So-net無料ブログ作成
検索選択
横浜市こども植物園 ブログトップ
前の10件 | -

花木園も花いっぱいになってきました。 (4月21日) [横浜市こども植物園]

 きょうは幹事長・Kiyo さん、総大将・2k さんのもとで江ノ島での撮影会があり、参加させて頂きました。
総勢15名でしたが、和気藹々とのんびりと楽しい撮影会になりました。流石GWの江ノ島、芋の子を洗う
ような混雑でした。
参加者の皆様はプロ級の方々ばかりでしたから、わたしの撮った写真をブログにアップするのは躊躇せざるを
えないようです。勉強させて頂きました。
 参加者の皆さん、いろいろと有り難うございました。また機会がありましたら参加させて下さい。


  世の中はきのうからGWが始まりました。
 わが家は奥様と二人でこども植物園に行き、一時間あまり園内を散歩しました。人が何に興味を持つか、
面白いですね、わたしと奥様では見るものが違うんですよ。奥様もわたしが時々こんなところをウロウロ
していることを少し理解したようです。

 帰りに時々行く一号線沿いのお蕎麦屋さんでお昼を頂きました。これでわが家のGWはお仕舞いです。
11時半頃なのに駐車場は満杯、家族連れが多かったです。休みの人が多いんですね。


 きのうは花が進んでいましたが、21日の花をアップします。


DSC_5699
 一重の山吹。八重咲きが好まれるようです。




DSC_5739
 クロバナロウバイ  北アメリカ原産。




DSC_5740
 ガマズミ  スイカズラ科




DSC_5747
 群雀(ムレスズメ)  マメ科  枝にスズメが並んで止まっているように見えるからムレスズメと
                 名付けられた。咲き始めは黄色だが時間が経つと赤みを帯びてくる。




DSC_5748
 木香薔薇(モッコウバラ)  モッコウバラは香りがあるがキモッコウは香りがないそうです。 




DSC_5750
 キモッコウ




DSC_5765
 姫車輪梅(ヒメシャリンバイ)  バラ科  樹高が1mくらいの低木です。




DSC_5733
 常磐万作(トキワマンサク)  マンサク科  この木は大きな木でした。




DSC_5706
 斑入り姫空木(フイリヒメウツギ)  アジサイ科  まだつぼみです。




DSC_5727
 谷空木(タニウツギ)  スイカズラ科


 これからどんどん「空木(ウツギ)」が名前についた花木が花を咲かせます。科が違っていたりして
いて複雑です。




DSC_5756
 牡丹があっという間に咲きました。


 きょうは一日外出していましたので、皆様のところにお伺いできませんでした。遅れますがお伺いいた
しますのでご容赦願います。


 本日はこれにて。


nice!(4)  コメント(3) 

さくら草展が開かれていました。  (4月21日) [横浜市こども植物園]

 永田町ではまたまた物議をかもす出来事があり、TVは報道にてんてこ舞いしています。

 なんでこんな人が大臣になれるんだろうと不思議に思います。東大を出ていながら言葉の使い方もわかって
いないんですね、70歳にもなって。しかも当選7回とか。

 不適切と云いますが、当人は本心からそう思っているんですよ。大臣も適材適所でなければならないでしょう。
そうでないから官僚に馬鹿にされるんですよ。自民党にはそんな人間しかいないんでしょうかね。そんな人間で
なければ安倍さんの意に沿わないのかな。

  子分が子分なら親分も・・・二階氏が「頭を叩いて血を出したわけではない・・・・」とマスコミを非難しています。
 東アジアは今緊張状態ですよ、そんな時にお目出度い大臣がいて・・・官僚がきちんとするからまあいいか。
先日は金田大臣の代わりに官僚が答弁していました。何のための大臣?



 4月21日も横浜市こども植物園で花を撮りました。


DSC_5691
 「さくら草展」をやっていました。全部で48鉢です、みんな名前が付いています。




DSC_5692
 代表として二鉢をアップ。特にこれがよかった、好きだったということはありません。 




DSC_5449
 野草園の一画に地植えされたさくら草がありました、同じところで去年も見ました。
 さくら草は多年草で、根で冬を越すんですね、種を蒔いて育てることもできます。

 江戸時代、武士の間で流行った花です。 




DSC_5687
  黄花踊り子草(キバナオドリコソウ)  シソ科




DSC_5712
 踊り子草(オドリコソウ)  シソ科




DSC_5709
銀蘭(ギンラン) ラン科  キンランを探しに行こう。




DSC_5753
 独逸鈴蘭(ドイツスズラン) ラン科




DSC_5705
 花筏(ハナイカダ) ミズキ科  花がよく分かりません。これから訪れたときよく観察します、毎年ですが。




DSC_5723
 甘野老(アマドコロ) ユリ科  ナルコユリと判別がつかないわたしです。





DSC_5700
  射干・著莪(シャガ)  アヤメ科  群生していました。 ヒメシャガというものもあるそうですが、分かりません。 


 きょうは曇り空で雨が降るかもと云っていました、降りませんね。夜に降るかと思い鉢に水遣りしませんでした。


 まだこども植物園の花木の花があるんですが、もう一度桜を書いて桜のお仕舞いにしようかなと考えています。


 本日はこれにて。


nice!(74)  コメント(21) 

イカリソウ   (4月12日) [横浜市こども植物園]

  きのうは月イチの山の手入れ作業日で、一年に一度筍を掘って料理して食べる所謂「筍パーティ」の日でした。
 今年は筍の生育が遅いようで、月初めには地表に頭を出したものをほとんど見かけることが無かったのですが、
3週間経っていましたのでにょきにょきとたくさん出ていました。一般には地中に埋もれた状態のモノを探して掘る
のでしょうが、掘ってすぐに食べますから地面から15cmや20cm出ているとしても柔らかで美味しいのです。

 掘る・料理する・食べる、これ全てパーティです。
 きのうは例年の通りたけのこご飯、味噌汁、サラダ、焼き筍と味わいました。アルコールはほんの少しだけ。
大人も子供も大勢集まりましたがそれでも余りました。希望者はたけのこご飯をおみやげにしました。

 子どもたちは筍掘りが面白かったとみえて食べる時間にも掘っている子たちがいました。思い出に残る一日に
なったと思います。

 天気に恵まれてよかったです。帰りにはそれぞれ必要な本数のお土産を手にしました。山に感謝です。


 お蔵入りになりそうなので、4月14日にこども植物園で撮った写真をアップします。なかなか芽を出さないと
思っていたのですが、あっという間に咲き出しました。


DSC_5441
 イカリソウ メギ科  日本原産のものもあるようですが、どれが日本原産かわかりません。


DSC_4753
 これには「トキワイカリソウ」の名札が付いていました。メギ科  イカリソウとは葉っぱが違うそうです。



DSC_5399
 ずんぐりムックリですがイカリソウの仲間です。名前はエピメディウム”スルフレウム” 園芸品種。
 葉っぱの葉脈状の模様も好まれているようです。



DSC_5715
 ジュウニヒトエ シソ科



DSC_5720DSC_5718
 タツナミソウ




DSC_5411
 翁草(オキナグサ) キンポウゲ科  ずーっと通っているんですが、蕾のままで開いてくれません。




DSC_5428
 黄華鬘(キケマン) ケシ科




DSC_5413
 シロバナタンポポ キク科  東日本では珍しいと思ったのですが、西日本ではこの方が主流とか。


 こども植物園が続きます。


 春の花がどんどん咲きだしてアップが間に合わずお蔵入りになるものが出てきました、嬉しい悲鳴です。とか
なんとか云いながらネタ切れになると出したくなるんですよ。


 本日はこれにて。


nice!(65)  コメント(22) 

春を告げるプリムラの展示  (3月31日) [横浜市こども植物園]

  きょうは降圧剤を貰いにクリニックに行きましたが、桜の開花状況がどの程度か気になり保土ヶ谷公園
に周りました。
 3日に行った時よりは勿論開花が進んでいましたが、ソメイヨシノは満開に近いものから一分咲きまで
様々でした。まあお花見はできますが風が強かった!今夜から雲が多くなるようでちょうど満開の来週の
半ばまで青空が見られないようですから残念です。わたしはきょうで保土ヶ谷公園のお花見はお仕舞いと
することにしました。天気が良ければまた行きますが。

 前回は桜でしたから今回は他の花にします。


 先日、こども植物園に行ったら掲示板にヒスイカズラが見られると出ていましたので寄ってみました。 

        ヒスイカズラ

 他に色々咲いていましたのでパチリパチリ。 


 オクナ セルラタ  ミッキーマウスプラントとも呼ばれますね。


 デンドロビウム属の交配種 (ラン科) どこが花びらでどこにシベがあるか分かりません。

 


 名前不詳


 こども植物園で今、「ー春を告げるプリムラー ポリアンタとその原種」のタイトルで
プリムラが展示れています。春を告げる花・・・冬の間もずーっと咲いていたように思うのですが。
 小さいですが華やかな色合いの花ですね。 


 プリムラはたくさんの品種があるんですね。ここでは「プリムラ ポリアンタ」と「プリムラ・ジュ
リアン」が展示され説明板がありました。
 ポリアンタの多くの品種は、花茎が伸びた先に花を着け、ジュリアンはもともとが小輪で花茎が伸びず
葉も小型で、株の中心からたくさんの花を低く咲かせるのが徴です。


 プリムラ ジュリアン  日本で生まれた品種。プリムラは日本桜草に近いようです。
 


 プリムラ ポリアンタ  アメリカで生まれた品種。
 


 プリムラ ポリアンタ  イギリスで生まれた品種。

 たくさんの鉢が並んでいましたが、わたしにはプリムラらしく見えない二鉢をパチリ。
 イギリスで生まれた花も変わっていますが、色々あるんでしょうね。 

 ガーデニングの花として人気があるそうですから、皆さんのところでも育てておられるところが多いでしょう。

 本日はこれにて。


nice!(69)  コメント(23) 

小さな花たち。  (3月31日) [横浜市こども植物園]

  きょう午前中は風もなく暖かでした。雨で一週間延期になった月一の山の手入れ作業日だったんで
すが気持ちよくやれました。
 暖かさを一度経験するとそれに馴染み、きのうのように冷え込むと真冬のときと同じように感じて
しまいます。
 山でのきょうの私の作業はフェンス周りの下草刈りでしたが、まだ伸びていませんから楽チンで
した。花はないだろうかと探したが、小さい花が思った以上にありました。写真を撮ってきて
昨年のファイルと比べたのですが、去年のほうが進んでいました。去年の3月は暖かだったので
しょうか。


 きょうも3月31日に横浜市こども植物園で撮った花を並べます。


DSC_4440
 破れ傘(ヤブレガサ) キク科  葉を広げた姿よりもこの方が好きです。



DSC_4483
 著莪(シャガ) アヤメ科


DSC_4703
 貝母(バイモ)或いは編笠百合(アミガサユリ) ユリ科


DSC_4747
 見たことがあるような花ですが名前がわかりません、落ち葉の下から一本だけ出ていました。


DSC_4749
 残念ながらこれも名前が分かりません。  猿猴草(エンコウソウ) キンポウゲ科



DSC_4750
 二輪草(ニリンソウ) キンポウゲ科


DSC_4756
 碇草(イカリソウ) メギ科


DSC_4757
 仙洞草(セントウソウ) セリ科  ハコベやタネツケバナなど白い小さな花を見かけます。
                  よく見ないと分かりません、視力が衰えてきたのかな。


DSC_4763
 猩々袴(ショウジョウバカマ) ユリ科  花茎を伸ばしたモノにやっと会えました。


DSC_4766
 一人静(ヒトリシズカ) センリョウ科


 園内の野草園にもようやく花が咲き出しました。小さな花ですから目を凝らしてよーく探さな
いと見ないと見過ごしてしまいます。

 このブログを書いている時に書いたものが飛んでしまい、再度書きました。
 わたしはまず写真をすべて入れ込んで保存してから文章を書きますので、文章が消えても写真が
残っていますから、被害は少ないです。いつもは少し書いたら保存をするように心がけているんですが
きょうはうっかりでした。

 4~4日前からソネブロさんが重いんです。nice を押すと送信中でしょうかタブの所でクルクル
まわっているのがありますが、それが止まるまでしばしかかります。クルクルまわっているのが
止まる前に別のブログに移動すると送信が途中で止まってnice しないことになるのでしょうか。

 本日はこれにて。


nice!(68)  コメント(20) 

春の花は賑やか!  (3月31日) [横浜市こども植物園]

 寒い一日でした、朝、ベランダは9℃でしたが、それからほとんど上がらず、午後からは小雨も
ぱらつきました。桜も震え上がっていることでしょう。明日はもっと寒いとか。
 きのう保土ヶ谷公園を歩きましたが、ソメイヨシノの見頃は次の週末かなと思いました。来週の
お天気次第ですね。

 28日にベランダにハイビスカスと月下美人の鉢を出しましたが、ちょっと早かったかと悔やんで
います。植物は丈夫ですから大丈夫だとは思うのですが。
 前回、知人の病気のことを書きましたがその続きです。
 いろいろ話していて、わたしがこれからの鉢への水遣りが大変だと云ったら、草木には多く水を
やってはいけないと彼が話し始めました。水を多くやると根を伸ばさなくても水分が得られるので
草木の根は地表近くにだけあるというのです。その結果、万が一水を切らすことがあるとすぐに
枯れてしまうというのです。
 鉢の土はすぐに乾いてしまうから毎日たっぷりとやらなければと云ったところ、鉢に植物を植え
てはいけないと云うんです。自然界で鉢に入って生きている植物はあるかと考えもしないことを
言い出しました。
 
 彼が云いたかったのは、草木を丈夫に育てるには水分を控えめにし、根が土中深く伸びるように
しなければならないということのようでした。なるほどと納得したようなしないような。
 きょうは寒い中をこども植物園を歩いてきましたので、その一部をアップします。春ですね、
草花も樹木もをいっぱい付けていました。一週間訪れないと様変わりしています。 


DSC_4700
 秋に見事な紅葉になる木々は今新葉を出し始めました。これもまたきれいです。


DSC_4439
 もみじを色々ありますが、新葉の色もまた様々です。

DSC_4713 2
 横浜緋桜が満開でした。


DSC_4715
 横浜緋桜(ヨコハマヒザクラ)の特徴は緋紅色の大輪が纏まって咲き、花期が比較的長いところです。

DSC_4716
 モクレン属の交配品種でオガタマノキの仲間。


DSC_4721
 遠くから見るときれいなツツジだなと思って近づき名札を見たら「吉野(ヨシノ)」ツツジ科とあり
サクラゲンカイツツジとスカプリフォリュームの交配品種とありました。しかも横浜生まれの石楠花とも
書いてありました。ツツジではなくシャクナゲなんですね。


DSC_4723
 花をアップしてみましたが、やはりシャクナゲですね。


DSC_4725
 クロフネツツジで品種名「羽衣(ハゴロモ)」


DSC_4728
 小さな木ですが、これ一輪だけ咲いていました。モクレン属の園芸品種「ワダスメモリー」。
  コブシとタムシバの交配品種。


DSC_4734
 この椿はどなたかのブログで拝見した記憶があるんですが・・・。ピントが合っていませんね。


DSC_4742
 季(スモモ) バラ科

 腰が痛かったのに内臓疾患だったという話を聞いて思い出したことがあります。
 去年、歯科医院に通っていたとき先生が、歯も治療しなければならないところではなく別の歯が
痛いと感じることがありますよ、と。
 人間の体も帰命切手烈微妙なものですね。

 明日から四月。わたしの生活はなんの変わりもありません。 

 本日はこれにて。


nice!(75)  コメント(22) 

ツツジその他。  (3月16日) [横浜市こども植物園]

 きのうは2週間ごとに降圧剤をもらいに行くいつものクリニックへ行きました。
 約30分歩きます、バスは走っていますが乗りません、散歩のつもりです。が、寒かった!指が冷たかった!

 気がかりなことがありました。それは血液検査の結果発表の日だからです。前回(28年7月)の血液検査
ではクレアチニンが基準値0.61~1.04が1.16、尿酸が基準値3.7~7.0が7.9と高い数字でした。この数値に
ついて先生から水分を多く摂るように云われました。痛風などになりたくありませんでしたから、意識して水
やお茶を飲みました。でも暑いときは汗をかき喉が乾きますから水は飲めます。しかし、涼しく或いは寒くな
ると多くは飲めません。従って結果はどうだろうと気がかりだったのです。

 今回の結果はクレアチニンは1.00、尿酸は6.7で,自慢は出来ませんが取敢えず基準値内でしたからホッと
しました。


 きょうは少し前、3月16日にこども植物園で撮った写真をアップします。
 ソメイヨシノの満開はいつだろうといったニュースが流れますが、その他の草花もどんどん花を見せて
くれますから散歩も楽しいです。

DSC_4151
 「花木園」に3年ぐらい前に植栽されたツツジが並んでいます。まだ若い小さな木ですが、花をたくさん
つけています。

 

DSC_4153
 ゲンカイツツジ



DSC_4157
 ハヤトミツバツツジ (交配種)


DSC_4159
 ミツバツツジの一種

 ここにはまだ咲いていないツツジもあります。


DSC_4131
 スノーフレーク(ヒガンバナ科)


DSC_4142

 ショウジョウバカマ(メランチュム科)  メランチュム科・・・聞いたことがありませんね。ほとんど
                                                     花のない野草園にひっそり咲いていました。

 


DSC_4167
 梛筏(ナギイカダ) キジカクシ科広義のユリ科。背の低い、30cmくらいかな、木です。花の経は
5mmありません。



DSC_4164

 雪柳(ユキヤナギ)  バラ科   満開になった雪柳がアチラコチラで見られるようになりました。

 きょうは桜の開花状況はいかがなものかと保土ケ谷公園を一回りしてきました。横浜緋桜は満開に
近づいていましたが、ソメイヨシノ他はまだまだ蕾が固いように見えました。あと一週間で見頃になるかな?

 本日はこれにて。


nice!(74)  コメント(22) 

青或いは紫・・・纏めました。  (3月4日) [横浜市こども植物園]

 東日本大震災から6年が経ちました。
 朝、お線香を立てて手を合わせました。
 現在のところ亡くなられた方が15,893人、震災に関連したことで亡くなられた方が3,553人、行方不明
の方が2,553人おられ、仮設住宅や親戚などに避難されている方が12万3千人あまりおられるということ
です。
 復興はどのような街づくりをするか地域の人達の意見が分かれて前に進まないところもあるそうで
すが、少しずつ進んでいるようです。
 わたしはなにも出来ませんが、地震被害にも合わず津波にも合わなかったことを恵まれたことだと感謝
しつつ、世の中に目を配りみなさんが幸せに暮らせるように祈りたいと思っています。


 この日(3月4日)、こども植物園をまわりましたが、樹上にも地にも花が増えてきました。そんな
中で青色や紫色の花をまとめてみました。 


 ミツバツツジ    種類があります、これからもアップすることがあると思います。


 ホトケノザ


 ハナエンドウ でいいのかな?


 タチツボスミレ


 オオイヌノフグリ


 これはなんでしょう? 蕾? 咲き終わった花?


 ヒメオドリコソウ  花数が少ないです。

 きょうは寒い日でした。気分が落ち込んでいます。手抜きの言い訳です。お許しを。
 明日から元気になります。

 本日はこれにて。 


nice!(74)  コメント(20) 

雪割草  (3月4日) [横浜市こども植物園]

 宅配業界が揺れ動いています。

 しごとの量が年々増え、それに対応できる
社員が集まらない、不足しており現場は混乱
しているようです。
 某社は仕事を減らすことを考えて配達料を
値上げすることを検討しているようです。

 モノを買うのに便利になりました。パソコ
ンで注文すれば翌日には配達されます。それ
も希望した時間に。
 通常、買い物は自分で交通機関を利用して
時間をかけて行かなければならないのですが
便利になりました。インターネットの普及と
ともに利用者が増えるのは当たり前です。そ
こにしわ寄せが起こったんですね。

 このニュースを聞いた時わたしは思いまし
た。便利なことが当たり前になって、配達し
てくれる人に「有難う」の感謝の気持ちを
持つ人がどれだけいるだろうかと。

 なんとかフライデーが始まりましたが
それを享受する人と早朝から遅くまで働く
人と差がつきますね。働けば収入が増えるからいいじゃないかと云われるでしょうが、果たして
・・・。

 働き方改革をするそうですが、いつの世になっても平等はないようです、運動会で手を繋いで
ゴールするような。


 3月4日にはこども植物園で「雪割草展」が開かれていました。上の写真のように22鉢展示さ
れていました。
 「無銘」もありましたが、殆どの鉢に名前が付けられていました。

 一部をアップします。 


  ↑ 花壇で芽を出した雪割草です。↓

 温かい、寒い、春だとわたしは毎日云っていますが、わが家のベランダの寒暖計は今朝0℃を指して
いました。散歩の途中の日陰では霜が降りていました。日本海側では雪が降っています。
日本はまだまだ冬ですね。

 本日はこれにて。


nice!(64)  コメント(16) 

カメリア・ロゼフローラやツツジ  (2月25日) [横浜市こども植物園]

 きょうは8時半過ぎから1時間半あまり散歩して
来ましたが、暖かでした。気温は10℃になって
いないはずでしたが、風がないぶん体感的には
気持ちいい暖かさでした。

 きのうはTVニュースで国会の委員会をちょっと
見たのですが、がっかりしました。

 今、TVで取り上げられていますが、森友学園
への国有地売却問題です。民進党の玉木議員の
質問に対し、麻生財務大臣が「何を調子のいい
ことを言ってんだか」とニヤつきながら発言。
あの口調を見ていると完全に民進党を舐めていて
国会議員としての品位に欠けるものでした。
麻生氏は元々そういう人間だと云えばそれまで
ですが。
8億円の土地が1億円で誰が売ったんでしょうね。

カメリア・ロゼフローラ(ツバキ科)
開花期:1月~3月
中国中部地方が原産地、昭和46年に渡来。

花径が3cmくらいの可愛い花です。

 

 


  シキミ モクレン科:現在はシキミ科。  果実を線香の原料として使う。果実は有毒。植物では唯一劇薬指定。

 

椿

 


 三椏(ミツマタ)が黄色い花を開いています。

 


 名前はわかりませんが、ツツジが咲き始めていました。蕾もたくさんあります。

 明日は月一の山の手入れ作業日です。子どもたちのために焼き芋を作る予定です。勿論、大人も食べます。
 芋を濡らした新聞紙で包みその上からアルミホイルで包んで薪を燃やした後の「おき」に入れて焼く。
 美味しいですよ。
 天気もいいようですから楽しいひとときになるでしょう。

 本日はこれにて。


nice!(78)  コメント(15) 
前の10件 | - 横浜市こども植物園 ブログトップ
メッセージを送る