So-net無料ブログ作成
検索選択

東慶寺・紫陽花、ドクダミ  (6月5日) [鎌倉散歩]

 梅雨に入りましたね。梅雨入りの7日は終日曇り、きのうは午前中時々小雨がぱらついていましたが、
午後には青空が出ていました。きょうも晴れです。こういう表現が適しているか分かりませんが、穏
やかな梅雨入りですね。今年は本来の梅雨らしい雨であってほしいと思います。土砂災害が起こるよ
うな豪雨は願い下げです。
  現代は利水工事が行き渡り、水不足で水田にひび割れが出るなどということは少くなったようです。
生活の上で梅雨は何かと鬱陶しいことに思いますが、農作物にも飲水にも日本では梅雨が必要ですね。
 7日の梅雨入りは確定ではないんですね。確かに気象庁のデーターを見ましたら「6月7日ころ」と
出ていました。あくまで「ころ」なんです。正式には9月1日に梅雨入りと梅雨明けを決めるんです。
いろいろ勉強しなければなりません。

 先日、NHK BSプレミアムで「魔法の庭 ダルメイン~イギリスの湖水地方~」を見ました。
 お城のようなところにお住まいでしたが、当主は大地主、その奥さんジェーンさんは2万平方米の
庭を造っています。その番組の中でジェーンおばさんは、先日わたしのブログでアップしたヒレハリ
ソウも育てていて、栄養価の高い植物だと云っていました。そして、次のようなことも云っていまし
た。水をやりすぎると根が浮き(根が深く伸びないということでしょう)ちょっとした乾燥で植物を
枯らしてしまい植物がかわいそうだと。
 2万平方米の土地に思うような花の庭があったら楽しいでしょうね。


 きょうは前回に続いて北鎌倉・東慶寺の花です。
 特別公開のイワガラミは9時からでしたから、待ち時間とイワガラミを見た後に撮った花を少しアップ
します。

 紫陽花は小さな可愛い花が多かったです。その一部を。

DSC_7557




DSC_7558




DSC_7556




DSC_7589
 今年も八重咲きのドクダミを見ることが出来ました。たくさん咲いていました。



DSC_7614

 ↑ 花菖蒲か杜若か確認するのを忘れました。↓


DSC_7563


 以下3枚は下野(シモツケ)だと思います。



DSC_7616 




DSC_7617




DSC_7619




DSC_7595
  京鹿子(キョウガノコ) 下野よりも柔らかな印象。


DSC_7592
 本堂の並びに松岡宝蔵がありますが、向かって左側を少し入ったところでヤマボウシが満開でした。
このヤマボウシの奥の崖にイワガラミが咲いていました。本堂の裏のイワガラミが見られないときはここが
規模は小さいですが見られます。



DSC_7550
 この花は東慶寺の塀の外、大通りに面したところに咲いていました。アチラコチラで見られる花ですが
赤と白が同時に咲いて面白いなと思っていました。名前を知らなかったのでネットで調べていたら、この
花は初めに白い花が咲き日にちが経つと赤くなると書いているものがありました。確かに赤い花は新鮮に
は見えませんでした。名前は「源平草」と書いているものもありました。
 梅や桃で一本の木に紅白が咲く品種がありますが、たしかにそれは「源平咲き」と云います。
 この花は源平草でいいのかな。 ヤッペママさん、路渡カッパさん ⇒ 源平小菊


 東慶寺を出て浄智寺と光則寺を訪れたのですが、引き続いてそのことを書くか迷っています。こども
植物園などの花が萎れてしまいそうな気がするものですから。

 本日はこれにて。

nice!(75)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る