So-net無料ブログ作成
検索選択

大磯町・照ヶ崎海岸でアオバトを見てきました。  (7月12日) [野鳥]

 きょうは大磯町へアオバトを見に行ってきました。
 
 きのうの天気予報では、きょうは晴れでしたが、早朝雨音がし、起きてみると雨雲が空を覆っており、時々小雨が
降る状態でした。TVの予報では晴れると。
 
 七時に家を出てバス電車を乗り継いで八時半前には大磯駅到着。エリザベス・サンダースホームの森で
クマゼミの歓迎を受けました。
 10分ほど歩いて照ヶ崎海岸に到着。カメラが並んでいました。 



 この辺りに降りてくれないかなと期待を込めて三脚を立てました。

 



 時々アオバトが団体で上空を舞い、岩礁に降りました。
 アオバトは、この写真はちょっと色が違って写っているかもせれません、まあこんな感じです。

 全長約33センチメートルの中型のハトで全体が緑色の美しい羽色です。頭から胸にかけては黄味色が強く、腹部は
白っぽい色です。翼の肩の部分がブドウ色をしたのが雄で、雌との見分けが容易です。
  食べ物は木の実や果実が主体となっています。 

 



 群れを作って岩礁の上を飛び回り、岩場に降ります。窪みに溜まった海水にくちばしを浸けて,吸い込むように飲みま
す。海面に浮かんだり、尾羽や脚を海水につけたりもします。このような行動をするのは、アオバトの食べ物(果実)に
ナトリウムがほとんど含まれていないので、果実からの栄養分や水分を体内に吸収するために海水吸飲(体内のナト
リウム・カリウム濃度を確保)を行っているのではないかということが分かってきました。

 



 厳しい冬は西日本方面へ移動します。中でも京都御苑は有名です。 どんぐりのある関西方面の神社や公園で
ひっそりとしています。厳しい冬は西日本方面へ移動します。中でも京都御苑は有名です。
 
 



  5月初旬から10月ごろまで飛来が続き、7月から8月にかけてピークを迎えます。梅雨の明けた天気の良い日に多く
飛来します。時間は早朝、日の出から10時ごろまで(早朝の方が大きな群れが観察されるチャンスが多い)と夕方が
見やすいです。
 

 


 なぜ照ヶ崎海岸なんでしょう。
 その前にどこから来るのか? 大磯から20~30km離れた丹沢山地から飛来することが証明されています。
繁殖も確認されているようです。  (上の文章は大磯町ホームページから)

 元に戻って、なぜ照ヶ崎か、ですが、海岸の近くにエリザベス・サンダースホームの森があり、大磯丘陵があります。
ここの松が翅を休めるのにちょうどいいからと聞いたことがあります。

 


 


 


 



 きょうは高曇りでしたが、9時半ころからは晴れて暑くなりました。
 約一時間アオバトを見て白い押し寄せる波を見て帰路につきました。画面奥のほうが小田原です。
 大磯は旧吉田茂邸や明治の元勲の別荘などで有名ですが、それを見に歩こうとしました。が、暑いので旧島崎
藤村邸を眺め東海道の松並木を眺めて引き返しました。

 



 照ヶ崎海岸を離れる時、振り返ってパチリ。この岩礁にアオバトが来ます。
 高曇りだったが、砂の上は暑かった!

 今日の写真は特にボケていますが、原因はレンズです。わたしは~300mmの望遠ズームしか持っていませんので
きょうは下駄を履かせました。AFがままにならずMFで多くは撮りましたが、ピントが合っていません。きょうの鳥撮りの
人たちもバズーガを並べていましたが、わたしは購入する予定はありません、使用頻度の問題で。
 30m或はそれ以上の距離で闇雲に撮るのも面白いですね、外ですから液晶モニターを見てもどう撮れているか
わかりません。帰ってからのお楽しみです。 (トリミングしています)

 本日はこれにて。 


nice!(79)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

大磯町でアオバトを見てきました。    (8月18日) [野鳥]

 今朝、写真のファイルを開いたら途端にマウス( 矢印)がモニターの中央で動かなくなりました。
  リセットをしたりいろいろやったのですが動きませんでした。
 修理に出すしかないかなと保証書を探してみたら3年保証に入っており、買ってまだ2年半でたから一安心しながら
試しに電源を完全に落としてみることにしました。ノートですからバッテリーも外しました。
  その後電源を入れたらPC立ち上げのとき最初に現れる画面になり、そのままにしていたら次に「更新プログラムを
構成しています。100%完了 pcの電源を切らないで下さい」が延々とていました。その後、「更新プログラムを構成
しています 0%」から%が進み、途中何度か 「再起動」があり、時間がかかりましたがなんとかマウスも使えるように
なました。
  冷や汗をかきましたが、原因は何だったのでしょう?
 先日入れたwin10が関係しているのかな?

 

 先日(8月18日)、大磯町の照ヶ崎海岸にアオバトを見に行ってきました。
  アオバトは知っている人は少ないと思いますが、留鳥または漂鳥として森林に住むハトの仲間、全長は33cm、
体は緑色で雄は翼の肩の部分赤褐色。
  山深い森林に生息するので見ることは難しいが、春から秋に丹沢山地から飛来する大磯の照ヶ崎海岸で海水を飲むアオ
バトを間近で観察できます。定説ではないが、海水を吸引する理由は塩分を補給するためと云われています。
 5月から9月まで飛来するが7月8月が最盛期で、日の出から午前中が数が多く、7~8時台ピーク。

 この日は風が強く厚い雲が多かった。
 防波堤のような観察台に立つと広々とした太平洋と砂浜に近いところに岩礁が見える。アオバトは数羽から数十羽と
団体でここに飛来する。

 照ヶ崎海岸には午前7時半に到着。いつもなのかその日はいつもよりなのか波が荒い。雲も厚くお天道さんが顔を
見せてくれたのは9時過ぎでした。
 先に来ていた人の話ではこの日は飛来が少ないとのこと。 


 数羽での飛来は時間を置いてあったが、8時過ぎにはこんな状況が見られる様になった。
 岩礁の上を飛ぶアオバト。わたしのレンズ(~300mm)ではこの程度の実力。


 砂浜の上を飛ぶこともあった。


 わたしのレンズではこの程度。周りの人は大砲で三脚を立てて岩礁にぴんとを合わせて待つ。手には双眼鏡。

 


 以下、少し或いは大幅にトリミングをしてみた。


 トリミングをすると微かながらアオバトの色がわかる。

 


 


 



 わたしの写真ではアオバトはどんな鳥かわからないのでウエブから写真をお借りした。


 到着して間もない時に近くにいた人が「あれを撮れ」と声をかけてくれた。慌ててレンズを空に向けて撮った。
 トリミングしレベルを修正している。
 ハヤブサと教えていただいた。見ていると岩礁に降りようとするアオバトに襲いかかっていた。

 アオバトの飛来は小樽市の張碓海岸や静岡県の浜名湖などでも見られるが、ここの飛来する数は日本一とのこと。
 明日は照ヶ崎海岸のことなどを書きたいと思っています。

 本日はこれにて。


nice!(62)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

サギとカモメ。 [野鳥]

  快晴が続いていますが寒い毎日です。風も冷たい! きのうは節分、きょうは立春・・・もうすぐ春ですね。
 この歳になって今頃疑問に思うのもおかしいですが、節分とか立春は旧暦で決められていたのではないかと。新暦の節分や立春は何を
基準に決められているんでしょう?
 
 
 きょうは水鳥で遊んでみました。変化を持たせたかったのですが、ボケましたね。
                                                            (今井川のいつものところで)


 バンザーイ!
                                                           以下、帷子川のいつものところで)


 ユリカモメ   でいいですよね。


 このカモメは何でしょう? 大きかったです、一緒にいたオナガカモが小さく見えました。


 帷子川にはキンクロハジロ、ホシハジロ、オナガガモなどが来ているだけで、他のカモは見当たりません。
 いろいろのカモを見たいです。

 本日はこれにて。


nice!(67)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る