So-net無料ブログ作成
横浜散歩 ブログトップ
前の10件 | -

野毛撮り歩き。  (10月9日) [横浜散歩]

毎日雨で寒い。朝の室温が30℃なんて事もあったのに、今朝は21.5℃。ベランダは11.5℃。
まさかこのまま冬にならないでしょうね。

雨で散歩に出られませんから、多くの時間をTVを見て過ごしています。
録画していたものを消化していますが、新聞のTV蘭を探して映画をみることもあります。

映画を見ていたら、クリスティン・スコット・トーマスという女優さんが出ていました。
前に見たことがあったか記憶になく、わたしにはそれほど魅力を感じませんでした。
ところが、ラストシーンの笑顔が素晴らしかった!

きょうは横浜撮り歩きの最後、野毛です。日本丸から野毛へ歩いて移動。
野毛は大道芸を見に来たぐらいで、桜木町駅からの広い道の左側に踏み入ったことがありません。
したがって、興味深々でした。

DSC_0563
この様な撮り歩きはあまりしたことがありません。
撮った中から何枚か並べます。


DSC_0567
このように車がすれ違うのが難しいような狭い道の両側に小さな飲み屋さんが続きます。
一画が碁盤の目のようになっているんですね。



DSC_0568
野毛たべもの横丁
入り口を入るとまっすぐな通路、その両側に


DSC_0569
この様な8軒のお店が入っているようです。


DSC_0571
上の写真のところが野毛たべもの横丁だと思っていたら、
道路上の赤い丸い提灯?の間に「野毛たべもの横丁」の白い看板が見える。
この通りがたべもの横丁か?


DSC_0574
飲食店だけではありません、このようなお店もあります。

DSC_0579
ブラブラと街歩きし、ハーモニカ横丁に到着。
この長いガーブした建物の手前の端にある小さな階段を登ると


DSC_0578
川にオーバーハングして通路が。ここが二階部分なんですね。入り口がこちら側にあります。
近くの橋の上から撮りました。
この通路を通って向こうの端で階段を降りると


DSC_0582
この様な景色、一階の店のドアはこの道に面しています。


DSC_0586
こんな外観のお店も。

さてどこで飲もうかと探し歩いたのですが、祝日で休みだったり
小さな店が多く5人が座れるテーブルが満杯だったりして。

そうそう、書くのが遅くなりましたが、野毛について歩いていたら合流する予定の
さる1号さんとばったり会いました。
ずーっと一緒に写真を撮って歩いたのですが、さる1号さんのモノクロの写真がいい感じです。
あのような写真を先にアップされると、アップしづらいですね。


DSC_0588
いろいろ探しましたが適当なところがなく、やっと探しました。
5人が座るには狭かったのですが、皆さんスマートですからここに決定。
道にイス・テーブルを並べ飲んでいる人たちもいます。女性も多いですね。


DSC_0587
店内は空いているように見えますがすぐに満席になりました。

歩きましたから、最初の生ビールの一杯がうまかった!

飲んで食べて喋って楽しいひとときを過ごしました。
(わたしは飲み物や料理の写真は撮りません、というより撮れないんです、簡単に言うと下手なんです)

そしてここでわたしは脱落。
バスに乗り19:30過ぎに帰宅し、シャワーも浴びずにバタンキューでした。

えーちゃんさん、横濱男さん、きよたんさん、さる1号さん、途中で帰られたmozさん
一日有難うございました。

nice!(77)  コメント(23) 
共通テーマ:日記・雑感

日本丸 畳帆作業  (10月9日) [横浜散歩]

きょうは前回の帆を張った日本丸に続いて「畳帆作業(じょうはんさぎょう)」をアップします。

総帆展帆は10:30からでしたので見られませんでしたから、畳帆作業はぜひ見たいと考えていました。
畳帆とは広げた帆を畳むことです。

畳帆作業は15:00から始まりますから、みなさんと別行動して日本丸に到着。

DSC_0544
① 15:04  15:00から作業が始まっているようです。
掛け声やホイッスルが聞こえますが、甲板の作業は見えません、舳先が上がっているので。


DSC_0552
② 15:20  甲板上でロープを緩めたり引っ張ったりして帆がたたまれていきます。
帆は全部で29枚あるそうです。


DSC_0555
③ 15:30  作業員が縄梯子を登り始めました。見えませんね。


DSC_0555  460撮り

④ 上の写真をトリミングしました。
マストに登り帆を畳む人たちはボランティアだそうです。
訓練を終えて登録されている人たちが日本丸の乗組員の指導の下で協力しているんですね。
約2000人の人が登録されているそうですが、その中から毎回100人ほどの人が参加。

縄梯子を登る先頭の人は髪型がポニーテールに見えませんか、ということは女性?。
ボランティアには大勢の女性が参加しているようです。


DSC_0558
⑤ 15:37  帆桁で作業がはじまりました、一番上はほとんど終わっています。
一本のロープが足場です。
マストの一番高いところが海面から46mあるそうですが、一番高いところはどこでしょう。

DSCN1439
⑥ 15:31  作業しているところを望遠で撮ってみました。
帆を畳むというのは帆桁に巻くんですね。
④のポニーテールの彼女もやっていますね


DSCN1441
⑦ 15:32


DSCN1445
⑧ 15:50  上の方は終わり彼女が降りてきました。
彼女にこだわっています。それにしてもロープの本数が多いですね。


DSC_0560
⑨ 16:02  帆は畳み終わりましたが甲板ではまだ作業があったようです。


DSC_0561
⑩ 16:11  何もなかったように静かに浮かんでいます。
舳先に4人が立っています。なにか行事があるんでしょう。
(追記:作業終了後、全員が甲板に並んで挨拶の敬礼をするんですね。
この敬礼には言い方があるようですが調べられませんでした)

畳帆作業がどんなものが見たことのない方に少しでも参考になればと思います。

ここでMOZさんとはお別れで、野毛に向かいました。

本日はこれにて。

nice!(76)  コメント(25) 
共通テーマ:日記・雑感

日本丸 総帆展帆(1/2)  (10月9日) [横浜散歩]

10月9日・体育の日は横浜散歩会で日本丸の総帆展帆を撮って野毛・街歩きに参加させて頂きました。
参加者は、主催者の
えーちゃんさん、横浜男さん、きよたんさん、MOZさんそれにわたしの5名でした。

快晴で最高の日和でしたが夏の暑さでした。
みなさん、お疲れ様でした、有難うございました。


DSC_0510
桜木町駅前に13時集合。早めに着きましたので駅前からランドマークタワー方面を見ていると
あかいくつ号が到着。向こうに日本丸の帆の先端がチョコッと見えます。
あかいくつ号は横浜市営の観光スポットを周遊するバスです。


DSC_0515
駅前から歩道橋を歩いて途中で一枚。


DSC_0523
帆を張った帆船はかっこいいですね、凛々しく見えました。
美しいはずです、太平洋の白鳥と呼ばれていたんですね。
同行した皆さんの日本丸を拝見し、反省です。
三本マストが見えるように少し斜めから撮ることも必要でした。
もうひとつは縦構図と横構図で撮ること。


DSC_0522
船を見ると船首を撮りたくなります。
遠くにたくさんの人がいますが、日本丸を眺めているんでしょうか。


DSC_0518
上の船首にも旗が垂れ下がっていますが、マストからマストにも張られています。
これは満船飾(まんせんしょく)、船でお祝いの時に船の通信に使用する旗
(国際信号旗)を掲揚することを満船飾と云うそうです。
船首から各マストの頂きを通して船尾まで続いています。


DSC_0529
上の船首の写真の大勢の人たちは吹奏楽を聴いていたのでした。
出演者は市内の中学校で12:00.13:00、14:00に3校が交代で演奏。
このときは領家中学校の出番でした。うまいですね、女子がほとんど。


DSCN1413
日本丸を一周しながら撮り、畳帆作業が15:00からでしたので時間調整のため
赤レンガ倉庫の方向に移動。
この時、偶然にもYUTAじいさんにお会いしました。ご家族で横浜にお出でになったようですが
みんなを待たせて日本丸を撮りにきたのでした。
汽車道を歩いていたらバスが泳いでいるのが見えました。水陸両用ですね。


DSCN1416
新港サークルウォーク   横断歩道橋です。


DSCN1426
15:00に日本丸に戻りたかったので、途中でみなさんと別行動しました。
赤レンガ倉庫の前を通ったらすごい人出でした、オクトーバーフェストでしたね。
回り込んで海側に。

海上保安庁横浜海上保安部 あきつしまが接岸していました。
赤いコンテナの左側の建物は「工作船資料館」で2001年12月に九州で自沈した
北朝鮮の工作船が引き上げられ展示されています。


DSCN1430
大さん橋にまたDIAMOND PRINCESS が接岸していました。
日本国内や韓国を短期クルーズしているんですね。


DSCN1432
日本丸メモリアルパーク遠景。
畳帆作業が始まる時間が近づきましたので汽車道を歩いて日本丸に戻りました。
次回は畳帆作業をアップします。

きょうは寒かったですね。ベランダの朝の寒暖計は18℃を指していました。
昼には16℃、夕方は15℃。

明日は大池公園の教育水田の稲刈り予定日ですが雨でしょうね。
子どもたちはがっかりするでしょう。

本日はこれにて。

nice!(74)  コメント(21) 
共通テーマ:日記・雑感

大さん橋とダイアモンド プリンセス。  (9月26日) [横浜散歩]

この日(9月26日)は県庁の後大さん橋に向かいました。

DSC_0338
愛称「くじらのせなか」を歩いて客船に近づきました。
いつ来てもこのウッドデッキはいいですね、ササクレだっているので裸足はダメと何度もアナウンス。
裸足になりたい気持ちは分かります。


DSC_0344
まず船尾に回って船名を確認。
「DIAMOND PRINCESS」 船籍はLONDON
帰宅後、調べました。
全長:290m 全幅:41.5m 総トン数:115,875m 高さ:水面上54m 喫水:8・5m
乗客定員:2,673人 乗組員数:1,238人
2004年2月、三菱重工業長崎造船所で竣工


DSC_0350
荷物の積み込みをしていました。


DSC_0351
救命ボートが両側で20隻余り、一隻にどれだけの人が乗れるんでしょう。
ここの客室は風景を眺めるのに邪魔ですね。


DSC_0353
ここはなんでしょう?


DSC_0355
くじらのせなかからベイブリッジを。


DSC_0358
くじらのせなかの一部。


DSC_0365
船尾が霞んでいます。


DSC_0367
くじらのせなかは正式には「横浜港大さん橋 国際客船ターミナル」と云うんですね。
くじらのせなかがよくブログでも取り上げられますが、国際客船ターミナルなんですよ。
ですから入国管理をしているんですね。くじらの腹の中は大事なところです。
背中から腹の中に入るにはこの様な通路もあります。


DSC_0370
通路の先にレストランがありますが、その入口近くにこんなバイクが展示してありました。


DSC_0372

ダイアモンド・プリンセスに乗る人達でしょう、大ホールには大勢の人たちがチェッインを待っていました。
ダイアモンド・プリンセスはクルーズ船ですが、今回はどこをクルーズしたんでしょう。
クイーン・エリザベス二世号など世界一周とはお客様の雰囲気が違うようです。

昼も過ぎました、次はどこへ行こうかと考えながら大桟橋から離れました。
腹が減っているしクタクタです。
何処かに行くことを諦めて昼飯(親子丼)を食べてバスで帰りました。

体力がなくなりましたな。


きょうの付け足し: 10月9日朝の月

DSCN1404
今朝6時10分の月です。明るさをいじりトリミングをしました。
一日の月の満ち欠けの量は思っているより大きいですね!



本日はこれにて。


*きょうは午後からえーちゃんさんの案内で横浜を歩きます。
帰りが遅くなることを考え予約投稿にしました。
皆様のところにお伺いするのも明日になるかもしれません。


nice!(77)  コメント(23) 
共通テーマ:日記・雑感

神奈川県庁から大さん橋まで。  (9月26日) [横浜散歩]

この日(9月26日)は神奈川県庁の屋上で景色を眺めた後、街中の建物を訪ね歩くつもりでした。
ところが大さん橋に接岸している白い客船を見てしまいましたので、大さん橋に行くことに予定変更。

DSC_0290



DSC_0327
どこからでも見えるランドマークタワーはどこでも撮りたくなります。
ここは路地でも裏道でもありません、広い通りの歩道部分です。


DSC_0328
大さん橋に向かって左に曲がるところの角、確かレストランです。
この建物は撮影する人が多いようです。


DSC_0330
赤レンガ倉庫に気が行っていたためランドマークタワーが写っていません。
右手前に白いものがたくさん並んだ突堤がありますが、これは「象の鼻」です。
150年余り前に横浜港が開港した時、このあたりに東波止場(イギリス波止場)が造られ、
時代の変化とともにこの象の鼻の原型が造られたようです。
なんで象の鼻、高いところから見ると緩やかに湾曲して象の鼻に見えます。


DSC_0333
象の鼻からみなとみらい地区を。今度はランドマークが入っています。
カメラを構えた時、何を撮るかじっくりと見なければなりません。


DSC_0334
橋が好きですから橋を撮っただけです。トリミングしました。


DSC_0336
象の鼻から白い客船を。大きな船になると「くじらのせなか」から撮るのは難しい。
赤レンガ倉庫から望遠で撮るのが一番いいかも。


DSC_0343
またまた同じような写真ですね。わたしの定番です。
この後、くじらのせなかを歩き客船を撮りましたが、それは次回に。

きょうの付け足し: 10月7日の月

DSCN1393



DSCN1387
中秋の名月、満月は見られませんでしたが、今夜はきれいな月を見ることが出来ました。

本日はこれにて。


nice!(68)  コメント(21) 
共通テーマ:日記・雑感

神奈川県庁の屋上へ。  (9月26日) [横浜散歩]

 9月26日は神奈川県庁を訪れました。
県庁の6階屋上に上がることができると聞いていましたが、暑い夏は避けました。
屋上に上がって四方を眺めたら気持ちが良いだろうと思ったのです。
DSC_0322
本庁舎の正面です。
屋上の上に「キングの塔」がそびえていますが、ここには登れません。
正面全体を撮ったつもりでしたが、撮っていませんでした。
横濱にはご存知の通り三塔があります。
県庁のキングの塔、横浜税関のクイーンの塔、開港記念会館のジャックの塔。
ここ県庁の正面に立つとクイーンとジャックが同時に見られます。
三塔が同時に見られるところが3箇所あり一日で回ると願いが叶うという伝説があり、
これを「横浜三塔物語」と云います。
県庁前からはこの日はジャックの塔が見えませんでした、イチョウの葉が茂っていて。


DSC_0292
守衛さんに挨拶して正面玄関から入りました。正面に階段。これを上がっていけば
屋上に出られますが、この階段の左側に小さなエレベーターがあります。それで6階へ。


DSC_0315



DSC_0312

階段も年季が入っています。貫禄があります。
県庁舎は関東大震災で消失した後、1928(昭和3)年10月31日に完成。89年経っているんですね。


DSC_0308
エレベーターホールから左右を見ると、執務室?に通じる廊下がこんな感じ。


DSC_0301
屋上に出て一番初めに目に入ったのが大さん橋に接岸している大きな客船でした。
大さん橋、愛称「くじらのせなか」も小さく見えます。


DSC_0298
客船からカメラを左に振ると三塔のひとつ、クイーンの塔です。
右に赤レンガ倉庫、左奥にインターコンチネンタルホテルが見えました。


DSC_0302
マリンタワーは見えないかなと探したら、いました、ビルに隠れるようにして。


DSC_0304

開港記念会館のジャックの塔。
この建物の左の方に独特の屋根?があり、それも入れたかったのですが、見えるところまで進めません
でした。チエーンが張ってあって立入禁止でした。

しばらくブラブラと周囲を見渡し次へ。
この日は県庁の後に古いビルを探して街中を歩く予定でした。
しかし、大さん橋の客船を見てしまったので足は大さん橋に向かったのでした。

きょうの付けたし: 10月3日の月

DSCN1265  10月3日の月

きのうは中秋の名月できょうは満月でした。が、残念ながら雲が多く見ることが出来ませんでした。
たまたま3日に撮っていた画像がありましたので代理として。
わたしは名月は満月だと思っていましたが、今年は一日二日ずれていることを初めて知りました。
中秋の名月、十五夜、満月・・・頭が痛くなります。


本日はこれにて。


nice!(77)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

南蛮煙管(ナンバンキセル)  (8月24日) [横浜散歩]

  この日(8月24日)はクリニックに降圧剤を貰いに行く日でした。
 いつものように8時20分ころ家を出て約25分歩きます。途中、東海道に面したお宅の植え込みになにか
見るものはないか足を止めます。

DSC_9422DSC_9421
 鷹の羽薄(タカノハススキ)イネ科ススキ属 耐寒性多年草 葉に薄い黄色の邪が入る。園芸品種。
                             別名、矢筈薄(ヤハズススキ)


DSC_9420
 タカノハススキの根元に今年も「南蛮煙管(ナンバンギセル)浜ウツボ科」が咲いていました。

 葉緑素を持たないので自分で光合成をして成長することが出来ません。他の植物の根に寄生して、そこ
から養分を取りながら生育する寄生植物です。主にススキに寄生するがその他のイネ科の植物などにも寄生
する。このタカノハススキも相当養分が取られ、元気がなくなるとご主人は云っていました。


DSC_9423
 鉢で育てられていた蓮、実がなくなっていました。


DSC_9427
 宜(ムベ)アケビ科の果物。秋に熟すと暗紅紫色になり甘いそうです。鶏卵くらいの大きさ。 宜と聞
くと「むべなるかな=いかにももっともなことだ」、を思い浮かべる人もおられるでしょう。

 この日、クリニックでは血液検査の採血がありました。半年ぶりですが、どんな結果が出るか。若い頃
から夏バテでしょうか夏の血液検査では肝臓が弱っていると出ることが多かった。今回は?

 クリニックを出てバスでこども植物園に向かいました。それは次回に。

 本日はこれにて。

nice!(74)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

横浜ビジネスパークのオブジェ  (8月18日) [横浜散歩]

 きょうは午前中いつものところに散歩に行きましたが、やはり暑かったです、残暑が厳しいです。

 午後は家で過ごしましたが、エアコンは必要なかったです。寒暖計は31℃指しているんですが、なぜ
だろうと思ったら湿度が低かった。きのう一昨日などは75%あったのに、きょうは65%でした。

 8月18日は買い物の途中で久しぶりに「横浜ビジネスパーク」に短時間でしたが立ち寄りました。

 横浜ビジネスパークは何年か前に野村不動産が元ビール瓶製造工場の跡地を開発したのでした。相鉄
線の天王町駅と星川駅の間にあります。確か11棟の高層ビル低層ビルからなるビジネス街です。

DSCN0626
 ここには企業が入っていますから部外者は入ることが出来ませんが、広い敷地のあちらことらに彫刻・
オブジェがあります。



DSCN0611

 ① 1990年 籔内佐斗司制作 「犬モ歩ケバ」 わたしは一番面白いと思い行く度に犬の顔を眺めます。 



DSCN0618
 ② ①の写真の奥の左側のボックスから犬が出てきます。



DSCN0614
 ③ ②の写真の犬が歩いて壁の怒江側に入りまた出てきます。



DSCN0613
 ④ 壁から出てきた犬は歩きます。そして①の写真の犬についてビルの中に入っていきます。

 行く度に何枚も写真を撮るんですがうまく撮れません。



DSCN0624

 1988年 安藤 泉制作 「犀-2」 木立の中にいます。

 他にもたくさんの彫刻やオブジェがあります。それを見て回ると半日は時間が撮られます。秋になって
涼しくなったらまた訪れようと思っています。わざわざ行くということではありません。わたしの散歩コ
ースの保土ヶ谷公園に近いですから。

 本日はこれにて。

nice!(78)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

三渓園・竹の花。  (7月3日) [横浜散歩]

  きのう一昨日と野暮用と暑さで散歩をサボりましたので、きょうは涼しいうちに散歩しようと7時に出掛けました。思惑は外れました、曇り空だからとか林の中を歩くからとか考えていたのですが風がソヨとも吹かず1時間半の散歩で汗みずくになりました。

 国会はお休み中ですが、真夏の夢のようなことで動いているようです。先生方が大勢集まって話し合いをするそうですが、丁寧に説明すると口癖のようにおっしゃる首相はどんな説明をするんでしょう。想像するに、指示したことはありません、知りませんということの連発でオシマイにして、丁寧に説明したと云うんでしょうね。指示したことはないからないとしか云えないですよね、知らないから知らないとしか云えないですよね。平行線でしょうね。

 今年の流行語大賞になるのではと云われている「忖度」ですが、加計学園関連で使われているのはその意味合いが違うのではないかと思っています。
 忖度とは、相手の心や本音を物差しではかる、他人の気持ちを推し量るということのようです。

 一方、同じような言葉で「斟酌(しんしゃく)」があります。この意味ですが、これも辞書で調べてみると、「相手の事情や心情をくみする事」また「くみ取って程よく取り計らったり、手加減する事」とあります。 

 単純に相手の心情を推し量っているのが「忖度」で、「斟酌」のほうが推測という意味合いが大きくなります。そして相手の心情を推し量った上で、それを汲み取って何か処置をするのが「斟酌」になります。

 首相の心情を推し量っている、汲み取っているだけでなんの処置もしなかったから、忖度になり斟酌にはならないんでしょうね。

 さて、前川さんと官邸筋の話はわたしが忖度すると前川さんを信じることになりますね。
 夏の夜の夢でした。


 7月3日、三渓園の続きです。

 園内をウロウロしていましたら、下の写真のような表示を発見しました。これは探さなくてはならない。

DSC_8778

 竹の花は数十年に一度咲くと云われています、ぜひ見なければなりません。

 帰宅後、大明竹(タイミンチク)をネットで調べて見ました。

 イネ科の小型のタケ。中国より伝えられたものといわれていたが,沖縄の本部半島に
自生しているのが知られた。常緑のタケで,高さは3~5m。観賞用として庭園などに栽植され,稈が密に叢生する。細長い葉が多数つく。花はあまり咲かない。(ネットから)



DSC_8758
 沖縄が原産なんですね、3~5mの高さになるということですが、ここには1.5mくら
いの細いものが生えていました。

DSC_8745 1200
 年を経るとこの写真のように稈が太く密生するんですね。稈先の笹が垂れ下がり稈は
傾いていました。


DSC_8756

 これが枝先です、そして白くぶら下がっているのが花のようです。



DSC_8757



DSC_8771
 これを見て何かの花を思い浮かべられたらすごいです。




149681842050598502177_IMG102_6421t2_1200  大明竹
 わたしが撮った写真ではわからないと思いますのでネットからお借りいたしました。
 これでお分かりと思います、稲の花がこの様な形です。竹もイネ科ですから似てい
て当然ですね。

 探したり写真を取ったりで小一時間費やしました。この花は時期が少し遅かったよう
です。この竹の花は数十年に一度、或いは百二十年に一度咲くと云われますが、果たして
どうでしょう。

 


DSC_8810
 昼飯の時間も過ぎていましたので、池と舟の写真を撮って帰りました。手前のハナショ
ウブがもうオシマイだったのが残念です。

 前回、何か期待できるようなことをアップするとかきましたが、期待はずれだったでしょう。お許しください。

 本日はこれにて。

nice!(78)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

三渓園・蓮、睡蓮、紫陽花  (7月3日) [横浜散歩]

  朝のTVの天気予報を見ると「きょうが一番の暑さ」と毎朝云っています。当地も7月2日以降
真夏日ですが、32℃くらいですから35℃を越すところに比べれば楽なもんですね。

 この頃、夜になっても喉が乾いた感じがし、水分を取るんですが、これは体が水分を欲しがっ
ているということでしょう。熱中症の予備軍になっているのかなと思い怖いです。


 7月3日は三渓園に行きました。蓮の咲き具合は少し早いかなと思ったのですが、行ける
時に行ったほうがいいと考えました。

DSC_8669
正門を入ってすぐのところ、必ずここで大池と舟と三重塔を撮ります。
いつもですが青空になりません、C-PLは付けているんですが安物だから?



DSC_8665
 この日の目的は勿論「蓮」です。想像通り咲いているものが少なく、撮りやすい近くにはほとんど
ありませんでした。取敢えず見られたので満足でした。



DSC_8676


DSC_8680




DSC_8681
 睡蓮の開花もほんの少しでした。


DSC_8686


 まだ紫陽花にこだわっています。


DSC_8713
 紫陽花一輪の向こうに「臨春閣」



DSC_8716

 「聴秋閣」の裏側の竹と紫陽花一輪」



DSC_8791
紫陽花と「横笛庵」



DSC_8784
 「臥龍梅」と紫陽花。

  ハナショウブも終わっており、紫陽花もそう多くなくて・・・でもまあまあだったと思います。

 長くなりますのできょうはここまでにしますが、次回は面白いものをアップしようと思っています。
 ただし、なにこれとなるかもしれませんから期待しないでください。

 本日はこれにて。


nice!(75)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 横浜散歩 ブログトップ
メッセージを送る