So-net無料ブログ作成

露出補正で四苦八苦、右往左往しています。  (3月6日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

 きょうは青空がきれいで風もなく是好の散歩日和でした。
 常日頃の行いがいいと散歩も楽しめます。きょうはmakkun さんと東京駅をちょっと歩き、KITTE の6階
で東京駅を 撮り、新丸ビルの7回でも東京駅と電車を撮り、和田倉門公園で一休みし、丸の内を歩いて
有楽町の駅近くで昼食。楽しい散歩となりました。きょうの散歩は後日アップします。

 

 毎週日曜日の午後9時からBS3 NHK BSプレミアムで「刑事フォイル(原題:Foyle’s War)」を
見ていました。
 イギリスで2002年~制作されたものです。
面白い・・・と云うより色々な分野で興味深かったです。
 放送は終わりましたが、3月12日(日)から毎週日曜日の3月11日(土)の午後5時から毎週
再放送さています。

 舞台は、第二次世界大戦さなかのイギリス南部、ドーバー海峡に面した美しい町ヘイスティングズ。
 この小さな町に忍び寄る戦争の影。戦時下だからこその悲しい殺人事件や犯罪を生む…。

 警視正・フォイルは、一人の人間としてゆるぎない信念を持ち、次々と起こる事件に真摯に立ち向う!
ドラマの中では、戦争の悲惨や不条理も生々しく描き、これまでの刑事ドラマとはまったく異なる奥行
きを持った作品として、イギリスでロングランのヒットシリーズとなった。(ネットから)

 主人公のフォイルは素敵なおじさんです、その辺にいる日本人のおじさんに似ています。助演の彼の
運転手の女性サム(サマンサ・スチュアート)も言動が可愛いですよ。
 海外で制作された映画やドラマの吹き替えの声優さんはすごいですね、役者の顔と行動にピタッと
合った演技をします。よくぞこの様な声優を探してくるもんだと感心することが多いです。


 2kさんのブログに触発されて露出補正に足を突っ込みました。色々やってみましたがなかなか
手強いですね。思うようにカメラは表現してくれません。その一部をアップしました。

 下の写真は寒緋桜(カンヒザクラ)です。露出補正を替えて撮ってみました。 


 (1)露出補正 +1/3


 (2)露出補正 +1


 (3)露出補正 +2


 (4)露出補正 +2  こんな感じもいいですね、日本画のようです。ただこの時背景がボケれば
               本当に日本画風になったかも知れません。ボケるレンズがほしい。

 (1)(2)はいつも撮る露出補正です。わからないのは(3)(4)です。+2と同じにすれば
同じような明るさになると思うのですが、まるで違います。被写体の状況によって違ってくるのかな? 


 背景が空でしたから+2で撮ったら鳥が何かわからないほど濃い色になりました。画像処理ソフトの
曲線を使って明るくしていったら桜は明るくなり過ぎましたが、メジロはまあまあの色になりました。
 桜はオカメザクラ。


 土佐水木(トサミズキ) 露出補正 +2


 辛夷(コブシ) 露出補正 +2 1/3


 乙女椿(オトメツバキ)  この花の色が好きなんで再登場させました。露出補正 -1/3
                白飛びするのでマイナス補正にしました。

 花を取ることの多いわたしはマイナス補正にすることが多いです。花色を濃く出したいからだと
思います。ですがたまには見た目とは違うモノに撮るのも面白いんじゃないかと考えました。
これだけ露出補正をプラスすればハイキーになるんじゃないかと思うとそれほど効果は出なかったり、
同じ補正でもまわりが違うからでしょうか完全に白飛びしたりします。
 一枚ごとにモニターを見て補正を替えて撮るしかないのかなと思っています。

 本日はこれにて。 


nice!(61)  コメント(16) 
メッセージを送る