどこが傷んだかチェック。時間が経つにつれて段々痛いところが判明。
左膝、打撲。右手首、捻挫。右目尻の下の頬骨のところに腫れ。

右足先が引っかかれば左足を踏み出して体勢を整えるのが普通だと思うのですが、左爪先も引っかかったらしい。
右手では支えようとしたようですが(捻挫の気配あり)左手は出なかった、なぜかと考えたら左手にカメラが入った
バッグを持っており、無意識のうちにカメラをかばったらしい。カメラは故障なし。

腰痛のリハビリもやめ、まっすぐ帰宅しました。
わたしの様子を見て、交通事故で病院に運び込まれるよりいいでしょうと慰めてくれました。

歳ですね、足が上がらなくなりバランス感覚も悪くなっている・・・地球と喧嘩しても勝てないですよ。
左膝と右手首はいつ治るかな、これにびっくりしたか腰の痛みは感じません。腰痛のリハビリやりながら
膝痛と捻挫の治療はやりたくない。

コメント欄は閉じさせて頂きます、恥ずかしいですから。

本日はこれにて。 


nice!(64) 

ハイビスカスの剪定  (10月31日) [庭の四季]

夏を引きずっていると思っていたら、時々11月下旬が強行侵入。

と思っていたら、今朝の室温は21℃、ベランダは10℃。寒いです。12月の中旬だそうです。
寒さで鼻水が出ないようにベットの上で手や足を動かすことから始めてミニ体操・ストレッチをしました。要は、身体を
暖めることを企てるんですが、PC に向かっても寒かった。

 


わたしが時々目の前の山と云っているところです。ベランダから10mあまりにあります。画像の幅は20mくらいかな。
この山で朝晩野鳥の声がします。鳴き声でなんの鳥かわかれば楽しいのですが。

赤い色が少なくなったわが庭で蔦がまだ残っています。
もうすぐみんな落ちるでしょう。
来春にはまた小さな芽吹きが楽しめるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

最低気温も最高気温も15℃を切るようになりましたので
月下美人は傷んだ枝葉を整理し、ハイビスカスも剪定と
云うより切り詰めてベランダに上げました。
気温の状況によっては今月中旬には部屋に入れなけれ
ばならないでしょう。冬支度です。

 


左が剪定・整枝前で右が剪定・整枝後です。
撮る時立ち位置を気にしませんでしたから樹高の違いがわかりませんね。左は2m近くありました。右は70cm位に
なりました。
ハイビスカスの剪定は今年伸びた枝の最強でも2/3が適当と云われています。そうしますと木が毎年少しずつ
大きくなり部屋に入れるのが大変になります。
今年はたくさん花が咲いて楽しませてくれました。これだけ詰めれば来年は花が咲かないかもしれません。
覚悟の上です。

 


いま目の前の山(一番上の写真)の斜面に4x3mの広さに石蕗(ツワブキ)が群生し、花が開き始めました。 

 


これに困っています。オオカマキリが月下美人の茎に卵を産んでくれました。毎年ベランダ周辺で見るのですか
今年は月下美人に。このまま部屋に入れれば外よりも少しは暖かいですから、早々とちっちゃなカマキリが
ぞろぞろと出てくると思います。そして、部屋中を歩き回られたら・・・。
しょうがありませんから、月下美人を切って梅の木にでも縛り付けておこうと考えています。
ちっちゃなカマキリの赤ちゃんは可愛いですよ。

冬の準備の一コマでしたが、古い葉を切ったり剪定したりまだまだやることがあります。鉢替えも。お天道さんの
出たときにと思うのですが、出れば出たで散歩に出てしまいます。

皆さん、寒さに慣れないうちにどんどん気温が下がっています。お風邪を召しませんように。

本日はこれにて。


nice!(55)  コメント(16) 
メッセージを送る