So-net無料ブログ作成
検索選択
横浜市こども植物園 ブログトップ
前の10件 | -

ソライロアサガオ  (8月15日) [横浜市こども植物園]

  きょうは晴れ間もありましたが、薄雲の多い一日でした。蒸し暑かったです。真夏日にもなり、やっと
夏が戻ってきたようです。午前中に散歩に出ましたが、汗まみれになりました。帰宅してすぐにシャワー
を浴びたいのですが、それはわたしにはNGです。以前はそうしていたんですが、帰宅して汗が引かない
うちにシャワーを浴びるとシャワー後も汗が出てシャワーを浴びた甲斐がなくなってしまいます。
 最近は時間を置いて汗が引いてからシャワーを浴びています。

 きょうもまた横浜市こども植物園です。
 きょうは花びらが開きシベの見える今時の花を並べます。

DSC_9315
 ソライロアサガオ(ブルースター) ヒルガオ科 原産地:メキシコ
 当写真では違いがわからないと思いますが、薄青色で今までに見たことのない朝顔でした。

 下のルコウソウ(ヒルガオ科、原産地:熱帯アメリカ)と一緒に変化朝顔の近くに展示されていました。


DSC_9312



DSC_9313DSC_9311



DSC_9324
キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)



DSC_9335
 現の証拠(ゲンノショウコ)白花  フウロソウ科



DSC_9343
 凌霄花(ノウゼンカツラ) ノウゼンカズラ科

 きょうもあちこちでゲリラ豪雨があったようですが、最近は夕立という言葉を聞かなくなりました。
日本には夕立と云うものが無くなったのでしょうか?

 本日はこれにて。

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

変化朝顔(2/2)  (8月15日) [横浜市こども植物園]

 前回に続いて変化朝顔です。

 よくわからないですねと近くにいた管理スタッフに云ったら、小学生でもわかる説明文が展示してあり
ますから読んでくださいと云われました。

 追記:<以下、書いたわたしが理解できませんのでパスしてください>

 変化朝顔は、種子ができる「正木(まさき)」と種子ができない「出物(でもの)」のグループに分けら
れます。出物はとても変わった花や葉を持つので観賞用に好まれますが、同じ親から生まれた子の中でも
一部しか現れません。
また、雄しべや雌しべが花びらやがくなどに変化したため種子が出来ません。その
ため、翌年も変化朝顔を育てるには、同じ親から生まれ、種子ができる兄弟の朝顔から選んで育てます。
この兄弟たちを「親木(おやき)」と呼び、親木から採れた種子を播くと、ある割合で「出物」が現れま
す。これは遺伝のしくみと関係があるためだそうです。


DSC_9278
 難しいですね。
 要は種子の出来た親木なるものの種子を播き、葉っぱが出たところで変わり者(出物)を選別して育てる
と変化朝顔が見られるということのようです。

 変化朝顔、とは云いますが、変わり者ですね。並べますから見てやってください。


DSC_9269



DSC_9270



DSC_9277



DSC_9281



DSC_9283



DSC_9285DSC_9298
 朝顔は普通上に伸びますが、枝垂れもあります。



DSC_9286





DSC_9300



DSC_9305



DSC_9310



DSC_9279
 萼咲(がくざき)  名前に咲が入っていますが、花びらがない朝顔だそうです。

 確かに、オシベメシベがはっきり見えるものもありますが、見えないものもあります。

 庭の草むらにコオロギらしき虫がウロウロしていました。今朝早くに戸を開けたらコオロギの鳴き声が
聞かれました。暑い寒いに関係なく体内時計で生まれてくるんでしょうか。
 そう云えば最近ウグイスの鳴き声が聞かれません、山に帰ったのかな。

 本日はこれにて。

nice!(66)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

変化朝顔 (1/2)  (8月15日) [横浜市こども植物園]

 午前中に久しぶり青空が見えてお日様も出ました。夏日になったようで蒸し暑かったです。

 15日、英連邦戦死者墓地を訪れた後、こども植物園で「変化アサガオ展」を覗きました。

DSC_9261



DSC_9262
 いつもの通り一張のテントが会場です。たくさん並べてありました。


DSC_9296DSC_9297
  朝顔は、中南米生まれのヒルガオ科の植物で、日本には約1200年前の奈良時代に中国から入っ
てきました。その後、江戸時代には様々な変化朝顔作りがブームになりました。現在見られる変化朝
顔の多くは江戸時代から受け継がれてきたものです。


DSC_9309
 しかし、今日アップしているのは展示場で変化朝顔として展示されていた朝顔ですが、普通見るものと
あまり変わりはありませんね。


DSC_9306



DSC_9308




DSC_9264
これと一枚上の朝顔は葉っぱがくしゃくしゃですが。


DSC_9278
 さすがこども植物園です、小学生がわかるように変化朝顔の説明が出ていました。これが難しい。

 これには「おしべとめしべが花びらに変わって無いため、タネは出来ない」「オシベとメシベはあるが
タネはできない」と書かれています。
 では今年見られた変化朝顔はタネが無いのに来年はどうやって育てるのでしょう。
 考えてみてください。
 写真の枚数が多いので答えと展示してあった他の変化朝顔の写真は次回に持ち越します。

 本日はこれにて。


nice!(74)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

はまみらい  (8月3日) [横浜市こども植物園]

  先日からRSSの引っ越しとリストのチェックをしています。お伺いしていないことがあると思いますが
順時お伺いできると思いますのでよろしくお願いいたします。


 野暮用と天候の具合で散歩に出られず写真の在庫が少くなってきました。お蔵から探し出して続けたい
と考えています。

 きょうは8月3日、横浜市こども植物園です。一周りすると少ないとはいえなんとか花が見られますので
ありがたいことです。

DSC_9197
 はまみらい  横浜開港150周年を記念として、そのシンボルの1つとして平成19年6月に選定され
        たものです。



DSCN0511
 オモダカ  オモダカ科  食用に改良したのがクワイだそうです。



DSCN0514
 名前は分かりませんが、先端の黄色が目立ったので。    ヤッペママさん ⇒ 黄花千日紅



DSCN0534DSCN0536
 薄紅立葵(ウスベニタチアオイ) アオイ科    薄紅葵(ウスベニアオイ) アオイ科
 いずれも薬用植物で、用途は生薬、食用。



DSCN0545
 胡麻(ゴマ) ゴマ科  これも薬用植物。子供の頃、ゴマの畑に行くと7cmくらいの青虫がいた。



DSCN0520
 レンゲショウマ (キンポウゲ科)



DSCN0522
 夏水仙(ナツズイセン) ヒガンバナ科



DSCN0528
 旱蓮木(カレンボク) ヌマミズキ科 別名、喜樹(キジュ)・・・喜寿に引っ掛けめでたい木。
            10月には小さいバナナのような果をびっしりと付ける。

 きょうも曇り空で午前中には霧雨から小雨そして一時強い雨が降った。当分青空が拝めそうにない。

 ブログを書くのに写真を少なくすると文章が必要になりますね。それがわたしには難しい。

 本日はこれにて。

nice!(69)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

大輪朝顔展  (8月5日) [横浜市こども植物園]

 台風5号は奄美地方に被害を出し九州南端をかすめ今夜は四国に近づくようですね。被害が出ないこと
を祈ります。
 当地はきょうは終日お天道さんが出て、九州地方で大変なことになっていることなど全く思い浮かべる
ことのない静かな夏らしい一日でした。が、湿度は相変わらず高かった!台風5号の影響で明日の午後か
ら当地も雨が降るようです。いわゆる台風の影響が少ないことを祈るばかりです。
 

 きょうは広島で「原爆忌」、平和記念式典がありました。
 しかしながらわたしはTVで式典の様子を見ながら虚しさを感じました。
 先日、核廃絶の国連会議がありましたが、日本は参加しませんでした。政府の閣議では核を持つべきだ
と声高に論じられたと聞きます。非核三原則はどうなったのでしょう。アメリカの核の傘に入っているか
らアメリカに逆らうことが出来ないということでしょうか。

 地球上では核兵器が特別の兵器ではなく通常兵器になったようです。広島から或いは長崎から核兵器
のない世界を訴えても虚しさを感じるばかりです。


 きのう(8月5日)こども植物園では大輪朝顔展が開かれていました。花の在庫はありますが、旬のもの
として大輪朝顔をアップします。

DSC_9169
期間は8月4日~6日。短い!
時間は朝顔ですから9時~12時。
横浜朝顔会の協力があります。



DSC_9204
 いつも展示会が開かれるのはテント一張の広さです。でも充実していました。たくさん見られました。



DSC_9178




DSC_9171DSC_9175




DSC_9172
 わたしの一番のお気に入りはこれ(名前がついていましたが控えず)。


DSC_9177

 上の花の全体の姿がこれ。しぼんだのではないです。だらんと咲くんですね。



DSC_9174




DSC_9173




DSC_9198




DSC_9176




DSC_9199




DSC_9200

 花の大きさは10cm以上。9時開園と同時に入園し新鮮な朝顔を撮りました。そんな中から何枚か
並べました。



DSC_9170

 これは前日咲いた花びらを、水面器に水を張って浮かべたものです。この展示は初めて見ました。

 期日は分かりませんが、今後朝顔に見えない変わり朝顔の展示会があるはずですから楽しみです。

  本日はこれにて。

nice!(76)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

姥百合(ウバユリ)  (7月24日) [横浜市こども植物園]

 戻り梅雨だそうです。梅雨が無かったと思っているわたしはこれからが梅雨じゃないかと。

 今朝は雲が多かったですが、「こども自然公園(大池公園)」に行ってきました。青空も見える天候でし
たが蒸し暑かったです。主目的はB700の試し撮りです。もしかしたらカワセミが見られるんじゃないかと
期待して行ったのですが、外れました。きのうの午後、2週間ぶりにお出ましだったそうですが、きょうは
見当たりませんでした。その他、後日アップします。

 花の少ない時期ですが、薬草園に行くといろいろの花が見られます。こども植物園の薬草園にて。

DSC_9088
 姥百合(ウバユリ) ユリ科  林の中で満開でした。でも、地味な花ですね。
                名前の由来:花が咲く時期に葉がないから(歯がない=姥:おばあさん)
                シャレで姥百合と名付けたと云われますが、葉はあります。



DSC_9062
 鰭玻璃草(ヒレハリソウ)ムラサキ科 別名:コンフリー  生薬名:コンソリダ根



DSC_9064
茴香(ウイキョウ)セリ科 別名:フェンネル 生薬名:茴香、香辛料 



DSC_9067
 ハナハッカ(シソ科) 別名:オレガノ、ワイルドマジョラム 用途:香辛料



DSC_9071
 大帽子花(オオボウシバナ)ツユクサ科
 ツユクサの栽培変種で青花(アオバナ)とも呼ばれ、江戸時代から京友禅の下絵を描くために使われる
 「アオバナ紙」の染料として花弁の青い色素が利用されてきた。



DSC_9078
 男郎花(オトコエシ)オミナエシ科  まだつぼみだった。



DSC_9080
 金水引(キンミズヒキ)バラ科   ミズヒキ(タデ科)とはまるで違います。



DSC_9083
 紫陽花(あじさい) アジサイ科 枯れゆく紫陽花も茶色に枯れた紫陽花も好きです。

 散歩していると木々の上の方から蝉の声がたくさん聞かれます。いろんな種類の共演です。足元を見ると
抜け殻をたくさん見つけられます。汗をかきながら、もうすぐ秋を迎えると思うと物悲しくなります。

 本日はこれにて。

nice!(77)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感

大賀ハス  (7月24日) [横浜市こども植物園]

 もう少しで東北は夏祭りを迎えます、そして月遅れのお盆を迎えるところも多いです。
 きのう本棚の整理をしました、本の整理ではなく印刷物などの不必要なものを捨てたのです。もしか
してと残しておいたものが、結局必要になることがなかったものが多いのです。

 そんな中に去年昭和31年3月に中学を卒業した同窓生の集まりがあり、その時亡くなった人たちの
名前が書かれた名簿を渡されました。一学年350人くらいだったと思いますが、その中で男性が45人
女性が9人亡くなっていました。すぐに思い出せる名前もありましたが、分からない人もありました。そ
れぞれみんな納得のいく一生だったのだろうと思いました。そして、思ったというより驚いたのは、男女
の割合です。45対9・・・やはり女性の方が長生きだということですね。


DSCN0268
 夏休みになりました。当園に遊びにくる子どもたちのために色とりどりの竹とんぼが用意されていました。



DSC_9039
 正門を入ってすぐのところの掲示板に「大賀ハスが咲いています、咲くのは午前中だけ」と出ていました。

 当園で見るのは3年ぶりかな、鉢に植えてあります。こういう形で育てるのは難しいらしい。
 花は早朝から開き昼には閉じます。そして開き始めてから4日目に散ります。
 大賀ハスは千葉県の天然記念物「検見川の大賀蓮」として指定されています。
 この株は分根された蓮根が千葉市より譲渡されたものです。



DSC_9036

 この日は風が強かった!花びらが飛ばされるんじゃないかと心配でした。



DSC_9037




DSC_9043




DSC_9054
 ハマボウ (アオイ科)


DSC_9049




DSCN0269 1200
 睡蓮(スイレン)  小さな池に一輪だけ。

  本日はこれにて。


nice!(74)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

ゴッホのひまわり  (7月13日~) [横浜市こども植物園]

  きょうは大暑でしたが久しぶりの曇天、朝、戸を開けたら心地よい風が入ってきました。最高気温は
30℃になったかな?
 きょうは月イチの山の手入れ作業日でしたが、涼しくて助かりました。下草刈りを2時間ほどしまし
たが、やはり汗だくになりました。
 11時半ころから「流しそうめんの日」でした。子どもたちは大喜びでした。小学校はきのうから夏
休みに入りましたから、子どもたちは伸び伸びしているように見えました。

 先日、ニコンのcoolpix B700を買いました。 コンデジはcanon cybershot G7を使っていたの
ですが、大分古くなりましたのでそろそろ買い替えかなと。 G7 は奥様が出かける時に主に使って
いました。新しいのを買ってわたしも時々使わせて貰おうと考えました。 コンデジはcanon がいい
のかなと思ったのですが、使っているデジイチがニコンですからあまり比較検 討することもなく
B700 に決定。「60倍」とありましたがその意味もよくわからず、遠くも写せるなら いいかと。

 試し撮りをしましたので写真を並べます。 一番気に入ったところが、軽いことそして取説が薄っぺ
らなこと、ハンデイサイズで表紙も入れて 70ページほど。薄いということは面倒なセットをすることも
なく写せるんだと納得。設定をあまり考えずに撮ってみましたので並べます。


DSCN0199
 思ったよりアンダーに撮れています。



DSCN0038

 背景が煩雑です、背景が近いからボケないのかな?コンデジはボケない?



DSCN0146




DSCN0155




DSCN0196DSCN0198




DSCN0111
 右側から夕方の強い光。花は飛び、蝶はアンダー・・・なぜ?


DSCN0315
  ピントが合いません。最短撮影距離はわかっているんですが。

DSCN0317
  いろいろ四苦八苦していたら何故か合いました。なぜでしょう?画像がシャープでないですね、なぜ?

 B700を使ってみて一番困るのは、例えば花にピントを合わせようとすると云うことを聞いてくれない
ところ。レンズを向けると勝手に、ここにピントが合っていますよ、と緑の枠が表示されます。ところが
ピントが合って欲しいところ、例えば2枚上の場合花にピントが合っていません。シャッターボタンを
半押ししても欲しいところにピントが合わないんでは困ってしまいます。



DSCN0073

 上も下も「ゴッホのひまわり」。左上はケラレた?何かで遮った?



DSCN0298

 ゴッホのひまわり  
    ゴッホは1888~89年に南フランスのアルル地方でひまわりを描きました。
それに描かれたアルル地方産の種をゴッホの絵と縁の深い、芦屋市文化協議会が
フランス在住の画家を通じて取り寄せ、これを1988年に当園が入手しました。
ゴッホが描いた「ひまわり」の2品種のうちの1品種である「ソレイユ サンプル
グラン」を植栽しています。もともとは油を採取するための品種です。(説明板)

 他に、メンデルのぶどう、ウイリアム・テルのりんご、ニュートンのりんごがあります。なんと云っても
こども植物園ですから。

 B700は少し使い込んでみなければならないですね。軽いですから散歩の時など便利に使いたいです。

 きょうは過ごしやすかったです。エアコンも扇風機も全く必要ありませんでした。ベランダの寒暖計
は真夏日にならなかったようです。

 本日はこれにて。

nice!(76)  コメント(21) 
共通テーマ:日記・雑感

ヤマユリや女郎花など。  (7月7日) [横浜市こども植物園]

  気象庁が梅雨明けを発表した途端にお天道さんは遠慮はいらないと照りつけます。梅雨は無かったと
わたしは思うのですが、それでもきのうから暑さは半端ではないです。

 まだ猛暑日にはなりませんが、グッピー&コリドラスの水槽の水温管理に気をつかっています。
 一応、24~28°cに水温を保つように気を配っています。暑くなってからは水槽の上部のカバーを外し
小型の送風機で水面に風を当てています。要は気化熱の原理の応用です。水を蒸発させて水温を下げる
のです。寒い時はヒーターを入れておけばいいので気楽ですが、9月まで長いですねえ。


 7月7日、こども植物園の花です。大分遡りますが、今でも咲いているものがありますので良しとし
ましょう。


DSC_8842
 ヤマユリ  グランドカバーの背の低い笹竹?の中から頭を出しています。



DSC_8856
 女郎花(オミナエシ) スイカズラ科 秋の七草 同じスイカズラ科のシロバナの男郎花(オトコエシ)
                        は後を追うように間もなく咲く。
                        秋の七草なのに梅雨時咲くのはなんだろう?



DSC_8861
グリーンオレガノ(シソ科)
用途:香辛料、生薬



DSC_8867
 小鬼百合(コオニユリ) ユリ科



DSC_8874
 ケムリの木 まだこんな状態です。



DSC_8884
 禊萩(ミソハギ) ミソハギ科 ミソギハギの略。ミソギは悪魔を払うこと。



DSC_8885
 この花の名前は不明。道端などにあり5mmあまりの小さな花で気になったのでパチリ。



DSC_8893
 バラ園の一画。



DSC_8897
 アガパンサス(ユリ科) たくさん種類があるんですね。



DSC_9483

 合歓の木 去年の6月末の花です。今年はタイミングが合わず撮れませんでしたので代理です。

 きょうは午前中8時半から10時半まで2時間散歩しましたが、風のせいでしょうか暑く感じません
でした。が、帰宅した途端に汗がドパーでした。

 本日はこれにて。

nice!(78)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

百合の季節になってきました。 (6月29日) [横浜市こども植物園]

 暑いと云ったところで涼しくなるわけではありませんから暑いと云いたくないのですが、暑いです!連日
真夏日です。
 鉢に水遣りを朝晩行っています、中には昼も。鉢の大きさが小さいんです、春には大丈夫だと思っていた
のに、予想以上に成長したんですね。時期としてはよくないのでしょうが鉢替えをしようと思っています、
ただし、曇天の日と決めているんですが曇ってくれません。

 白い粉をまとったぴょんと跳ねる白い虫アオバハゴロモかな?が今年も発生しました。草木の茎や枝が
白くなって見た目が悪いので退治しようとネットで調べて「スミチオン」を買いました。見つけたらシュッ
シュしていますが、効果はあるようです。
 

 6月29日の横浜市こども植物園です。まだ7月に入っていません。

DSC_8575
 ↑ ↓ 名前は分かりませんが、百合です。ゆりの季節になってきました。ヤマユリやオニユリが見られる
    ようになってきました。


DSC_8573




DSC_8888
 浜撫子(ハマナデシコ) ナデシコ科  別名;フジナデシコ



DSC_8589
九蓋草(クガイソウ) ゴマノハグサ科 だと思ったのですが
もう終わりなのか別物なのか?



DSC_8586

 ↑ ↓ 桔梗の蕾と花  造形の美を感じる。


DSC_8585




DSC_8571

 ↑ 野萱草と ↓ 藪萱草かと思ったのですが、よく分かりません。両方共藪萱草?


DSC_8574

 きょうJRの駅を通ったらみどりの窓口に長い行列が出来ていました。なんだろうと思ったんですが
八月のお盆に里帰りする人たちが電車の切符を購入しようとしていたんですね、多分。

 明後日は当地はお盆です、お寺さんの側を通るとお線香の匂いがするでしょう。お線香の匂いは
嫌いではないです。

 何年か両親のお墓参りに帰っていません。八月は置いといて秋に行こうかと考えています。

 本日はこれにて。


nice!(79)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 横浜市こども植物園 ブログトップ
メッセージを送る