So-net無料ブログ作成

大弁慶草、黄金花。  (9月16日) [横浜市こども植物園]

 きょうは最近にはないような素晴らしい青空で湿度も低かった! 
10月はこの様な天気が続くのだろうと嬉しくなった。

この日(9月16日)は児童遊園地のあとに横浜市こども植物園を訪れた。
この時期は花数も多くはないが、なにかあるんじゃないか、見落としてはならないと
訪れます、期待以上のこともあればがっかりすることも。

DSC_0036
他の紫陽花よりも遅く咲く玉紫陽花(タマアジサイ=ユキノシタ科)の花後。
茎の先端の葉っぱの間から蕾が生まれ、徐々に大きな玉になりそれが崩れる様に咲く様子が好きです。


DSC_0043
梅雨の頃が最盛期だった紫陽花が、一株に一個二個今頃遅れて咲いています。


DSC_0047
牡丹園の木々の中に二輪咲いていた彼岸花(ヒガンバナ科)。
背景はに白い男郎花と黄色い女郎花が少々。


DSC_0048
白花彼岸花。花弁は6枚だそうだが確かめたことはない。


DSC_0056
黄金花(コガネバナ)シソ科
この写真では分からないが花びらは唇型。根が黄色いのでこの名がついた。
消炎・解熱などに利用される薬草。


DSC_0051
大弁慶草(オオベンケイソウ)ベンケイソウ科
この写真の状態はまだ蕾です、下の方に花びらを広げた花があります。
切り取って数日置いても枯れないほど強いことから弁慶の名がついた。
薬草でもある。

きょうはクリニックに降圧剤を貰いに行った。計った数値は138の62。
涼しくなったためか上が少々高い。
世の中(マスコミ)は騒々しいが、わが家はこともなしである。

本日はこれにて。


nice!(77)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱり秋になりつつあるんだね。 (9月16日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

 神社仏閣にお参りに訪れた時、神様や仏様にお願いをしてはいけないと聞きました。有難うという感謝の
気持ちで手を合わせるのだそうです。お願いをするのは新年のお参りのときだけ。

 神社を訪れてお参りした時、お願いしてもお賽銭は必要ないそうです。
お願いしたことが達せられた時にお賽銭を奉納する
と聞いたことがあります。
 いずれも真偽のほどは分かりません。が、わたしは今幸せですと手が合わせられれば
それ以上の幸せはないでしょうね。

 この日(9月16日)は児童遊園地(環境活動支援センター)を歩きました。
 木の葉も緑色が薄くなってきたように見えました。

DSC_0005
 年中何らかの花が咲いている花壇に一株のバラが花を開き始めていました。遅れてきたバラなのか
少し早めに来たバラなのか。


DSC_0013
 花期の長い百日紅も花が小さくなってきました。その大木の根元に細い枝を伸ばしていました。


DSC_0015
ブラシの木(フトモモ科) フトモモなんてたくましい。


DSC_0017
梅擬(ウメモドキ)の実  モチノキ科


DSC_0019
百日紅と柿。百日紅の花がまばらになり柿が色づくと秋ですね。


DSCN1061
金木犀(キンモクセイ) モクセイ科


DSC_9999
韮の花(ニラノハナ)ユリ科
虫が吸蜜中。蛾?セセリ? 羽を広げていますから蛾ですね。


DSC_0024

これはなにかお分かりですね、そうです、紫陽花です、枯れた後も脈だけ残りレースのようです。

花びらを一個だけ分けて撮ればよかたのですが、壊してはいけないと思い
そのままでアップで撮ってみました。 ↓ ↓


DSC_0027


DSC_0188
脈だけになった枯れた紫陽花をずーっと探していました。
今年初めてお目にかかりました。嬉しいです!

写真の枚数が多いにもかかわらずお付き合い頂きありがとうございました。

本日はこれにて。


nice!(75)  コメント(26) 
共通テーマ:日記・雑感

野竹や薊。  (9月15日) [たちばなの丘公園]

 このところ30℃になることはなく過ごしやすいです。やはり暑さ寒さは彼岸まででしょうか。

 きょうは久しぶりにリュックにカメラを入れて散歩に出ました。そろそろリュックを背負っても背中に
汗をかかないだろうと思って。やはりかきました。
 夏の間はリュックで背中に汗をかきたくないのでショルダーバッグにしています。しかし、カメラも重
いですからちょっとつらいです。

 9月15日は「たちばなの丘公園」に行きました。

DSC_9930
 この様な草ぼうぼうも悪くないですね。


DSC_9928
 ヒルガオの種類は多いですね、様々な色の花を見ます。隣のツユクサも素敵な脇役を演じています。


DSC_9943
 黄色い花もそうですが、白い花にも同じような姿形で困ってしまいます。
 花びらの数が多いか少ないか、花びらの幅が狭いか広いか、シベの形状は、葉の形と付き方は・・・
頭が痛くなります。それでも名前が分かったときは嬉しいです。
 これは白山菊(シラヤマギク)でいいのかな。


DSC_0247
 野竹(ノダケ)セリ科  セリ科だけあって湿性植物です。


DSC_9934DSC_9940
 この公園の前身は工場でした。古い樹木が残っています。
 左は古木・老木で大きな枝を広げています。右も桜だと思うのですが、なんで根元から枝が別れている
のでしょう。


DSC_9961
 初夏に咲くアザミや今頃咲く薊と品種はたくさんあるようです。花の色や形で名前を知ることができる
のでしようが、名前はまず置いといて・・・ということで。


DSC_9964
 今年は少ないのかなと思っていたのですが、咲出しました。


DSC_9970
 山杜鵑草(ヤマホトトギス)ユリ科  目に青葉 山ほととぎす 初鰹 を口ずさみます。関係ないね。


DSC_9974
 盗人萩(ヌスビトハギ)マメ科  だと思って撮ってきたのですが、葉が違うかな、何でしょう。
                 可愛い花でした。

 虫は勿論鳴いています。一時ほどの勢いはありませんがセミも頑張っています。わたしも頑張らなけ
れば・・・何を頑張りましょうか。

 本日はこれにて。

nice!(75)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

パノラマ遊花の里(裾野市)  (9月14日) [散歩・小旅行]

 9月14日、奥様がパンフレットで見つけた日帰りバスツアーに参加しました。
裾野市にある「パノラマ遊花の里」でコスモスを見ようというものです。

DSC_9743
集合場所は横浜駅の東口に近くにある「そごう」の駐車場前でした。集合時間、7時40分。

左側がそごう、右側は横浜駅「きた東口A」から「横浜ベイクォーター」に続く「ベイクオーターウオーク」。
中央に見えるのが首都高、その下が国道1号。

横濱に移り住んで約40年、横浜駅の東側はよく分かりません、まるで変わりました。
道についてわからないことがあります、国道1号、国道15号、第2京浜、第2国道。

DSC_9900
横浜ベイクォーターから「みなとみらい地区」を(多分)。
左側に歩いている人がいますがこの先が「シーバス」の乗り場です。
シーバスは年に2回ぐらい乗りますが、ほとんど山下公園から乗ります。


DSC_9903
シーバスと乗り場。

こういう景色はどう撮ればいいか分かりません。


7時50分、出発。


DSC_9906
アチラコチラに寄り道して「パノラマ遊花の里」に付いたのは12時ちょっと前でした。
雲が厚いです。正面に富士山が見えるはずなんですが、残念。

ここは面積が2ha あるそうです。富士山が見えないと感激しません。
いえ、花はちょうどよい咲具合だったのです。


DSC_9908
上の写真の立ち位置から90℃向いて撮りましたが、向こうの山は伊豆半島でしょうか。


DSC_9913
コスモスの花から花へ飛び回るアゲハ、変な格好で写っています。


DSC_9917
このように色々の花が混じっているのもいいですね。

がっかりしたのは、添乗員のひとことでした。「通り道だからちょっと寄ってみました」
こちらはここがメインだったのです。30分余りで出発です。

バスツアーは買い物ツアーなんですね、何箇所も寄るんですよ。
次回もし日帰りバスツアーを利用するときはパンフレットをよく見なければなりませんね。



DSC_9923
次の目的地に行く途中で昼食、休憩。
その間に富士山の方向を見て・・・やはり雲があります。



DSCN0980
次の目的の「三島スカイウオーク」です。吊橋です。
主塔の高さは44m、地面から橋までの最大高さは70.6m。
全長は400m、歩行者専用吊橋としては日本一の長さ。


DSCN0980 トリ
歩道の幅は1.6m。
400m歩いて戻ってきます。
奥様は、全く揺れないし面白くなかったようです。
茨城県にある竜神大吊橋のほうが面白いと云っていました。
わたしですか、勿論わたしは渡りませんでした、高所恐怖症ですから。


DSCN0983
富士山はこういうように見えるんだよと、看板が出ていました。
高い鉄塔を参考にすれば右上の方に富士山はあるんですね。
雲が多かった。


DSCN0987

これで帰路についたのですが、主役の富士山が顔を少しも出してくれなかったことが残念です。
夏だから仕方がないと諦めるしかないですね。

帰路に久しぶりに箱根峠(標高846m)を越えました。何年振りでしょう、
七曲りも楽しめたし、チョコッと芦ノ湖も見られました。
それにしても箱根の山は深い。 



DSC_9926

途中渋滞もなく6時過ぎに帰宅。西の空は夕焼けでした。
雲が気になって仕方がない一日でした。

あすは二ヶ月ぶりの山の手入れ作業日です。
8月は暑いので毎年作業はお休みします。さて、山はどうなっているでしょう。
予報では晴天ではないようですが、雨は降らないでしょう。

長々とおつきあい頂き有り難うございました。

nice!(78)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

稔の秋です。  (9月9日) [舞岡公園]

 暑さ寒さも彼岸まで、という言葉がありますが、
昨今の天候は20℃にもならない日があるかと思うと真夏日になったり。
きょうも30℃にはならなかったようですが、歩くと汗ばみました。
でも、湿度が低いのでしのぎやすかったです。
きょうは児童遊園地に行きましたが、久しぶりに富士山が霞んでいましたが見えました。

 先日、NHK BSプレミアムで仲代達矢のドキュメント「赤秋」を見ました。
それで思ったんですが、ひとつの芝居を上演するためには大勢の人が関わっているんですね、
舞台上で演ずる役者だけに目がいきますが。
 例えば、わたしが生きていけるのも大勢の人が関わっているんです。生きていることに感謝です。

 9月9日、舞岡公園を訪れました、4ヶ月ぶりです。

DSC_9881
稲も頭を垂れ秋の水田です。あと一ヶ月もすれば刈り取りです。
一面に鳥を防ぐネットが張られていました。狭い場所ですからこうしないと一斉攻撃されるでしょう。


DSC_9829
田んぼの一角に竹で作った雀脅しがありました。

田んぼのまわりには思ったよりも花がありました。

そんな中から何枚か並べます。


DSC_9806
蔓豆(ツルマメ)マメ科


DSC_9809
紅花襤褸菊(ベニバナボロギク)キク科
花後の白い冠毛をボロに見立ててボロギク。


DSC_9811
秋唐松(アキカラマツ)キンポウゲ科  と思うのですが。


DSC_9817 イヌゴマ
犬胡麻(イヌゴマ)シソ科  でいいのかな?葉っぱが違う気もする。


DSC_9839
禊萩(ミソハギ)ミソハギ科


DSC_9863
山杜鵑草(ヤマホトトギス)ユリ科


DSC_9843
弟切草(オトキリソウ)オトギリソウ科 ???

先日、ヤッペママさんがわたしより少し早く行って、見ることが少ない花を
ブログにアップされていました。

きょうは秋晴れと云える一日でした。この様な天気が続いてほしいです。

本日はこれにて。




nice!(82)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

ツルボ   (9月8日) [保土ケ谷公園]

  長年、宗教とはなんだと考えていましたが、分かりません。わたしは無神教?
キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、仏教・・・分かりません。
基本的に宗教とはなんぞやの段階なんです。

この頃わたしは神道の信者なんじゃないかと思うようになりました。
仏教が渡来する前から人々が信仰していたもの。
山も川も草木もアリンコもこの世に存在するモノを崇拝する・・・勿論、ご先祖様も。
崇拝する・・・八百万の神という言葉が好きです・・・崇拝するは大げさです。
わたしは認めることだと思うのです。
お陰で生かされている。

この世に存在するモノを崇拝する・認めるとは
キリスト教徒もイスラム教徒もユダヤ教徒も仏教徒も認めることだと思うのです。

台風18号は各地に人命を含め、甚大な被害をもたらしました。
それで思ったんです、自然を認めようと。

この日(9月8日)、保土ヶ谷公園を歩きました。

DSC_9722
蔓穂(ツルボ) ユリ科


DSC_9728
今年はツルボの当たり年ではなかったでしょうか、多くの場所で見られました。


DSC_9734 ヒヨドリジョウゴ
犬酸漿(イヌホウズキ)ナス科 同じような花でヒヨドリジョウゴがある。どちらか自信なし。


DSC_9736
道端に咲いていました。多分園芸品種でしょう。名前は不明。可愛かったのでパチリ。


DSCN0859
遊び心で・・・芙蓉(フヨウ)アオイ科  わたしにはムクゲと見分けるのが難しい。


DSCN0864
ヒマラヤ杉の実(球果)。
松ぼっくりに似ていますね、そうなんです、名前は杉でもマツ科なんです。
日本に入ってきた時、Himalayan Ceder のCeder を杉と訳したようです。
この実は来年の10~11月に熟します。受粉してから1年半かかります。
シダーローズという言葉を思い浮かべる人もいらっしゃるでしょう。


DSCN0873
小紫(コムラサキ)クマツヅラ科  色づいてきました。

寒暖の差が激しいです。夜、タオルケットでいいのか心配になり毛布も用意しました。

本日はこれにて。

nice!(84)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

園内をウロウロして。  (8月28日) [横浜市こども植物園]

 台風18号は九州に上陸。その後、四国に再上陸し近畿に再々上陸。
各地に大きな被害をもたらしています。
これから北上するようですが、進路に当たるところは要注意ですね。

 当地は終日風はありませんでしたが、雨模様でした。さて、あすはどうなりますか、
できるだけ勢力が衰え遠くを通過して貰いたいです。

まだ八月の写真在庫がありました、28日の横浜市こども植物園です。
里山に自生している草花ではありませんが、管理スタッフの方々の努力で一年中見られるのは
有り難いことで足を運んでしまいます。


DSCN0728

↑ ↓ バラ園も大分寂しくなっています。傷んでいますがその中から撮ってみました。


DSCN0732



DSCN0724
バラ園の周りを花壇が取り囲んでいます。年中花が見られます。
花から花へとアゲハが飛び回っていました。


DSCN0735
植物園にはニュートンのリンゴ、たくさんの種類の柿などがあります。
メンデルのぶどうもありますが、これはなんという品種か分かりません。


DSCN0743
ぶどうとは似て非なる洋種山牛蒡(ヨウシュヤマゴボウ)。


DSCN0737
種無しザクロ 種無しとは?と調べてみましたが、
種はあるとか食べられるほど軟らかいとか書いてありました、よく分かりません。


DSCN0751
カタバミだと思っていますが、葉が大きい、5cm以上ありました。
カタバミは種類が多いですね。

きょうの付け足し:


DSC_9894
ベランダのフェンスにぶら下げている蔦の鉢の中に幼虫がいます。
こういう虫はどこから来るんでしょうね。
蝶の幼虫かと思いネットで調べたんですが、分かりません。
ご存じの方教えてください、お願いします。
ヤッペママさん ⇒ コスズメの最終齢幼虫

お越しいただきありがとうございます、本日はこれにて。

nice!(80)  コメント(23) 
共通テーマ:日記・雑感

秋の気配  (9月初め) [散歩・小旅行]

 きのうは静岡県裾野市の方にコスモスを見に行ってきました。
残念ながら予想したような日帰りバスツアーではありませんでした。
どうあれ後日アップしたいと思います。

きょうは「秋の気配」というタイトルですが、木々の色だけでなく朝晩の風の冷たさにも
秋を感じますね。


DSC_9716
桂(かつら)黄葉が早い木です。丸い葉が好きです。
右奥は河津桜,いずれも若木です。



DSC_9730
これは錦木(ニシキギ)だったと思います。



DSC_9885



DSCN0866
桜だったと思います。


DSCN0938


  きょうの付け足し:


DSCN0861
散歩の途中で可愛いワンコに会いました。
わたしのところに寄ってくるんですが、カメラを向けるとワンワン云いながら2m位下がり、
また寄ってきます。じっとしていません。
名前や年齢を聞くのを忘れました、いやいやリードを持っていた妙齢のご婦人のではありません。
このワンコのです。
動きの早いワンコでしたのでフレームアウトばかりでした。



DSC_9984

↑ ↓ 先日花が見られた月下美人ですが、別の株に蕾が付きました。合計、6個。
上の蕾の長さが6cm位、下は2cmくらいです。下の葉には赤ちゃんが見えます。
季節が季節ですから分かりませんが、花が咲くことを期待します。


DSC_9985

きのうは長時間バスに乗っていましたのできょうは疲れが残りました。
でも、明日から3日間雨の予報がでていますので出かけられないだろうと
釣舟草を見に行ってきました。
咲いていましたが、今年はいつものように群生していませんでした。
後日アップします。

本日はこれにて。

nice!(73)  コメント(21) 
共通テーマ:日記・雑感

玉紫陽花  (8月26日) [横浜市こども植物園]

今日も暑かったです、短パンTシャツで扇風機を使いました。

皆さんのお宅では生ゴミの消臭をどうされていますか。

わたしのところは生ゴミの収集が火曜日と土曜日の2回です。
毎日ではありませんから一時貯めることになりその結果悪臭が発生します。
小さな袋に一日分入れてきつく口を縛りプラスチックの箱に蓄えます。

それでも悪臭は防げません。
生ゴミ消臭剤として酢を水で割って噴霧するといいと聞いて実行しましたが、
生ゴミの臭いと酢の臭いが混じってよくないですね。
酢の臭いがよくないなら酢酸を使えばいいと聞いたのですが、
酢酸を売っているところが身近で探せません。

対策は来年の夏まで持ち越しです。


まだ8月の在庫があります、きょうは8月26日の横浜市こども植物園の花です。


DSC_9453
 玉紫陽花(タマアジサイ)ユキノシタ科 他の紫陽花より大分遅く開花します。地味な花です。



DSC_9452
玉紫陽花は蕾がまん丸で可愛いです。上の写真の蕾はボケています。



DSC_9595
この花には去年はブータンルリマツリ(イソマツ科)という名札がついていましたが、
今年はルリマツリモドキ属の一種と名札に書いてありました。
ルリマツリも色々あるんですね。
花期が長いので実と花が一緒に見られます。



DSC_9581
胡草(エビスグサ)マメ科 豆果がハブ茶の原料になるそうです。



DSC_9605
釣鐘人参(ツリガネニンジン) キキョウ科



DSC_9445
秋海棠(シュウカイドウ)シュウカイドウ科


DSC_9445
上の写真でシベの違いを示したくて一部トリミングしました。
秋海棠は雌雄同株異花です。左の丸いシベは雄花で、右のシベが広がっているのが雌花です。
雄花が目につきますね。




DSC_9446
秋海棠の雄花を大きく撮ろうとしていたら虫に邪魔されて仕舞いました。

沖縄・宮古島方面はものすごく強い台風18号に襲われています。
これから沖縄や九州への影響はどうなるのでしょう。
被害が少ないといいのですが。今年は台風が多いように感じます。

台風で苦労されている地域の人達には申し訳ないですが、
明日裾野市の「パノラマ遊花の里」に行ってきます。
富士山の裾野でコスモスが見られると奥様が情報を得て、富士山も見られるといいなあ、と
日帰りバスツアーで遊びに行くことにしました。
今の時期ですから富士山は見られないかもしれませんが、広々とした景色を楽しんできます。

そんなわけで皆さんのところへお伺いするのは遅くなると思います。
よろしくお願いいたします。

本日はこれにて。

nice!(77)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

黄花秋桜  (8月28日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

  夏が戻ってきたようです、きのうは30℃、きょうも真夏日になったようです。蒸し暑いです。
日差しは真夏と違って肌に突き刺すように感じます。
暑くてもいいので晴天が続いてほしいと思うのですが、あすは曇天・雨天のようです。

児童遊園地を歩きました。

DSC_9553
花壇。 マツバボタンでしょうか、奥の赤いのは鶏頭(ケイトウ)。



DSC_9556
睡蓮(スイレン)



DSC_9559
このトンボは秋に見られる赤とんぼではないそうです。少し早く見られます。
羽の付け根が赤いです。

上の写真、スイレンが咲いている池にはトンボがたくさん飛んでいますが、カワセミは
見られません。どこへ行ったんでしょう。



DSC_9555 コヤブタバコ
小藪煙草(コヤブタバコ)キク科ガンクビソウ属 でいいのかな。


黄花秋桜を撮ってみました。


DSC_9565


DSC_9564



DSCN0909

広くないコスモス畑が広く見えないかな~と工夫したんですが・・・。

本日はこれにて。

nice!(80)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

ノシラン  (8月24日) [横浜市こども植物園]

 朝雲が多めでしたが、青空が見えるようになったので舞岡公園に行ってきました。5月以来です。稲は
頭を垂れ野鳥を防ぐネットが張られていました。
 草花はどんな具合だろうと探し歩きましたが、思ったより多く咲いていました。後日アップします。


 9月に入ってカメラを持っての散歩がほとんどありませんでした。その為、当分8月の写真在庫でしのぎ
たいと思います。ちびちびとケチな枚数になりますがお付き合いください。
 熨斗蘭(ノシラン) ユリ科  林の中の薄暗いところで見ることが多く、白く浮き上がって見えます。



 オケラ(キク科) 虫にケラ、オケラがいるし、無一文になるとオケラになったといいますね。



 仙人草(センニンソウ)キンポウゲ科 たくさんの花を咲かせますので一個の花もいいかなと。
                   毒草なんですね、薬用にもなるようです。 



 桜蓼(サクラタデ)タデ科 同じような花が咲くボントクタデというのもあります。



 カラミンサ・ネペタ(シソ科) と云うらしい。花壇にありました、小さな可愛い花です。 


 


 きょうは五節句のひとつの重陽の節句(ちょうようのせっく)でした。とは云っても旧暦で行われた
行事なんで季節に合わないですね。

 旧暦では菊が咲く季節ですから菊の節句とも呼ばれます。邪気を払って長寿を長い、菊の花を飾った
り菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして
祝っていました。今はそういう家庭は少ないんでしょうね。


 きょうは省資源の内容でした、当分続くでしょう。


nice!(73)  コメント(15) 

月下美人が咲きました。  (9月6日) [庭の四季]

 きょうは蒸し暑かったです。気温は真夏日にはならなかったと思いますが、湿度が80%前後あったので
はないでしょうか。
 そう云えば気象庁は関東甲信越の梅雨明けを7月19日ころから7月6日ころに変更(確定値)しましたね。
7月は晴天が続き暑かったですから当然でしょう。

 きょうはクリニックへ降圧剤を貰いに行ってきました。
 そして気になってい血液検査の結果を聞いてきました。悪いところがありました。

  検査項目        測定値     基準値
 *尿素窒素          23      8~22
 *クレアチン        1.09     0.61~1.04
 *尿  酸         7.4     3.7~7.0

 *総コレステロール     234      130~219 

 先生としては前にも云っていたのですが、尿酸の数値が気になったようです。特に投薬しなければなど
とは云っていませんでしたが、水分をたくさん補給してくださいということでした。水をいっぱい飲むこ
とに努力はしますが、水を飲むということ楽ではありません。が、痛風などになりたくないですね。

 昨夜(9月6日)「月下美人が4個咲きました。
 今年初めてです。7月8月に蕾が成長途中で天候の影響でしょうかオレンジ色になって落下することが
時々あり、今年は見られないかと思っていました。しかし、一度に4個咲いてくれました。

 生憎の霧雨の中での撮影になってしまい、じっくりと撮ることは出来ませんでした。晴れていれば
十五夜近辺の月に照らされた月下美人が見られたのですが。


DSC_9665
 9月2日 蕾が頭をもたげはじめました。


DSC_9768
 9月6日 19:30頃  花の後ろから。


DSC_9771
 9月6日 19:30頃 一枚の葉の両側に蕾が出ましたので並んで咲きました。一枚目の写真がその蕾。


DSC_9774
 9月6日 19:30頃


DSC_9792
 9月6日 22:00頃


DSC_9798
 9月6日 22:00頃

 濃厚な香りに包まれてひとときを過ごしました。

 本日はこれにて。

nice!(71)  コメント(23) 
共通テーマ:日記・雑感

南蛮煙管(ナンバンキセル)  (8月24日) [横浜散歩]

  この日(8月24日)はクリニックに降圧剤を貰いに行く日でした。
 いつものように8時20分ころ家を出て約25分歩きます。途中、東海道に面したお宅の植え込みになにか
見るものはないか足を止めます。

DSC_9422DSC_9421
 鷹の羽薄(タカノハススキ)イネ科ススキ属 耐寒性多年草 葉に薄い黄色の邪が入る。園芸品種。
                             別名、矢筈薄(ヤハズススキ)


DSC_9420
 タカノハススキの根元に今年も「南蛮煙管(ナンバンギセル)浜ウツボ科」が咲いていました。

 葉緑素を持たないので自分で光合成をして成長することが出来ません。他の植物の根に寄生して、そこ
から養分を取りながら生育する寄生植物です。主にススキに寄生するがその他のイネ科の植物などにも寄生
する。このタカノハススキも相当養分が取られ、元気がなくなるとご主人は云っていました。


DSC_9423
 鉢で育てられていた蓮、実がなくなっていました。


DSC_9427
 宜(ムベ)アケビ科の果物。秋に熟すと暗紅紫色になり甘いそうです。鶏卵くらいの大きさ。 宜と聞
くと「むべなるかな=いかにももっともなことだ」、を思い浮かべる人もおられるでしょう。

 この日、クリニックでは血液検査の採血がありました。半年ぶりですが、どんな結果が出るか。若い頃
から夏バテでしょうか夏の血液検査では肝臓が弱っていると出ることが多かった。今回は?

 クリニックを出てバスでこども植物園に向かいました。それは次回に。

 本日はこれにて。

nice!(74)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

朝焼けと庭の今。  (8月19日~) [庭の四季]

 どんどん秋に向かって季節は進んでいるようです、あまりにも切り替えが早い。

DSC_9471
 8月25日の朝焼け。
 夕焼けや朝焼けの刻々と変わる色の変化を見ていると和食の盛り付けと草木染めの生地を思い浮かべます。


DSC_9640
 シオカラトンボの♀でいいのかな?


DSCN0695
 何アゲハだろう、カラスアゲハ?


DSC_9367
 ヤマトシジミ


DSC_9663
 藪蘭(ヤブラン) 前ボケで中央にぶら下がっている茶色は月下美人の蕾(2個くっついている)。


DSC_9661
 色が変わり始めた蔦。


 上の写真は珍しい草花でもなく蝶でもありません。勉強中に撮ったものです。
 なんの勉強?ボケの勉強中です。
 何年もカメラをいじってきましたが、今頃になって焦点距離や被写界深度ってなんだ?という状況だと
わかりました。
 今までは撮って、見て、ボケたのボケないのと云っていたのですね。ボケたとしてもたまたまボケてい
たのですよ。

 いろいろ試してみてわたしの必要とするレンズを買おうかなと思っています。

 本日はこれにて。

nice!(78)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

匙雁首草(サジガンクビソウ)。 (8月25日) [こども自然公園(大池公園)]

 変化激しい天候が続いています。
 当地は30日まで真夏日が続きました。特に30日は南から湿った空気が入り、体感温度が滅茶苦茶でした。
ところがきのう31日は前日よりも10℃近く気温が下がって夏日にもならなかったようです。きょうも同じ
ようなもので、しかも午後から風が強くなり、ハイビスカスの鉢が何度も倒れました。台風15号の影響で
しょうね。

 きょうも25日のこども自然公園(大池公園)の続きです。DSC_9484
 入園して大池に近づくと最初に目に入る小島です。カエデ類がもう色づいていました。


DSC_9514
 大池に沿った道の左側は山の斜面になっています。そこでは種類も数も少ないですが野の花が見られます。
 玉簾(タマスダレ)ヒガンバナ科  何故か草むらにこの二輪だけ。


DSC_9515
 教育水田の側の道の法面に彼岸花がポツポツと咲いていました。終わり加減でした。


DSC_9524
 鵯花(ヒヨドリバナ) キク科


DSC_9533
 金水引(キンミズヒキ) バラ科  シベがきれいに写っていたのでアップしました。


DSC_9546  ハエドクソウ
 蝿毒草(ハエドクソウ) ハエドクソウ科  根を煮出して吸い取り紙に吸わせ、ハエ取り紙を作ったの
                      で名前の由来となっている。
 子供の頃、細長いベタベタしたハエ取りを台所などにぶら下げていたことを思い出しました。


DSC_9550 サジガンクビソウ
 匙雁首草(サジガンクビソウ) キク科  花が煙管の雁首に似ているからガンクビソウ、地際の葉が
                     匙(サジ)型(葉先の方で幅が広くなる)なのでサジガン
                     クビソウ。

 煙管(きせる)も雁首も見たことがなくわからない人が多いでしょうね。

 グッピー&コリドラスの水槽を冷やすファンはきのうもきょうも止めてあります、冷えすぎますから。

 前回アップしたタカアシグモは今朝は台所のシンクの上の壁に出てきました。まだお帰りではなかった
ようです。奥様はうちわを持って追いかけますが、動きが早いので追いつけません。

 本日はこれにて。

nice!(81)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る