So-net無料ブログ作成
横浜市こども植物園 ブログトップ
前の10件 | -

梛筏(ナギイカダ)  (5月16日) [横浜市こども植物園]

きょうは今年一番暑い日だったと思います、蒸し暑かったです。

きょうの天気予報では、午前中は強い風が吹かないようでしたので舞岡公園に行ってきました。
水田はまだ一部だけが田植えが終わったいるだけで、明日明後日行いほとんどお仕舞いになるようでした。
花はあまり咲いていませんでしたが、ウツギの仲間がたくさんあり、花をいっぱい付けていました。
アップしたいものがありませんでしたが、後日行った証拠に何かアップします。


5月16日はいつものことですが「横浜市こども植物園」に行きました。
その時見た、皆さんはあまり見たことが無いと思うものをアップします、地味なものですが。

DSC_4970
これが何か分かる人は少ないでしょうね。梛筏(ナギイカダ)の実です。直径3mmあるかな?
わたしも2年前に植物園の管理スタッフに教えてもらうまでわかりませんでした。
一昨日、花が咲いているかなと思い見たんですが、花は見つからず赤い実だけがありました。


DSC_4974
こんな感じで密集しています。樹高は30cmくらいです。
地中海沿岸部が原産で、1860年代に観賞用として入ってきたようです。


DSC_0080
ナギイカダの花です。今頃咲くと思っていたのですが勘違いしていました。
3~5月ころ咲くんですね。この写真は16年3月8日に撮ったものです。
名前にあるイカダは花筏をご存知だと思いますが、それと同じように葉っぱの真ん中に花が咲き
実がつくので名付けられたんです。ただし、この葉っぱに見えるものは葉っぱではありません。
茎が変化した「葉状茎」というものです。先端が針のように尖っていて触れると痛いです。
そのため動物の侵入を防ぐ、あるいは保安上の観点から生け垣に利用されたこともあるようです。
春に花が咲き、秋に赤く実が熟すとネットには書いてありました、ということは上の実は去年のものですね。

きょうはあまり見たこともなく面白いものでもないものでした。

本日はこれにて。


nice!(73)  コメント(21) 

ヒトツバタゴ  (4月21日) [横浜市こども植物園]

 きのうきょうと暖かい日になりホッとしました。しかし、毎日少なくても4、5mの風が吹きます。散歩に出て写真を撮ろうとしても草花が揺れて撮るのに時間がかかります。

 きょうも「こども植物園」、しかも4月21日に撮ったもの。季節外れですね。花も端境期に入ったようです。視点を変えてなんでも撮ろうと思っています。

  きのうは青空が出て暖かでしたので草むしりを1時間ほどしました。
 わが集合住宅の敷地と向かいの山(横浜市の公園予定地)の間に排水溝があります。大きさは底面の幅が
2mくらいで深さは2,5m位あります。この溝と敷地の間に金網のフェンスがあるのですが、そのフェンスの溝側に(ということは敷地の外側)雑草が繁茂しましたので引っこ抜きをしたのです。
 何気なく溝を覗きましたらカルガモが二羽いました、多分カップルです。この溝の水深は2~3cmできれいな水が流れています。少し強い雨が降ると轟々と音をたてて流れますが。
 多分、底面に藻が生えていたんでしょう一生懸命食べていました。ただし食べているのは一羽だけでもう一羽はあたかも警戒している様子でした。わたしがそばにいるんで見張っていたんでしょう。
 この排水溝は今井川に注ぎ、今井川は帷子川に合流し、帷子川は横浜湾に流れ込みます。今井川には冬の間
はコガモが来ますしカルガモは年中います。そのため時々今井川からわが家の方に登ってくるのでしょう。
そうそう、この溝の関係でしょうね、集合住宅の駐車場に時々ハクセキレイが来ています。
 きょうもまた何ということのない写真を並べます。

DSC_4305
 新緑もだいぶ色を濃くしてきました。緑の下は気持ちがいいですね。


DSC_4333
 ハルジオン(キク科)


DSC_4328
 畑韮(ハタケニラ)だったと思うのですが・・・。


DSC_4313
 どこででも見られる花ですが、雑草と云って片付けるのはもったいない気がして。ペラペラヨメナで
いいのかな。


DSC_4324
 蝶の名前もわかりません、こんなのでヤマキマダラヒカゲというのがいましたが、違いますね。わたし
としては珍しく蝶が撮れたんですよ。      okina-01 さん ⇒ サトキマダラヒカゲ


DSC_4311
 一初(イチハツ) アヤメ科


DSC_4353
 杜若(カキツバタ) アヤメ科


DSC_4303
 さくらんぼ 桜の花のときも撮ったんですが、品種は忘れました。


DSC_4317
 ↑ ヒトツバタゴ(モクセイ科) ↓ 別名;なんじゃもんじゃの木

DSC_4318
 木曽川流域と対馬に自生する、雌雄異株


  きょうの付け足し;ヤエドクダミ(ドクダミ科)

DSC_4698
 
 同じどくだみでも一重のどくだみはどんどん繁殖して困ります。退治できないです。このような
八重でしたら許せるんですが。

 明日からお天気が崩れるようです。早く回復してほしいです。
 きょうもまた写真の枚数が多かったですが、オシマイまで見て頂きありがとうございました。ずっと
マンネリになっていますので、一工夫しなければと思っています、思っているだけですが。

 本日はこれにて。


nice!(81)  コメント(30) 

空木(ウツギ)いろいろ。 (4月21日~5月4日) [横浜市こども植物園]

 きょうも寒かったです、最高気温は15℃になったでしょうか。夜に雨が
降り朝から曇り空、昼ころから小雨が降りそして雷。2時ころからでしょう
か雲ひとつない青空。忙しい一日でした。寒いと思っていたらきのうは
日光で雪が降ったそうです。天気予報の通り明日から暖かくなってほしい
ですね。でもGW中に気温が下がらなくてよかったですね。


 きょうは時期的にちょこっと遅いんですが(多くは散ってしまいました)、
空木(ウツギ)をアップします。
 空木はいろいろの花の形があります。科も違うんです。ただ単に茎が
中空だということで十把一絡げです。春から初夏の花として貴重ですね。
去年はもっとみましたが、今年は咲くタイミングに行かなかったのでしょう。

 並べます。主にこども植物園で撮ったものですが、児童遊園地で撮った花も
入っています。多分、名前の間違いがあると思います。

DSC_4262 ミツバウツギ



DSC_4265 タニウツギ



DSC_4272 ツクバネウツギ



DSC_4276 ヒメウツギ



DSC_4535 ハコネウツギ



DSC_4625 ショウキウツギ



DSC_4705 サラサウツギ



DSC_4749 タニウツギ
 上にもタニウツギがありますが、淡紅色から紅色まで色の違いがあるようです。


 きょうの付け足し;紫陽花・七段花(シチダンカ)DSC_0076 シチダンカ


DSC_0078
 今年も咲き始めました。育て方特に剪定の仕方がわからなかったので昨秋は
花が咲いた茎の先端だけを切ったんです、株を大きくしようとも思いました
ので。上の写真は一株の1/3くらいです。茎を多くしたためでしょうが、
茎が細いままでそのために花もちょっと頼りない咲き方になったようです。
秋に剪定するまでに勉強します。

 本日はこれにて。


nice!(77)  コメント(23) 

花筏、蝶  (4月12日、21日) [横浜市こども植物園]

 前々回、PC の文字を大きくする方法を教えてもらいたくて書きましたが、
多くの人からアドヴァイスを頂き、設定ができました。快適な状態で皆様
のブログにお伺いしております。ありがとうございました。

 GWが終わりました。途中で荒れた天候がありましたが、大きな事故も
なくてよかったですね。たくさん楽しみ充電されたことでしょうから、明日
からの仕事では頑張って下さい。


 前回に続いて「横浜市こども植物園」です。前半は4月12日、後半は4月
21日に撮ったものです。蔵出しです。

DSC_9906
 花筏(ハナイカダ)の花。 ミズキ科 桜にも花筏がありますが、
              これはミズキ科。  


DSC_4348
 花筏の実。この後黒くなります。 4月26日撮る。


DSC_9840
 黄花踊子草(キバナオドリコソウ) シソ科


DSC_9892
 小葉の立浪(コバノタツナミ)シソ科 タツナミソウは色々あるんですね。


DSC_9903  甘野老(アマドコロ)ユリ科 ナルコユリとの違いで毎年頭を悩ます。


DSC_4247
 ウイリアム・テルの林檎(りんご) バラ科 


DSC_4251
 ニュートンの林檎


DSC_4259
 ブルーベリー(ツツジ科)


DSC_4241
 尖閣ツツジとベニシジミ センカクツツジは沖縄県尖閣諸島の山頂付近
             の岩場に咲く。


DSC_4280
 ツツジとクロアゲハ


 きょうの付け足し;今朝、ハイビスカスが2輪咲きました。


DSC_0073


DSC_0074

 朝日を浴びていますが、シベは未だお目覚めでないです。

 本日はこれにて。


nice!(73)  コメント(23) 

牡丹、椿、躑躅など。 (4月12日) [横浜市こども植物園]

 きょうも晴れましたが、風が強かった。予報では強風と出ていたが、
それほどではないだろうと朝、散歩にl出ました。目的は写真を撮りたかった
のですが、花たちが風で揺れるので諦めて早々に退却でした。

 きょうは横浜市こども植物園の牡丹やツツジをアップします。4月12日
に撮ったものですから、日にちが経っておりもう殆ど花は散っています。
こんな花も咲いていたんだと眺めていただければ嬉しいです。並べます。

DSC_9857
 牡丹 今年もぼたん園にたくさん咲きましたが、代表を一枚。


DSC_9860
 黃木香(キモッコウ) バラ科


DSC_9864
 姫車輪梅(ヒメシャリンバイ) バラ科


DSC_9874
 西洋鎌柄(セイヨウカマツカ) バラ科


DSC_9880
 八重咲きの藪椿だと思うんですが、間違っているかも。


DSC_9881
 紫木蓮(シモクレン) シモクレンは別名でモクレンでいいんですね。


DSC_9883
 連翹(レンギョウ) モクセイ科


DSC_9888
 躑躅(ツツジ) 躑躅は難しいですね、書けません。名前は忘れました。


DSC_9891 
 霧島ツツジ

 きのうは大荒の天候のところが多かったようですね、折角行楽地に行こう
と計画されていた人も多かったでしょうが、水を差してしまいました。
 6日までいい天気が続くといいですね。今の所大きな事故はないようですが
事故がないことを祈ります。

 本日はこれにて。


nice!(84)  コメント(19) 

セイヨウタンポポとニホンタンポポ。 (4月3日) [横浜市こども植物園]

 読売新聞の編集手帳でやなせたかしの詩を見ました。
   絶望の隣に
   だれかがそっと腰かけた
   絶望は
   となりのひとにきいた
   「あなたはいったいだれですか」
   となりのひとはほほえんだ
   「わたしの名前は希望です」
 肩書が上がった人即ち出世した人、結婚し子供を授かったひと、新しく社会人になった人や
進学・進級した人は、隣に座った希望をはっきりと認識するでしょう。もし、見ることがで
きないときは・・・誰かに相談しましょう。長い人生で多くのことを学んだ人は周りにたくさんいます。

 日にちが遡のぼりますが、きょう(4月16日)は4月3日の横浜市こども植物園の草花です。

DSC_3808
  セイヨウタンポポだと思います。セイヨウタンポポとニホンタンポポの違いは花の付け根の総苞外片の
形状です。セイヨウタンポポは下に反り返って垂れていますが、ニホンタンポポは反り返っていません。
タンポポを見かけたら覗いて見て下さい。


DSC_3839
  ニホンタンポポはこのシロバナタンポポだけだと思っていましたら黄色いものもあり、地方特有の
タンポポもものもあるんですね。このシロバナは関東の方ではあまり見られず、関西方面に多いそうです。
 このシロバナは、セイヨウタンポポが年中咲いているのに、春だけ咲くそうです。


DSC_3826
  イカリソウ(メギ科)の仲間ですが、小さくて太っちょですね。
          名前は難しい、エピメディウム”スルフレウム”。


DSC_3863
  猿猴草(エンコウソウ)キンポウゲ科


DSC_9443
  貝母(バイモ) ユリ科  咲き始めは薄い黄緑ですが時間が経ったのでベージュ色になっていました。


DSC_9444
  鶯神楽(ウグイスカグラ) スイカズラ科


DSC_9848 2
  翁草(オキナグサ) キンポウゲ科  名前の由来;左上に見られるように花後は翁の白髪と見立てて。


DSC_9859
  紫蘭(シラン) ラン科


DSC_3331
  これはチューリップの原種です。名前は「トウリパフミリズ”レッドビューティー”」。
草丈は15cmはなかった、小さい花です。
原産地はトルコ南西部~イラン、コーカサスにかけて。「荒地の宝石」と云われているようです。
数種類展示してあったうちの一鉢です。(3月23日撮影)

 いつも代わり映えしない内容ですが、オシマイまで見ていただきありがとうございます。

 本日はこれにて。


nice!(80)  コメント(24) 

花海棠など。  (4月3日) [横浜市こども植物園]

 きのうもすごい風が吹きましたね。春先は毎年このようにしばしば春の嵐が吹き荒れていたでしょうか。
喉元すぎればすぐに過去のことは忘れてしまうわたしです。

 きょうは過去記事になりますが、4月3日の「横浜市こども植物園」です。主に花木を乗っけます。毎回
同じような内容ですが見ていただけたら幸いです。

 過去記事と書きましたが、きょうもこども植物園に行ってきました。一週間間を置くと咲いていた花が
散り新しい花が咲いていました。もう牡丹が咲いていました。それはまた後日。

DSC_3810
  ↑ 新緑も大分濃い緑になってきました。↓DSC_3812


DSC_3842
  花海棠(ハナカイドウ) バラ科


DSC_3818
  梶苺(カジイチゴ) バラ科  別名:オオモミジイチゴ


DSC_3816
                 接骨木(ニワトコ) レンプクソウ科


DSC_3846
  庭梅(ニワウメ) バラ科  別名;ハッピーチェリー  まだ小さい木です。


DSC_3848
  利休梅(リキュウバイ) バラ科
      名前の利休は千利休によると云われています。しかし、この花は中国北西部が原産で、
      明治時代末に入ってきました。茶花として利用されていましたからそのイメージから
      名付けられたのではないかと。


DSC_3860
  白山吹(シロヤマブキ) バラ科 


DSC_3855
  モクレン属の交配種(モクレン科) オガタマノキの仲間

 本日はこれにて。


nice!(81)  コメント(24) 

イカリソウなど。  (3月23日) [横浜市こども植物園]

 きょうは旭区にある「こども自然公園 通称、大池公園」に桜を見に行ってきました。
 予定ではきのう(3月30日)行く予定だったのですが、朝ブログを開いたらtakenoko さんがコメントで
「風が強い」と教えてくれました。急いでネットで天気予報を見たら、6mとか7mと出ていました。
即、延期と決定し、きょう行って来ました。散り始めていましたからちょうどいい時に行ったと思います。
後日、アップします。

 きょうは3月23日の「横浜市こども植物園」の花の在庫がありましたので、桜をアップするときでは
ありますが、在庫を処分してそれから桜にしたいと思っています。お付き合い下さい。

DSC_9437
 二輪草(ニリンソウ) キンポウゲ科


DSC_3347
 立坪菫(タチツボスミレ) スミレ科


DSC_3348
 猩々袴(ショウジョウバカマ) メランチウム科


DSC_3353
 碇草(イカリソウ) メギ科  いろいろな色があるようで、この白いイカリソウにも名前が付いていた
と思うのですが。


DSC_3356
 碇草(イカリソウ)


DSC_3363
 シャガ (アヤメ科) 寺院でよく植えられているとのこと。そう云えば私が始めてみたのは建長寺。


DSC_3377
 構苺(カジイチゴ) バラ科


DSC_3391
  ナルキッスス ” キングアルフレッド” (ヒガンバナ科)


DSC_3395
  スノーフレーク(ヒガンバナ科) 日本ではスズランスイセンと呼ばれることが多いとか。

 ソメイヨシノは明日でお仕舞いでしょうが、後を八重桜などが追いかけます。これも楽しみですね。

 本日はこれにて。



nice!(82)  コメント(20) 

花木、いろいろです。  (3月23日) [横浜市こども植物園]

 わたしはノートパソコンを使っています。
 タッチパッドがうまく使えないので、初めからマウスを使っています。リードが邪魔になることがあるので無線のモノを
使っていました。それが今朝突然仕事をしなくなりました。電池切れかなと思い代えましたが動きません。

 簡単に壊れるものではないと思うのですが、2個めです。タッチパッドではうまくいきませんので早速買ってきました。
今度は有線USBにしました。値段は税込み1,058円でした。3千円もそれ以上するものがありますが、何が違うん
でしょう。
 キーボードも押し間違いが多いんで、別のモノをつかています。これも千円しなかったです。


 きょうは暖かいと云うより暑かったです。上に羽織った上着は散歩の途中で脱ぎました。着るものを変える時期に
なったのだと思うのですが、天気予報では来週寒の戻りがあると云っていました。薄いものを重ね着して、暑いときは
脱ぐようにしなければならないようです。


 道を歩いていても、満開になった桜が目に付きます。日本人は桜が好きですね、ほんの一瞬の楽しみのために
たくさん植えているんですね。


 きょうは在庫の中から3月23日のこども植物園の花木です。いろいろの花が咲いていますのでタイムリーに桜を
アップすることが出来るかなと気になっています。

DSC_3320
 山吹


DSC_3322
 乙女椿  花が小振りで好きな色合いです。


DSC_3325
 藪椿   小振りでシンプルで好きな椿です。花期が長いですね、椿としては一番始めに咲出し一番遅く終わるようです。


DSC_3364
 スモモ  実がなったのを見たことはありません。


DSC_3368
 ゆすら梅  梅桃、桜桃とも書くようです。サクランボのような小さい実を付けます。


DSC_3382
 雲南黄梅(ウンナンオウバイ)


DSC_3408
 紅葉李(ベニバスモモ)


DSC_3396
 ヒュウガミズキ

DSC_3416
 横浜緋桜(ヨコハマヒザクラ)



DSC_3420

 ↑ 山桜 ↓


DSC_3418
 青空なら良かったんですが。


  今日の午後、NHK BSプレミアムで映画「英国王のスピーチ」を再放送していました。わたしは前に見ていますので
きょうは見ませんでした。
 吃音の悩みを克服し、国民の心をひとつにまとめる名スピーチを行った英国王ジョージ6世の実話です。奥さんが
有能な先生を探してきました。
 わが国の総理大臣には素晴らしい先生がお友達としておられませんですかね、少し演説の勉強をしたほうがいいと
思うのですが。

 本日はこれにて。


nice!(73)  コメント(23) 

マンサクその他。  (3月2日) [横浜市こども植物園]

もう外気温が5℃以下にならないだろうと思い、部屋に入れていたハイビスカスと
月下美人をベランダに出しました。部屋が広くなり奥様は大喜びです。

思うように青空が出てくれません。待てませんのできょうは曇天の中、8時半に家を出て
こども植物園に行ってきました。なんだかんだで20日ほど行っていなかったので、
花がたくさん咲いて園内は賑やかでした。11時頃帰宅したのですが、途端に青空が。
きょう撮ってきた写真は後日アップすることにして
3月2日に撮った草花です。

DSC_0036
ジャノメエリカ(ツツジ科)


DSC_0039
山茱萸(サンシュユ)  ミズキ科


DSC_0045
万作(マンサク) マンサク科


DSC_0048
マンサク属の交配品種


DSC_0053DSC_0054
姫踊子草(ヒメオドリコソウ) シソ科    烏の豌豆(カラスノエンドウ) マメ科  


DSC_0057DSC_0027
オオイヌノフグリ(オオバコ科)       種漬花(タネツケバナ)? アブラナ科


DSC_0058
ニホンタンポポ(キク科) 花がお仕舞いになり花弁が萎んだ?
ニホンタンポポではありませんでした、なにかわかりません。


DSC_0064
(大三角草)オオミスミソウ キンポウゲ科

暖かになるようですから桜の開花が進み、忙しさにかまけていたりうっかりしていると花を見逃すことに
なりますね。忙しいことです。

本日はこれにて。


nice!(71)  コメント(23) 
前の10件 | - 横浜市こども植物園 ブログトップ
メッセージを送る