So-net無料ブログ作成
検索選択
横浜市こども植物園 ブログトップ
前の10件 | -

ケムリの木、栴檀(センダン)。 (5月22日、30日) [横浜市こども植物園]

 きょうは朝から曇りでした。雨が降らないかなと思いましたが、降りません。午後からは青空に。
 きのう、庭のヤマアジサイの葉っぱが萎れていました。地植えして3,4年経つんですが、去年までは
こういうことはありませんでした。土が完全に乾燥したんです。根元にたっぷりと水をやりましたが、今
朝見ると葉っぱがピンとして元気になっていました。一雨ほしいです。

 先日TVで和服をきちんと着た気品あるご婦人を見ました。確か84歳と云ってたと思いますが、ずーっと
若く見えました。若さの秘訣は?の問に、毎日花を見ているから、という答えでした。
 わたしも毎日のように花を見て撮っています。健康でいられるのはそのためかなと思いました。


 きょうはこども植物園の5月の在庫処分です。

 以下5枚は22日に撮りました。花はもう散っています。

DSC_7005
 枳殻(カラタチ) ミカン科  薬効:健胃 薬酒にする。みかんの台木や生け垣に使用。(野草園)



DSC_7007
 西洋紫(セイヨウムラサキ) ムラサキ科 生薬名:紫根(しこん)  (薬草園)




DSC_7768
 煙の木(けむりのき)ウルシ科 色々の呼び名がありますが、スモークツリーとも云います。(花木園)



DSC_7039




DSC_7051
 麒麟草(キリンソウ)ベンケイソウ科  野草園


 以下8枚は30日に撮った。
 この日、山野草展とヤマアジサイ展が開かれていました。



DSC_7394
 山野草展の一品。ヘビイチゴですね。このように育てると雑草に埋もれているものと同じには見えない。

 


DSC_7403
 ヤマアジサイ展から。ゴルフボールより少し大きかった。



DSC_7427
 紅花(ベニバナ)キク科  山形県を思い出します。 (薬草園)



DSC_7441
 紫式部(ムラサキシキブ)シソ科 果実が紫色できれいなので観賞用に栽培。 (薬草園)



DSC_7458
 筑紫薔薇(ツクシイバラ)バラ科 筑紫とイバラを合わせた名前。九州南部の独特なバラ。(花木園)



DSC_7459
 花木園の片隅で咲いていましたが、名前は不明。



DSC_7435
 栴檀(センダン)センダン科 栴檀は双葉より芳しということわざがあるが、この栴檀ではなく
               白檀(ビャクダン)を指す。  (薬草園)



DSC_7434

 次回は児童遊園地の在庫処分の予定です。

 本日はこれにて。

nice!(86)  コメント(27) 
共通テーマ:日記・雑感

ハマボッスやガラスマメなどいろいろ。  (5月12日、18日) [横浜市こども植物園]

  前々回のブログで医療保険で悩んでいることをかきました。皆さんから沢山のアドバイスを
頂き有り難うございました。
 医療保険はやめにしてがん保険だけにしようかとも考えたんですが、保険会社の人のアドバ
イスもあり、医療保険をメインにしてそれに付加することで検討しています。付加するものは
長期入院や通院給付などです。保険の各社で内容が色々違うんですね。また75歳を越している
と対象外ということもあるんですね。

 七大疾病とか生活習慣病への給付も年令によっては対象外になり、或いは保険料が高くなり
ます。病院窓口での支払いが一割ということを考え、差額ベッドは利用しないことでできるだけ
安価な保険料ですむようにしようと思っています。が、安くはならないようです。
 とにかく健康が一番です、心身ともに労る生活を心がけます。


 このところたくさんの花が咲きますのでブログへのアップが追いつきません。嬉しい悲鳴と
いうところです。


 この日もこども植物園をうろつきました。

DSC_6778
 今、バラ園ではたくさんのバラが咲いています。撮っても撮ってもキリがないのでバラは眺める
だけにしていますが、たまには一枚撮るのもいいかなと。撮るとすれば赤それも深紅のバラを撮る
ことにしたいます。
 このバラ園で名前を知っているバラが一つあります。イングリット・バーグマンです。このとき
はまだ蕾でした。



DSC_6631
 鰭玻璃草(ヒレハリソウ) ムラサキ科 別名:コンフリー  外用、内用の薬になる。



DSC_6636
 硝子豆(ガラスマメ)マメ科 グラスピーとも云われる。食用にするようだがどんな豆だろう?



DSC_6655
 黃素馨(キソケイ)モクセイ科  散った花、いい香りがします。



DSC_6656
アメリカフジ(マメ科) 近寄れなかったので花を大きく撮れませんでした。
初めて見る花でしたが、藤のように花びらが集まっているようです。
この樹高は1.5mくらいで若木ですね。



DSC_6659

  畑韮(ハタケニラ) ユリ科  でいいんですよね?



DSC_6769
 終わった花なんでしょうね、初めてみましたがチャショウブ(アヤメ科)というそうです。
 元気な時に見たかった!



DSC_6784
 浜払子(ハマボッス) サクラソウ科  花の穂が僧がお払いに使う払子(ほっす)に似るので浜払子。


 きょうのお友達: 若いやんちゃな子でした。ちゃんと目線をいただきましたよ。
          個人情報保護法に準じて、住所氏名年齢職業性別は明らかに出来ません。



DSC_6776


 花の鉢によっては朝晩に水遣りが必要です。ということは鉢が小さいんですね。夕方は3時頃
外に出ますが、汗をかきます、即シャワーです。


 本日はこれにて。

nice!(84)  コメント(25) 
共通テーマ:日記・雑感

ハンカチの木   (5月6日) [横浜市こども植物園]

「続・田村隆一詩集」のエッセイを読んでいたら次のような文章に突き当たった。


 ・・・・・八幡さままで、ぼくらは裏道をぬけて、ブラブラ歩く。どこもかしこも人ばかり。人は、
わが家のゴキブリより、はるかに繁殖力が強いと見た。・・・・・


 この文章は1976年に書かれた。
 40年前も鎌倉は年中観光客が多かったのだ、今と同じなのだ。でもこの時、田村隆一は今の少子化を
予想していなかったようだ。
 近所の小学校で、今月末に行われる運動会じゃなかったスポーツフェスティバルの練習を校庭いっぱ
いになってする小学生を見ていて、子供の大きな声はいいなと思った。


 この日(5月6日)も横浜市こども植物園に生きました。写真が多いです、サラッと流して下さい。



ヒトツバタゴ(モクセイ科) 別名:ナンジャモンジャ 大木が真っ白、青空だったら良かったのに。

  見慣れない木なのでナンジャモンジャ。木曽川流域と対馬に自生する。



 ハンカチの木(ミズキ科)  白い葉っぱのようなものが花。花と云っても花弁はなく、たくさんの雄花
と1個の雌花が1つの球形をつくり、大型の2枚の苞に抱かれるような形で開花します。ハンカチに見立て
られるのは、この2枚の大きな苞です。とネットで調べたら書いてありましたが、見たところ大きいのは
一枚でもう一枚は小さい。今年は花の数は少なかったのですが、どうにか見られました。



 大根草(ダイコンソウ) バラ科 原産地:ヨーロッパ南東部  薬用植物で漢方では根を利尿薬にする。
               生薬名:水揚梅(スイヨウバイ) 



 西洋紫(セイヨウムラサキ) ムラサキ科  原産地: アジア~ヨーロッパ 生薬名:紫根(シコン)
                                    根が紫色の染料の材料となる。 



 二人静(フタリシズカ)  センリョウ科 花穂が二本が多いので二人静。でも花穂が一本、三本、
                    四本もある。 



 庭石菖(ニワセキショウ) アヤメ科  この他にも仲間がいるらしい。 



 これは上のニワゼキショウより花が小さいし花の形が違う。花が開く途中だろうか、種類が違うのか。
 この花の形は赤はない。庭石菖は一日花。 



 緑博多唐草(ミドリハカタカラクサ) ツユクサ科 南米原産で帰化植物。



 阿蘭陀海芋(オランダカイウ) サトイモ科  と名札が付いて鉢植えで池に沈めてあったので、
                よく見るカラと違うものだと思ったら、同じものでした。湿生植物。
                オランダから伝わったので和名にオランダが付いている。




杜若(カキツバタ) アヤメ科


 本日はこれにて。


nice!(79)  コメント(21) 

空木(ウツギ)さまざま。  (5月4日) [横浜市こども植物園]

  きのうは終日雨できょうは曇り。これから数日はぐずついた天候が続くようです。
 きのうは散歩に出かけられませんでしたので、TVに録画していた番組を見ました。4月にNHK BS
プレミアム で放送された「山田風太郎が見た日本~未公開日記が語る戦後60年」です。このドキュ
メントは2005年に放送されたものの再放送でした。
 吉田茂や岸信介、田中角栄、安保闘争など若き日に経験したことも含めて懐かしく戦後をおさらい
した。はるか昔に山田 風太郎が懸念したことが現実に起こっていることもありました。
 
 きょうは5月4日前後に横浜市こども植物園で撮った「空木(ウツギ)類」です。
 皆さんご存知のように枝が中空になっている木です。
  追記:画像をクリックすると画面が変わります。もう一度画像をクリックすると画像が大きくなります。
     少し時間がかかります、 ご用とお急ぎでない方はお試しください。 


DSC_6203
 斑入り谷空木(フイリタニウツギ) スイカズラ科  名前の由来は谷などに多く自生しているから。




DSC_6210
 姫空木(ヒメウツギ)  アジサイ科  花がウツギに似て小さいので姫空木。樹高も20~60cm。




DSC_6200
斑入り姫空木(フイリヒメウツギ) アジサイ科 

上の姫空木の斑入り。




DSC_6216
 沢蓋木(サワフタギ) ハイノキ科  山間渓流を上から蓋をしたように生えている。




DSC_6219 修正2
  三葉空木(ミツバウツギ) ミツバウツギ科  葉っぱが三葉ですね。満開のときでも半開き。
  私に似てとてもシャイです。




DSC_6661
錦空木と覚えていましたが二色空木とも。(ニシキウツギ)スイカズラ科

はじめは白色の花が紅色に変わるから二色。




DSC_6225
 衝羽根空木(ツクバネウツギ) スイカズラ科




DSC_6675
 小米空木(コゴメウツギ) バラ科  名前の通り小さい花,3mmあるかな?。 虫眼鏡で見な
ければわからない。


 ここには出ていませんが、名前が単に「空木」もあります。種類もたくさんあります、日本原産だっ
たり、中国が 原産だったり。「科」が様々です、要は枝が中空だということだけのようです。
 様々な空木が見られると思いますので探してみて下さい。庭木としても重宝されています。
 
 本日はこれにて

nice!(80)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

GW の始まりの日に。  (4月29日) [横浜市こども植物園]

  きょうは昨夜来の雨が昼過ぎまで降り続きました。気温は20℃を越したのでしょうか寒かったです。雨の中
散歩に出たくはありませんからのんびり過ごしました。TVに録画したものが思ったより溜まっていましたので
それを見たのですが、なにを録画したか忘れたものもあります。見終わるにはしばらくかかりそうです。


 ソネブロの夏炉冬扇さんはそのブログに毎日「今日の川柳」を掲載しています。きのうの川柳は
           あなた様 家は讀賣 読んじゃおらんの
でした。それに影響されてわたしは
           讀賣は 安倍官邸の 広報紙
と詠みました。まあ、今に始まったことじゃないですが。


  GWの始まりの日に奥様と「横浜市こども植物園」に行きました。最近奥様は植物園に行っていないので
引っ張り出したのです。
 近年、奥様は出たがりません。何処かに行こうというと、歩くのかと聞きます。歩きたくないんです。そんな
時、引っ張り出す得策があります。美味しいコーヒーを飲もうとか美味しいものを食べようとか云うと、出かける
気になります。主婦は料理をしないで食べられることに喜びを感じるようです。
 この日は植物園を歩いた後に蕎麦屋さんで昼食をということで妥協したのでした。


 植物園に小さな池があります。そこに咲いていた花三点です。

DSC_5976
 小葉立金花(コバノリュウキンカ) キンポウゲ科




DSC_5978
 猿猴草(エンコウソウ)  キンポウゲ科




DSC_5981
  三槲(ミツガシワ)  ミツガシワ科  




DSC_5983
ツリガネニンジンだと思って撮ってきたのですが、違います、なんでしょう?




DSC_6013
 これも分かりません、情けない。




DSC_6304
 上の花の別の株を撮ってみました。




DSC_5985
 大蔓穂(オオツルボ)  キジカクシ科  まだ蕾ですね。




DSC_5990
 海老根(エビネ)  ラン科   草むらに目立たないように咲いていました。




DSC_5992
 ここになにが写っているか分かりますか? ホウチャクソウ(ユリ科)の花2個がぶら下がっています。




DSC_6017
 唐種招霊(カラタネオガタマ)  モクレン科  神社に植えられていることが多いようです。  




DSC_6023
 支那油桐(シナアブラギリ)  トウダイグサ科  まだ一個しか咲いていませんでした。

 もっとたくさんの花がありましたが、奥様はこんなところで写真を撮ってよろこんでいる亭主のことを少しは
理解したか疑問です。


 GWが過ぎたと思っていたら5月も中旬です。もうすぐ梅雨の季節になります。6月に入ると近くの小学校は
運動会が行われます。もう練習が始まっています。

 本日はこれにて。


nice!(89)  コメント(21) 
共通テーマ:日記・雑感

花木園も花いっぱいになってきました。 (4月21日) [横浜市こども植物園]

 きょうは幹事長・Kiyo さん、総大将・2k さんのもとで江ノ島での撮影会があり、参加させて頂きました。
総勢16名でしたが、和気藹々とのんびりと楽しい撮影会になりました。流石GWの江ノ島、芋の子を洗う
ような混雑でした。
参加者の皆様はプロ級の方々ばかりでしたから、わたしの撮った写真をブログにアップするのは躊躇せざるを
えないようです。勉強させて頂きました。
 参加者の皆さん、いろいろと有り難うございました。また機会がありましたら参加させて下さい。


  世の中はきのうからGWが始まりました。
 わが家は奥様と二人でこども植物園に行き、一時間あまり園内を散歩しました。人が何に興味を持つか、
面白いですね、わたしと奥様では見るものが違うんですよ。奥様もわたしが時々こんなところをウロウロ
していることを少し理解したようです。

 帰りに時々行く一号線沿いのお蕎麦屋さんでお昼を頂きました。これでわが家のGWはお仕舞いです。
11時半頃なのに駐車場は満杯、家族連れが多かったです。休みの人が多いんですね。


 きのうは花が進んでいましたが、21日の花をアップします。


DSC_5699
 一重の山吹。八重咲きが好まれるようです。




DSC_5739
 クロバナロウバイ  北アメリカ原産。




DSC_5740
 ガマズミ  スイカズラ科




DSC_5747
 群雀(ムレスズメ)  マメ科  枝にスズメが並んで止まっているように見えるからムレスズメと
                 名付けられた。咲き始めは黄色だが時間が経つと赤みを帯びてくる。




DSC_5748
 木香薔薇(モッコウバラ)  モッコウバラは香りがあるがキモッコウは香りがないそうです。 




DSC_5750
 キモッコウ




DSC_5765
 姫車輪梅(ヒメシャリンバイ)  バラ科  樹高が1mくらいの低木です。




DSC_5733
 常磐万作(トキワマンサク)  マンサク科  この木は大きな木でした。




DSC_5706
 斑入り姫空木(フイリヒメウツギ)  アジサイ科  まだつぼみです。




DSC_5727
 谷空木(タニウツギ)  スイカズラ科


 これからどんどん「空木(ウツギ)」が名前についた花木が花を咲かせます。科が違っていたりして
いて複雑です。




DSC_5756
 牡丹があっという間に咲きました。


 きょうは一日外出していましたので、皆様のところにお伺いできませんでした。遅れますがお伺いいた
しますのでご容赦願います。


 本日はこれにて。


nice!(72)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感

さくら草展が開かれていました。  (4月21日) [横浜市こども植物園]

 永田町ではまたまた物議をかもす出来事があり、TVは報道にてんてこ舞いしています。

 なんでこんな人が大臣になれるんだろうと不思議に思います。東大を出ていながら言葉の使い方もわかって
いないんですね、70歳にもなって。しかも当選7回とか。

 不適切と云いますが、当人は本心からそう思っているんですよ。大臣も適材適所でなければならないでしょう。
そうでないから官僚に馬鹿にされるんですよ。自民党にはそんな人間しかいないんでしょうかね。そんな人間で
なければ安倍さんの意に沿わないのかな。

  子分が子分なら親分も・・・二階氏が「頭を叩いて血を出したわけではない・・・・」とマスコミを非難しています。
 東アジアは今緊張状態ですよ、そんな時にお目出度い大臣がいて・・・官僚がきちんとするからまあいいか。
先日は金田大臣の代わりに官僚が答弁していました。何のための大臣?



 4月21日も横浜市こども植物園で花を撮りました。


DSC_5691
 「さくら草展」をやっていました。全部で48鉢です、みんな名前が付いています。




DSC_5692
 代表として二鉢をアップ。特にこれがよかった、好きだったということはありません。 




DSC_5449
 野草園の一画に地植えされたさくら草がありました、同じところで去年も見ました。
 さくら草は多年草で、根で冬を越すんですね、種を蒔いて育てることもできます。

 江戸時代、武士の間で流行った花です。 




DSC_5687
  黄花踊り子草(キバナオドリコソウ)  シソ科




DSC_5712
 踊り子草(オドリコソウ)  シソ科




DSC_5709
銀蘭(ギンラン) ラン科  キンランを探しに行こう。




DSC_5753
 独逸鈴蘭(ドイツスズラン) ラン科




DSC_5705
 花筏(ハナイカダ) ミズキ科  花がよく分かりません。これから訪れたときよく観察します、毎年ですが。




DSC_5723
 甘野老(アマドコロ) ユリ科  ナルコユリと判別がつかないわたしです。





DSC_5700
  射干・著莪(シャガ)  アヤメ科  群生していました。 ヒメシャガというものもあるそうですが、分かりません。 


 きょうは曇り空で雨が降るかもと云っていました、降りませんね。夜に降るかと思い鉢に水遣りしませんでした。


 まだこども植物園の花木の花があるんですが、もう一度桜を書いて桜のお仕舞いにしようかなと考えています。


 本日はこれにて。


nice!(77)  コメント(21) 
共通テーマ:日記・雑感

イカリソウ   (4月12日) [横浜市こども植物園]

  きのうは月イチの山の手入れ作業日で、一年に一度筍を掘って料理して食べる所謂「筍パーティ」の日でした。
 今年は筍の生育が遅いようで、月初めには地表に頭を出したものをほとんど見かけることが無かったのですが、
3週間経っていましたのでにょきにょきとたくさん出ていました。一般には地中に埋もれた状態のモノを探して掘る
のでしょうが、掘ってすぐに食べますから地面から15cmや20cm出ているとしても柔らかで美味しいのです。

 掘る・料理する・食べる、これ全てパーティです。
 きのうは例年の通りたけのこご飯、味噌汁、サラダ、焼き筍と味わいました。アルコールはほんの少しだけ。
大人も子供も大勢集まりましたがそれでも余りました。希望者はたけのこご飯をおみやげにしました。

 子どもたちは筍掘りが面白かったとみえて食べる時間にも掘っている子たちがいました。思い出に残る一日に
なったと思います。

 天気に恵まれてよかったです。帰りにはそれぞれ必要な本数のお土産を手にしました。山に感謝です。


 お蔵入りになりそうなので、4月14日にこども植物園で撮った写真をアップします。なかなか芽を出さないと
思っていたのですが、あっという間に咲き出しました。


DSC_5441
 イカリソウ メギ科  日本原産のものもあるようですが、どれが日本原産かわかりません。


DSC_4753
 これには「トキワイカリソウ」の名札が付いていました。メギ科  イカリソウとは葉っぱが違うそうです。



DSC_5399
 ずんぐりムックリですがイカリソウの仲間です。名前はエピメディウム”スルフレウム” 園芸品種。
 葉っぱの葉脈状の模様も好まれているようです。



DSC_5715
 ジュウニヒトエ シソ科



DSC_5720DSC_5718
 タツナミソウ




DSC_5411
 翁草(オキナグサ) キンポウゲ科  ずーっと通っているんですが、蕾のままで開いてくれません。




DSC_5428
 黄華鬘(キケマン) ケシ科




DSC_5413
 シロバナタンポポ キク科  東日本では珍しいと思ったのですが、西日本ではこの方が主流とか。


 こども植物園が続きます。


 春の花がどんどん咲きだしてアップが間に合わずお蔵入りになるものが出てきました、嬉しい悲鳴です。とか
なんとか云いながらネタ切れになると出したくなるんですよ。


 本日はこれにて。


nice!(68)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

春を告げるプリムラの展示  (3月31日) [横浜市こども植物園]

  きょうは降圧剤を貰いにクリニックに行きましたが、桜の開花状況がどの程度か気になり保土ヶ谷公園
に周りました。
 3日に行った時よりは勿論開花が進んでいましたが、ソメイヨシノは満開に近いものから一分咲きまで
様々でした。まあお花見はできますが風が強かった!今夜から雲が多くなるようでちょうど満開の来週の
半ばまで青空が見られないようですから残念です。わたしはきょうで保土ヶ谷公園のお花見はお仕舞いと
することにしました。天気が良ければまた行きますが。

 前回は桜でしたから今回は他の花にします。


 先日、こども植物園に行ったら掲示板にヒスイカズラが見られると出ていましたので寄ってみました。 

        ヒスイカズラ

 他に色々咲いていましたのでパチリパチリ。 


 オクナ セルラタ  ミッキーマウスプラントとも呼ばれますね。


 デンドロビウム属の交配種 (ラン科) どこが花びらでどこにシベがあるか分かりません。

 


 名前不詳


 こども植物園で今、「ー春を告げるプリムラー ポリアンタとその原種」のタイトルで
プリムラが展示れています。春を告げる花・・・冬の間もずーっと咲いていたように思うのですが。
 小さいですが華やかな色合いの花ですね。 


 プリムラはたくさんの品種があるんですね。ここでは「プリムラ ポリアンタ」と「プリムラ・ジュ
リアン」が展示され説明板がありました。
 ポリアンタの多くの品種は、花茎が伸びた先に花を着け、ジュリアンはもともとが小輪で花茎が伸びず
葉も小型で、株の中心からたくさんの花を低く咲かせるのが徴です。


 プリムラ ジュリアン  日本で生まれた品種。プリムラは日本桜草に近いようです。
 


 プリムラ ポリアンタ  アメリカで生まれた品種。
 


 プリムラ ポリアンタ  イギリスで生まれた品種。

 たくさんの鉢が並んでいましたが、わたしにはプリムラらしく見えない二鉢をパチリ。
 イギリスで生まれた花も変わっていますが、色々あるんでしょうね。 

 ガーデニングの花として人気があるそうですから、皆さんのところでも育てておられるところが多いでしょう。

 本日はこれにて。


nice!(69)  コメント(23) 

小さな花たち。  (3月31日) [横浜市こども植物園]

  きょう午前中は風もなく暖かでした。雨で一週間延期になった月一の山の手入れ作業日だったんで
すが気持ちよくやれました。
 暖かさを一度経験するとそれに馴染み、きのうのように冷え込むと真冬のときと同じように感じて
しまいます。
 山でのきょうの私の作業はフェンス周りの下草刈りでしたが、まだ伸びていませんから楽チンで
した。花はないだろうかと探したが、小さい花が思った以上にありました。写真を撮ってきて
昨年のファイルと比べたのですが、去年のほうが進んでいました。去年の3月は暖かだったので
しょうか。


 きょうも3月31日に横浜市こども植物園で撮った花を並べます。


DSC_4440
 破れ傘(ヤブレガサ) キク科  葉を広げた姿よりもこの方が好きです。



DSC_4483
 著莪(シャガ) アヤメ科


DSC_4703
 貝母(バイモ)或いは編笠百合(アミガサユリ) ユリ科


DSC_4747
 見たことがあるような花ですが名前がわかりません、落ち葉の下から一本だけ出ていました。


DSC_4749
 残念ながらこれも名前が分かりません。  猿猴草(エンコウソウ) キンポウゲ科



DSC_4750
 二輪草(ニリンソウ) キンポウゲ科


DSC_4756
 碇草(イカリソウ) メギ科


DSC_4757
 仙洞草(セントウソウ) セリ科  ハコベやタネツケバナなど白い小さな花を見かけます。
                  よく見ないと分かりません、視力が衰えてきたのかな。


DSC_4763
 猩々袴(ショウジョウバカマ) ユリ科  花茎を伸ばしたモノにやっと会えました。


DSC_4766
 一人静(ヒトリシズカ) センリョウ科


 園内の野草園にもようやく花が咲き出しました。小さな花ですから目を凝らしてよーく探さな
いと見ないと見過ごしてしまいます。

 このブログを書いている時に書いたものが飛んでしまい、再度書きました。
 わたしはまず写真をすべて入れ込んで保存してから文章を書きますので、文章が消えても写真が
残っていますから、被害は少ないです。いつもは少し書いたら保存をするように心がけているんですが
きょうはうっかりでした。

 4~4日前からソネブロさんが重いんです。nice を押すと送信中でしょうかタブの所でクルクル
まわっているのがありますが、それが止まるまでしばしかかります。クルクルまわっているのが
止まる前に別のブログに移動すると送信が途中で止まってnice しないことになるのでしょうか。

 本日はこれにて。


nice!(68)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 横浜市こども植物園 ブログトップ
メッセージを送る