So-net無料ブログ作成
横浜市こども植物園 ブログトップ
前の10件 | -

紅葉・黄葉  (12月4日) [横浜市こども植物園]

道路で躓いて転んで痛い目にあって一年余り過ぎた
それ以来転んではいないが道を歩く時神経を使う 特に階段の昇り降りだ 
登るときはつま先を引っ掛ける可能性があり降りるときはかかとを引っ掛ける
若い頃畳の縁に躓いて転んで寝たきりになったと聞いたときは何を馬鹿なと思ったものだが 
この頃は納得する 要は階段にしろ畳の縁にしろ足があがらなくなっているのだ
これ以上足腰の衰えを進ませるわけには行かないので努力しているがそのまえに
足元をよく見て歩くように気をつけている

12月4日は児童遊園地のあとにこども植物園にいった。正門を入って左の道に入った左側に
毎年紅葉が楽しめるところがある それが下の写真2枚のところだ。

道なりに歩いて一周りしたが今野草園が閉鎖されている 台風22号の時の雨で通路が水浸しになり
その改修工事をしているのだ

DSC_1485 リサイズ



DSC_1489 1200



DSC_1492
栴檀(センダン) 実が沢山付いているが見えないかな 白く熟せば鳥たちが集まる



DSC_1495



DSC_1497
唐楓(トウカエデ)


DSC_1500この花は道端の草むらで咲いている 花期が長く気になっていたのでパチリ


DSC_1503
こども植物園は谷あいにあると想像してください。木々は高い所にあります バラ園から見上げて


DSC_1504
メタセコイア  一番低いところ谷底にあります バラ園から見下ろしてパチリ


DSC_1505



DSC_1512

長々とお付き合い頂きありがとうございました

そろそろ紅葉はお仕舞いにしますがもしかしたらもう一回続くかもしれません。

本日はこれにて。

 追記:きょうは2kさん主催の山手での撮影会に参加です 予約投稿にしました



nice!(85)  コメント(32) 
共通テーマ:日記・雑感

モミジでなくても。  (11月21日) [横浜市こども植物園]

先日、TV、wowowで「北欧ポリティカルスリラー『ノーベルー戦火の陰謀』」を見ました。
ノルウェーで作られた8回完結のドラマです。
ストーリーは置いとくとして、アフガニスタンでの治安維持活動もひとつの見せ場です。

アフガニスタン・・・どこから銃弾が飛んで来るかわからない、地雷はたくさん埋められている、
自爆テロがあるかもしれない・・・極限状態の中で陸軍軍人が活動しています。

これはドラマですからどこまでが事実かはわかりません。しかし、これを見ていて思いました、
アメリカではベトナム戦争以来多くの帰還兵が精神を病んでいると云われていますが、
明日は生命がないかもしれない状況で活動していれば病まないほうがおかしいのではないかと。

戦争・紛争とはこういうものなのでしょう。

日支事変から大東亜戦争まで、戦争の悲惨さを語れる人が少くなっています。
悲惨なものですね。
紛争地に自衛隊を送りこれからも政府は送るでしょう。

安倍総理大臣は悲惨な戦争に自衛隊員を巻き込んではいけないと考えているんでしょうか。
戦争で戦った経験のない安倍さんは戦争・紛争というものをどれだけ理解しているんでしょう。

『ノーベルー戦火の陰謀』を見て考えることが多かったです。


11月21日、いつもの「こども植物園」に行きました。
花が少ないので木々を見て回りました、モミジでなくても見栄えの良いものがあります。

DSC_1149
ここはもうすぐ紅葉の林になります。

DSC_1150




DSC_1152
栴檀(センダン)センダン科
5月末ころに一部紫の白い花が咲き、今頃実がつきます。木の実は人間や動物には有毒だそうです。
散歩の途中でワンちゃんが食べないように要注意です。
ところが鳥には無害だそうで、これから枝に止まって啄む姿が見られます。 


DSC_1158
山法師(ヤマボウシ)ミズキ科


DSC_1164
ニッサボク(ヌマミズキ科)
中国原産で、何が基準かわかりませんが世界三大広葉樹の一つと言われます。
他の二つは、ニシキギとスズランノキ・・・スズランノキとは?
オレンジがかった赤が鮮やかだが、日本のモミジやカエデとは違いますね。

DSC_1166
イロハモミジ(ムクロジ科)

DSC_1179
山香ばし(ヤマコウバシ)クスノキ科
冬に落葉せず、春に落葉する。日光にかざすときれいに見えるらしい。


DSCN1858
部屋の中からガラス越しに。こちらが気になる?そのうち慣れるでしょう。


DSCN1859
きのう餌台にシジュウカラが初めてきました。

夕方、餌台を覗いたらひまわりの種はきれいに無くなっていました。
メジロの姿は見なかったのですが、餌台の中の薄めた蜂蜜もなくなっていましたから
来ていたんですね。
そして今日午後、3~4羽で来ました。が写真は撮れませんでした。

きょうはクリニックへ降圧剤を貰いに行く日でした。簡単に終わってから鴨が来ているか見に
いつもの帷子川に行きました。ホシハジロとキンクロハジロがいました。
わたしが行くところの帷子川には多くの種類の鴨が来ないんでちょっと残念。
毎年同じ頃に来るんですね。


本日はこれにて。

nice!(69)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

菊花展(2/2)  (11月6日) [横浜市こども植物園]

きのう、BS7 BSジャパンでハリソン・フォード主演の映画「刑事ジョン・ブック/目撃者」を見ました。

警察内での不祥事に刑事が立ち向かうサスペンスかと思ったのですが、違いました。
現代では考えられない生き方をしているアーミッシュがメインテーマですね。
アーミッシュはドイツ系の移民でキリスト教のひとつの宗教集団です。 
移民当時の生活を守り電気も使用せず、電話も車も使用しません。
馬車を利用し、牧畜や農業で自給自足の生活をしています。
銃がなければ生きていけないと云われるアメリカで銃を持たずに暮らしているのを見ると
一服の清涼剤を飲んだ気分になりました。
映画に描かれた時代からは今のアーミッシュは変化していると思うのですが、地球上での争いは宗教と民族。
助け合って平和に生きることも不可能ではないと思いました。

前回に引き続いて今回もこども植物園の菊花展です。

DSC_0932
もう一張の展示場が作られていました。草丈の高い菊です。


DSC_0937
嵯峨菊
京都・旧嵯峨御所 大本山 大覚寺に伝わる嵯峨天皇ゆかりの菊。
殿上より花が見えるように草丈を2mまで伸ばしています。


DSC_0938DSC_0939



DSC_0940DSC_0941



DSC_0942
伊勢菊(松阪菊)
伊勢・松阪地方発祥の菊で、京都の嵯峨菊をもとに作られたと考えられています。


DSC_0943DSC_0944



DSC_0945DSC_0946

この展示場には「こども植物園 培養品」と書いた札が立てかけてありましたが、
培養品とはなんでしょう?

一枚目の写真の中央が空いていますが、ここには「肥後菊」を展示する予定だったようです。
間に合わなかったんですね。

朝、大分冷え込むようになってきましたのでハイビスカスを部屋に入れる準備として
剪定と植え替えをしました。根回りが酷かったですから鉢から外すだけでも一汗書きました。
その様子は後日アップする予定です。

本日はこれにて。


nice!(77)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

菊花展(1/2)  (11月6日) [横浜市こども植物園]

きょうは終日小雨がぱらつき、最高気温は15℃くらいだったでしょうか、寒く感じました。
まわりの木々の黄葉もぐんと進んだようです。

この日(11月6日)は、11月1日から菊花展が始まっているはずだと思い、
横浜市こども植物園を訪れました。
ところが何かの展示があるときは正門に立て看板が出るのに出ていませんでした。
あれあれと思って正門を入ったら

DSC_0865
ありました、懸崖と左の方はざる菊でしょうか。


DSC_0871
今年はスペースが狭いですね。それでも厚物、管物その他小菊などが展示されていました。


DSC_0956
厚物   紫が好きですから厚物の代表として


DSC_0954
厚物、管物そして初めて見る平べったいもの・・・黄色で統一して展示。

管物が好きですから3枚並べます。


DSC_0873



DSC_0876



DSC_0877




DSC_0935
一文字(広熨斗=ひろのし)  
大菊のひとつ。天皇家の御紋章に似た花型から「御紋章菊」とも呼ばれています。
また、御紋章の花弁の枚数が16枚であることから、この菊も花弁が16枚前後で
ある花が良いとされています。(説明書きから)
天皇家の紋章は菊でしたね、勉強になります。
DSC_0949
小菊盆栽
今年は11鉢が展示されていました。
毎年不思議に思うのですが、菊は花が終われば葉や茎は枯れてしまいます。
それなのに何年も育てた木の盆栽のような幹(茎)をしています。
調べてみると盆栽に育てるのに適した菊があるんですね。
そして、何年も素立てたような風情に一年で育てるんだそうです。
中には幹(茎)を枯らさないで年を越させる育て方もあるのだとか。

菊花展の菊は写真の枚数が多くなりますので次回に続きます。
本日はこれにて。

この下書きは、TVでだいぶ前に録画していた高橋真梨子を聴きながら書きました。
高橋真梨子の歌はいいですね! 好きな歌手の一人です。

nice!(82)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

炉開き(ロビラキ)   〔10月27日)   [横浜市こども植物園]

食欲の秋 最近余り聞かなくなりました。しかし、わたしは最近食欲が旺盛なんです。
パン屋さんの前を通ったりするとパンの匂いがしますが、これがたまりません。
でもグッと我慢します、メタボ傾向ですから。
食欲の秋という言葉はわたしの中では生きているようですね。

相も変わらずこども植物園に行っています、手軽に行けますから。


DSC_0752DSC_0753
薬草園の茶の木のそばに「炉開き(ロビラキ)」があります、ありましたと書くべきかも。

炉開きは「チャノキ」と「ユキツバキ」の自然交配種で、
チャノキと同じく葉や茎にカフェインを含んでいます。
茶道の炉を開く行事「炉開き」の頃〔10月下旬~11月の初旬)に満開に咲くため、
この名前が付いています。
新潟県長岡市に樹齢100年以上のげんぼくがあります。(説明書き)

上の写真はその木に付いていた蕾です〔10月27日現在)
この木は植栽されて2年ぐらいだったと思いますが、樹高は50cmくらい、小さい木です。
そろそろ開花しているかなと楽しみできょう行ったのですが、影も形もありませんでした。
従って、ありますではなくありました、なんです。
何処かに移したのであればいいのですが、盗掘されたのかもしれません。
事情を聞こうと思ったのですが担当のスタッフは不在でした。
楽しみにしていたんですが。

DSC_0763
茶の花 (ツバキ科)


DSC_0743
白い丸い実が付いている木はなんでしょう、直径1cm位。


DSC_0750

杜鵑草(ホトトギス)ユリ科
たくさん咲いています、色の違いがいろいろあるようです。


IMG_8247



DSC_0758
唐辛子(ナス科)
長さが15cm以上あります。


DSC_0762
唐辛子の花


DSC_0766
辣韮(ラッキョウ)ヒガンバナ科


DSC_0772
藤袴(フジバカマ)キク科
アサギマダラはいません。


DSC_0776
林の中の姥百合(ウバユリ)の実。

きょうは薬草園の花でした。
炉開きが無くなっていたのできょうは落ち込んでいます。


きょうの付け足し:11月2日の月

DSCN1780
コンデジで撮っています。コンデジにはいろいろソフトがくっついています。
子供の頃、「月がとっても青いから 遠回りして 帰ろう ~」という歌が流行っていたことを
思い出し、青い色を付けてみました。


本日はこれにて。

nice!(76)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

冬の花蕨(フユノハナワラビ)  〔10月18日) [横浜市こども植物園]

前回の記事でコキアを書きましたが、kick_drive さんからご指摘がありました。
ひたち海浜公園のコキアは観賞用のコキアでとんぶりできないと。
その通りでした。ひたち海浜公園のコキアは観賞用でした。
とんぶりができるコキア(ホウキグサ)は実が大きくなる品種で、草丈が高く紅葉しないそうです。
間違ったことを書いてしまいすみませんでした。
kick_drive さん ありがとうございました。

秋雨前線が停滞し、台風22号にくすぐられてきのうから雨です。
きのうは弱い雨が降ったりやんだりでしたが、きょうは時々強い雨が降っています。
台風22号は関東南部にいつ頃一番近づくのでしょう。

段々花が少くなってきています。きょうは10月18日のこども植物園です。

花が少くなってきましたので、バラ園の周囲に造られている花壇の花をまず3枚アップします。

DSC_0619
ウインターコスモス(キク科)


DSC_0621
ダリア  直径15cm位ありました。


DSC_0624
たまには バラ を

以下は園内をぶらぶら歩き目についた花です。

DSC_0626
シロヨメナ(キク科)


DSC_0636
↑ 赤地利蕎麦(シャクチリソバ)タデ科 ↓


DSC_0637



DSC_0639
千両(センリョウ) センリョウ科


DSC_0641
タイワンツバキ だと思うんですが・・・。
そろそろ児童遊園地の椿園を覗いてみなければなりません。


IMG_8295 元
霜柱(シモバシラ)シソ科
10月25日に花をアップしましたが、これは実ができているところのようです。


IMG_8295 トリミング
トリミングしてみました。


DSC_0646
冬の花蕨(フユノハナワラビ)ハナヤスリ科
下の葉っぱは栄養葉、上の黄色というより金色に見えるのは胞子葉と云うようです。
毎年楽しみにしている植物です。

今夜中に台風22号は強い雨風を置いて通り過ぎるのでしょうか、早く寝ます。

本日はこれにて。

追記:下書きをしている時に不注意からアップされ、nice ! コメントを
頂いた方がいらっしゃいましたが、すみませんでした。


nice!(71)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

赤い実。  (10月5日) [横浜市こども植物園]

きょうは雨。
雨。あめ、 雨が続くと云っているうちに10月も終わります。

やっと10月に撮り歩きしたものをアップできるようになりました。
カレンダーを見ると撮り歩きした日数がきのうまでに6日でした。

そんな中からきょうは10月5日、こども植物園で撮ったものです。

DSCN1320
メタセコイア(スギ科) これは蕾で来春花が咲くらしい。
雌花や球果を見たいのだが見たことはない。


DSC_0489
コムラサキ(クマツヅラ科)
何故か思いっきり明るくなっていました。


DSC_0488
紫式部(ムラサキシキブ)と小紫(コムラサキ)の違いをよく聞かれます。
写真を見てください、下に伸びる花柄(実がついている)とその上の葉柄の付け根に隙間があります。
この隙間は2、3mmですが、隙間があるのがコムラサキです。くっついているのが紫式部。
コムラサキは茎に沿って実が整然とついています。


DSCN1328 toriminngu
霜柱(シモバシラ) シソ科 別名:雪寄草(ゆきよせそう)
冬になると、枯れた茎の根元に ”霜柱”のような「氷の結晶」が
 できるところからこの名になった。
 (ふつうによく見かける”霜柱” とは別の自然現象)。
この冬は見られるんじゃないかと期待しています、寒くないとダメかな。

DSCN1356
アイ(藍)タデ科  の名札が立っていました。別名:アイタデ、タデアイ。
蓼には種類がありますが、アイと云う名前には初めて会いました。染料になるんですね。


DSCN1347
西洋鎌柄(セイヨウカマツカ)の実 バラ科


DSCN1354
独逸鈴蘭(ドイツスズラン)の実 キジカクシ科

DSCN1361
山茱萸(サンシュユ)の実。 ミズキ科DSCN1350
これは何の実でしょうね、ネットで調べたんですが同じようなものがあって決められませんでした。
ガマズミにも見えるんですが、ご存じの方は教えてください。

きのうは雲の多い日でしたが、青空もチョコッと覗いていましたので散歩に出ました。
周辺の木々も黄葉を始めていました。
秋を飛び越えて一気に冬に突入でしょうか。また台風が来るようです。

本日はこれにて。

nice!(71)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感

9月下旬の小さい花。   [横浜市こども植物園]

総選挙は予想通りの結果でした、折角の機会である今回の総選挙を壊した人がいましたから。
当選は難しいと思っていた候補者に投票したのですが、当選しました。
臨時国会ではどんな論戦があるのでしょう。

台風21号はきのうから今朝まで強い雨でした。
風は夜中に吹いたようですが、目が覚めませんでしたからそれほどでもなかったのでしょう。
昼には台風一過の青空になりましたので、倒れた鉢を元通りに。
大小3個の鉢が倒れ、地植えの背の高い花が2株倒れました。
被害はそれだけです。

早朝に皆さんのブログを訪問しようとしたら、メンテナンス中のメッセージが出ました。
ところが何時に終わると出ていません、SO-NET の名前もありません。
どこがどんなメンテをしたのでしょう、結局動き出したのは午後1時、ギクシャクしながら。

こども植物園の9月下旬に撮った在庫です。
PCがスムースに動かなかったので疲れました、それを理由に手抜きです。

DSCN1077
菊芋(キクイモ)キク科


DSC_0204
↑ 紫苑(シオン)キク科 ↓


DSC_0205



DSC_0220
吾亦紅(ワレモコウ)バラ科  オシマイが近く傷んでいました。


DSC_0399
大弁慶草(オオベンケイソウ)ベンケイソウ科
以前に一度アップしていますがその時は蕾でした。

DSCN1209
黄花秋桐(キバナアキギリ)シソ科


DSC_0209
男郎花(オトコエシ)オミナエシ科


DSCN1083
赤地利蕎麦(シャクチリソバ)タデ科


DSCN1085
西洋鋸草(セイヨウノコギリソウ)キク科 花色は白、ピンク、赤がある。


DSCN1116
朮(オケラ)キク科


DSC_0203

仙人草(センニンソウ)キンポウゲ科
実から白い髭が伸びるので仙人草。

きょうは疲れました。明朝ブログを開いたらまた不具合ではないでしょうね。

本日はこれにて。

nice!(76)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感

大弁慶草、黄金花。  (9月16日) [横浜市こども植物園]

 きょうは最近にはないような素晴らしい青空で湿度も低かった! 
10月はこの様な天気が続くのだろうと嬉しくなった。

この日(9月16日)は児童遊園地のあとに横浜市こども植物園を訪れた。
この時期は花数も多くはないが、なにかあるんじゃないか、見落としてはならないと
訪れます、期待以上のこともあればがっかりすることも。

DSC_0036
他の紫陽花よりも遅く咲く玉紫陽花(タマアジサイ=ユキノシタ科)の花後。
茎の先端の葉っぱの間から蕾が生まれ、徐々に大きな玉になりそれが崩れる様に咲く様子が好きです。


DSC_0043
梅雨の頃が最盛期だった紫陽花が、一株に一個二個今頃遅れて咲いています。


DSC_0047
牡丹園の木々の中に二輪咲いていた彼岸花(ヒガンバナ科)。
背景はに白い男郎花と黄色い女郎花が少々。


DSC_0048
白花彼岸花。花弁は6枚だそうだが確かめたことはない。


DSC_0056
黄金花(コガネバナ)シソ科
この写真では分からないが花びらは唇型。根が黄色いのでこの名がついた。
消炎・解熱などに利用される薬草。


DSC_0051
大弁慶草(オオベンケイソウ)ベンケイソウ科
この写真の状態はまだ蕾です、下の方に花びらを広げた花があります。
切り取って数日置いても枯れないほど強いことから弁慶の名がついた。
薬草でもある。

きょうはクリニックに降圧剤を貰いに行った。計った数値は138の62。
涼しくなったためか上が少々高い。
世の中(マスコミ)は騒々しいが、わが家はこともなしである。

本日はこれにて。


nice!(77)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

園内をウロウロして。  (8月28日) [横浜市こども植物園]

 台風18号は九州に上陸。その後、四国に再上陸し近畿に再々上陸。
各地に大きな被害をもたらしています。
これから北上するようですが、進路に当たるところは要注意ですね。

 当地は終日風はありませんでしたが、雨模様でした。さて、あすはどうなりますか、
できるだけ勢力が衰え遠くを通過して貰いたいです。

まだ八月の写真在庫がありました、28日の横浜市こども植物園です。
里山に自生している草花ではありませんが、管理スタッフの方々の努力で一年中見られるのは
有り難いことで足を運んでしまいます。


DSCN0728

↑ ↓ バラ園も大分寂しくなっています。傷んでいますがその中から撮ってみました。


DSCN0732



DSCN0724
バラ園の周りを花壇が取り囲んでいます。年中花が見られます。
花から花へとアゲハが飛び回っていました。


DSCN0735
植物園にはニュートンのリンゴ、たくさんの種類の柿などがあります。
メンデルのぶどうもありますが、これはなんという品種か分かりません。


DSCN0743
ぶどうとは似て非なる洋種山牛蒡(ヨウシュヤマゴボウ)。


DSCN0737
種無しザクロ 種無しとは?と調べてみましたが、
種はあるとか食べられるほど軟らかいとか書いてありました、よく分かりません。


DSCN0751
カタバミだと思っていますが、葉が大きい、5cm以上ありました。
カタバミは種類が多いですね。

きょうの付け足し:


DSC_9894
ベランダのフェンスにぶら下げている蔦の鉢の中に幼虫がいます。
こういう虫はどこから来るんでしょうね。
蝶の幼虫かと思いネットで調べたんですが、分かりません。
ご存じの方教えてください、お願いします。
ヤッペママさん ⇒ コスズメの最終齢幼虫

お越しいただきありがとうございます、本日はこれにて。

nice!(80)  コメント(23) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 横浜市こども植物園 ブログトップ
メッセージを送る