So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイビスカスとアゲハチョウ  (7月27日) [庭の四季]

 きのうは雨の天気予報でしたが午前中は陽が出ました。この頃天気予報が当てになりません。

 午後2時ころでしょうか黒い雲がどんどん出てきて、そして雷。2kmくらい離れたところの雷でした
から恐ろしくはありませんでしたが強い雨が結構長く降りました。わが集合住宅と山との間の排水溝が
久しぶりに轟々音を立てていました。わが家の周辺では被害がありませんでしたが、神奈川県内では記録
的豪雨だったところもあリました。一時間の降雨量が80ミリのところがあり、海老名市では120ミリ。
道路冠水も多くのところであり、床上床下浸水もあり、1万世帯に避難勧告が出ました。土砂崩れなども
発生したようですが、怪我人が出なかったようですから、不幸中の幸いでした。今まで他県の豪雨による
被害をみて、神奈川県は自然災害がなくて幸せだと思っていましたが、いつ災難が降り掛かって来るか分
かりませんね。
 きょうも曇天ですが気温が低かった、25℃以上にならなかったのではないでしょうか。窓から吹き込む
風の心地よさ、エアコンも扇風機も必要ありませんでした。

 きょうは先日購入したニコンのコンデジ、B700の試し撮りです。庭で撮りました。うまく撮れなかっ
たのですが、いろいろアドバイスを頂き取敢えずピントが合うところまできました。


DSCN0339
 今年はハイビスカスが豊作です。鉢植えで二株ありますが、一日に5~6個咲いています。勿論、一個
も咲かない日もありますが。


DSCN0346
 望遠で引っ張って撮ったんですがシベがフレームアウトですね。超望遠というのでしょうか今まで使っ
ていた300mmに慣れていたので手持ちではレンズがふらつき被写体がフレームアウトしてしまいます。



DSCN0348
 唐綿(トウワタ) ガガイモ科 多年草です、そして花期が長いです。



DSCN0359   クロアゲハ 羽が傷んでいますね。



DSCN0362
 モンキアゲハ

 キアゲハも来るんですが、何故かハイビスカスに止まらずちょっと飛び回り去っていきます。



DSCN0367
 シオカラトンボ


 きょうの付け足し:タロウくん


DSCN0475
 ベランダで可愛くない、機嫌の悪い顔をしています。
 部屋の中では掃除機が稼働中。掃除機が嫌いで掃除機を見ると何処かに退避しますが、この日はベ
ランダでした。
 タロウくんは味、香りのわかるニャンコです。飲水ですが、スーパーから買ってくるペットボトル入りの
天然水?しか飲みません。ずーっと水道水を与えていたのですが、たまたま奥様が自分用に天然水を
マグカップに入れて置いていたらそれを飲み、それ以来水道水を飲まなくなりました。
 薬品の匂いが嫌なんでしょうね。

 きょうは短パンTシャツでは寒く感じました。暑い日は涼しくなれと云いながら・・・人は勝手です。

 本日はこれにて。

nice!(74)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

マートル  (7月243日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

  きょうは梅雨の晴れ間でした。明日は雨の予報が出ていましたので、青空も少しあり時々お天道
さんも顔を出すので行かなきゃなるまいと散歩に出ました。蒸し暑かったです。

 わが家のADSLくんは今年も夏休みを取るようになりました。暑くなっても休みを取りませんでした
から、今年は大丈夫なのかと油断していました。ネットがダウンしますので、皆様のところにお伺い
するのがままならずです、遅くなりますがお許し下さい。

 きょうのブログは児童遊園地のハーブガーデンです。いつも同じような内容ですみません。

DSC_9020
 マートル(銀梅花=ギンバイカ) フトモモ科 古くからハーブとして利用されている。
 ヨーロッパではめでたい樹でイギリスでは結婚式に花嫁のブーケに使われる。


DSC_9022




DSC_9009
 アップルミント(シソ科)



DSC_9012
 スイートマジョラム(シソ科)



DSC_9014




DSC_9023

 



DSC_9028     レッドヤロウ(キク科)



DSC_9035        錦木(ニシキギ) ニシキギ科  紅葉と云っていいのかな?

   29日(土)にはこども自然公園(大池公園)に行きました。土曜日だからでしょうか、ジョギングを
している人が多かったです。それと犬の散歩も多かった。
 犬と云えば、わたしとしては初めての犬種に会いました。それは真っ白のシェパードでした。真っ白の
シェパードがいるとは知りませんでしたから飼い主さんに聞きました。日本全国を見渡してもあまりいな
いようですが、横浜には何頭かいるようです。おとなしそうないい顔をしていました。時々、犬に遊んで
もらいますが、散歩の楽しいおまけですね。

 ここまでたどり着くのに何回が休憩しました。たくさん手抜きしました。

 本日はこれにて。


nice!(72)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感

姥百合(ウバユリ)  (7月24日) [横浜市こども植物園]

 戻り梅雨だそうです。梅雨が無かったと思っているわたしはこれからが梅雨じゃないかと。

 今朝は雲が多かったですが、「こども自然公園(大池公園)」に行ってきました。青空も見える天候でし
たが蒸し暑かったです。主目的はB700の試し撮りです。もしかしたらカワセミが見られるんじゃないかと
期待して行ったのですが、外れました。きのうの午後、2週間ぶりにお出ましだったそうですが、きょうは
見当たりませんでした。その他、後日アップします。

 花の少ない時期ですが、薬草園に行くといろいろの花が見られます。こども植物園の薬草園にて。

DSC_9088
 姥百合(ウバユリ) ユリ科  林の中で満開でした。でも、地味な花ですね。
                名前の由来:花が咲く時期に葉がないから(歯がない=姥:おばあさん)
                シャレで姥百合と名付けたと云われますが、葉はあります。



DSC_9062
 鰭玻璃草(ヒレハリソウ)ムラサキ科 別名:コンフリー  生薬名:コンソリダ根



DSC_9064
茴香(ウイキョウ)セリ科 別名:フェンネル 生薬名:茴香、香辛料 



DSC_9067
 ハナハッカ(シソ科) 別名:オレガノ、ワイルドマジョラム 用途:香辛料



DSC_9071
 大帽子花(オオボウシバナ)ツユクサ科
 ツユクサの栽培変種で青花(アオバナ)とも呼ばれ、江戸時代から京友禅の下絵を描くために使われる
 「アオバナ紙」の染料として花弁の青い色素が利用されてきた。



DSC_9078
 男郎花(オトコエシ)オミナエシ科  まだつぼみだった。



DSC_9080
 金水引(キンミズヒキ)バラ科   ミズヒキ(タデ科)とはまるで違います。



DSC_9083
 紫陽花(あじさい) アジサイ科 枯れゆく紫陽花も茶色に枯れた紫陽花も好きです。

 散歩していると木々の上の方から蝉の声がたくさん聞かれます。いろんな種類の共演です。足元を見ると
抜け殻をたくさん見つけられます。汗をかきながら、もうすぐ秋を迎えると思うと物悲しくなります。

 本日はこれにて。

nice!(77)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感

大賀ハス  (7月24日) [横浜市こども植物園]

 もう少しで東北は夏祭りを迎えます、そして月遅れのお盆を迎えるところも多いです。
 きのう本棚の整理をしました、本の整理ではなく印刷物などの不必要なものを捨てたのです。もしか
してと残しておいたものが、結局必要になることがなかったものが多いのです。

 そんな中に去年昭和31年3月に中学を卒業した同窓生の集まりがあり、その時亡くなった人たちの
名前が書かれた名簿を渡されました。一学年350人くらいだったと思いますが、その中で男性が45人
女性が9人亡くなっていました。すぐに思い出せる名前もありましたが、分からない人もありました。そ
れぞれみんな納得のいく一生だったのだろうと思いました。そして、思ったというより驚いたのは、男女
の割合です。45対9・・・やはり女性の方が長生きだということですね。


DSCN0268
 夏休みになりました。当園に遊びにくる子どもたちのために色とりどりの竹とんぼが用意されていました。



DSC_9039
 正門を入ってすぐのところの掲示板に「大賀ハスが咲いています、咲くのは午前中だけ」と出ていました。

 当園で見るのは3年ぶりかな、鉢に植えてあります。こういう形で育てるのは難しいらしい。
 花は早朝から開き昼には閉じます。そして開き始めてから4日目に散ります。
 大賀ハスは千葉県の天然記念物「検見川の大賀蓮」として指定されています。
 この株は分根された蓮根が千葉市より譲渡されたものです。



DSC_9036

 この日は風が強かった!花びらが飛ばされるんじゃないかと心配でした。



DSC_9037




DSC_9043




DSC_9054
 ハマボウ (アオイ科)


DSC_9049




DSCN0269 1200
 睡蓮(スイレン)  小さな池に一輪だけ。

  本日はこれにて。


nice!(74)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の高校野球   (7月21日) [保土ケ谷公園]

 夏がどんどん進んでいます。
 思っただけでも暑い暑い8月がもうすぐです。


DSC_8987
 保土ケ谷球場  手前は軟式野球場。

 夏の高校野球の県大会が進み、代表が決まったところもあります。神奈川県代表ももうすぐ決まるでしょ
う。甲子園で優勝校が決まる頃は北国では稲が穂を垂れ始め、秋風が稲穂の上を渡るようになります。

 遠く離れた母校の名前を年に一度新聞紙上で見ます。今、母校との繋がりはそれだけです。今年も早々
と姿を消しました。



DSC_8955
 公園内の水の流れの途中にある小さな池で今年はカルガモが3羽生まれました。
 池が造られて4~5年になりますか、3~3年前からカルガモが住み着いていました。この池に餌になる
ものがあるんでしょうか、大人も4羽いるようです。
 この子供の大きさは15cmあるかないか、元気に泳いでいます。



DSC_8918
 杜鵑草(ホトトギス)ユリ科  道端で咲き始めていました、今年初めてみました。
                 ちなみに鳥のホトトギスは不如帰。



DSC_8957
 花が少ない今の時期、シダが朝日を浴びて輝いていました。



DSC_8963
 何かの新葉。



DSC_8964
 エゴの木



DSC_8989
 待宵草(マツヨイグサ)? 



DSC_8972
 下野(シモツケ) バラ科  花の時期がそろそろオシマイなんですね、まばらに咲いていました。

 真夏は花の数が少なくなります。大事に撮りたいと思っていますが、もう紅葉が待ち遠しくなります。

 本日はこれにて。

nice!(69)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

ゴッホのひまわり  (7月13日~) [横浜市こども植物園]

  きょうは大暑でしたが久しぶりの曇天、朝、戸を開けたら心地よい風が入ってきました。最高気温は
30℃になったかな?
 きょうは月イチの山の手入れ作業日でしたが、涼しくて助かりました。下草刈りを2時間ほどしまし
たが、やはり汗だくになりました。
 11時半ころから「流しそうめんの日」でした。子どもたちは大喜びでした。小学校はきのうから夏
休みに入りましたから、子どもたちは伸び伸びしているように見えました。

 先日、ニコンのcoolpix B700を買いました。 コンデジはcanon cybershot G7を使っていたの
ですが、大分古くなりましたのでそろそろ買い替えかなと。 G7 は奥様が出かける時に主に使って
いました。新しいのを買ってわたしも時々使わせて貰おうと考えました。 コンデジはcanon がいい
のかなと思ったのですが、使っているデジイチがニコンですからあまり比較検 討することもなく
B700 に決定。「60倍」とありましたがその意味もよくわからず、遠くも写せるなら いいかと。

 試し撮りをしましたので写真を並べます。 一番気に入ったところが、軽いことそして取説が薄っぺ
らなこと、ハンデイサイズで表紙も入れて 70ページほど。薄いということは面倒なセットをすることも
なく写せるんだと納得。設定をあまり考えずに撮ってみましたので並べます。


DSCN0199
 思ったよりアンダーに撮れています。



DSCN0038

 背景が煩雑です、背景が近いからボケないのかな?コンデジはボケない?



DSCN0146




DSCN0155




DSCN0196DSCN0198




DSCN0111
 右側から夕方の強い光。花は飛び、蝶はアンダー・・・なぜ?


DSCN0315
  ピントが合いません。最短撮影距離はわかっているんですが。

DSCN0317
  いろいろ四苦八苦していたら何故か合いました。なぜでしょう?画像がシャープでないですね、なぜ?

 B700を使ってみて一番困るのは、例えば花にピントを合わせようとすると云うことを聞いてくれない
ところ。レンズを向けると勝手に、ここにピントが合っていますよ、と緑の枠が表示されます。ところが
ピントが合って欲しいところ、例えば2枚上の場合花にピントが合っていません。シャッターボタンを
半押ししても欲しいところにピントが合わないんでは困ってしまいます。



DSCN0073

 上も下も「ゴッホのひまわり」。左上はケラレた?何かで遮った?



DSCN0298

 ゴッホのひまわり  
    ゴッホは1888~89年に南フランスのアルル地方でひまわりを描きました。
それに描かれたアルル地方産の種をゴッホの絵と縁の深い、芦屋市文化協議会が
フランス在住の画家を通じて取り寄せ、これを1988年に当園が入手しました。
ゴッホが描いた「ひまわり」の2品種のうちの1品種である「ソレイユ サンプル
グラン」を植栽しています。もともとは油を採取するための品種です。(説明板)

 他に、メンデルのぶどう、ウイリアム・テルのりんご、ニュートンのりんごがあります。なんと云っても
こども植物園ですから。

 B700は少し使い込んでみなければならないですね。軽いですから散歩の時など便利に使いたいです。

 きょうは過ごしやすかったです。エアコンも扇風機も全く必要ありませんでした。ベランダの寒暖計
は真夏日にならなかったようです。

 本日はこれにて。

nice!(76)  コメント(21) 
共通テーマ:日記・雑感

ヤマユリや女郎花など。  (7月7日) [横浜市こども植物園]

  気象庁が梅雨明けを発表した途端にお天道さんは遠慮はいらないと照りつけます。梅雨は無かったと
わたしは思うのですが、それでもきのうから暑さは半端ではないです。

 まだ猛暑日にはなりませんが、グッピー&コリドラスの水槽の水温管理に気をつかっています。
 一応、24~28°cに水温を保つように気を配っています。暑くなってからは水槽の上部のカバーを外し
小型の送風機で水面に風を当てています。要は気化熱の原理の応用です。水を蒸発させて水温を下げる
のです。寒い時はヒーターを入れておけばいいので気楽ですが、9月まで長いですねえ。


 7月7日、こども植物園の花です。大分遡りますが、今でも咲いているものがありますので良しとし
ましょう。


DSC_8842
 ヤマユリ  グランドカバーの背の低い笹竹?の中から頭を出しています。



DSC_8856
 女郎花(オミナエシ) スイカズラ科 秋の七草 同じスイカズラ科のシロバナの男郎花(オトコエシ)
                        は後を追うように間もなく咲く。
                        秋の七草なのに梅雨時咲くのはなんだろう?



DSC_8861
グリーンオレガノ(シソ科)
用途:香辛料、生薬



DSC_8867
 小鬼百合(コオニユリ) ユリ科



DSC_8874
 ケムリの木 まだこんな状態です。



DSC_8884
 禊萩(ミソハギ) ミソハギ科 ミソギハギの略。ミソギは悪魔を払うこと。



DSC_8885
 この花の名前は不明。道端などにあり5mmあまりの小さな花で気になったのでパチリ。



DSC_8893
 バラ園の一画。



DSC_8897
 アガパンサス(ユリ科) たくさん種類があるんですね。



DSC_9483

 合歓の木 去年の6月末の花です。今年はタイミングが合わず撮れませんでしたので代理です。

 きょうは午前中8時半から10時半まで2時間散歩しましたが、風のせいでしょうか暑く感じません
でした。が、帰宅した途端に汗がドパーでした。

 本日はこれにて。

nice!(78)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

大磯町・アオバト(緑鳩)  (7月18日) [散歩・小旅行]

  きのうの雷はすごかった!久しぶりに恐ろしいと思いました。TVとPC のコンセントを抜きました。
あの状況では多分近いところに落雷があったと思います。雨もそれなりに降ってくれましたから助か
りました。台風3号以来の雨でした。一昨日からわが家の近辺でクマゼミ、ヒグラシ、ミンミンゼミの
鳴き声が聞かれるようになりました。夏本番というところでしょう。

  気象庁は当地もきょう梅雨明けしたと発表したようです。わたしは上に書いたように台風3号のとき
ときのうしか降っていないので今年は梅雨は無かったと思っているんですが、雨が降ろうが降るまいが
梅雨前線が停滞していれば梅雨なんですね。


 きのう(7月18日)は神奈川県中郡大磯町にアオバト(緑鳩)を見に行ってきました。

 家を出たのは午前7時。早く出たのは、涼しいうちにということともうひとつ意味があります。

DSCN0245
 大磯駅に8時過ぎに着き、15分ほど歩いて目的地・照ヶ崎海岸に8時20分ころ到着。

 堤防から小田原方面を見ると・・・富士山は見えず丹沢山地も霞んでいます。



DSCN0244
 アオバトが飛来する岩礁です。アオバト撮影の人々がいらっしゃいます。が、少ない。



DSC_8930
 撮る位置まで前進。ところがベタ凪です、岩礁に当たって砕ける波しぶきが見えません。これは
問題です。



DSC_8926
 岩礁が乾いていました。アオバトは飛沫で岩礁の窪みに溜まった海水を飲みます。なぜ海水を
飲むのか。アオバトの食べ物(果実)にナトリウムがほとんど含まれていないので、果実からの栄
養分や水分を体内に吸収するために海水吸飲(体内のナトリウム・カリウム濃度を確保)を行って
いるのではないかということが分かってきたそうです。



DSC_8939 1200
 飲む水がないので困っているように見えます。
 どこに住んでいるんでしょう。大磯から20~30キロメートル離れた丹沢山地からの飛来が証明され、
2002年には丹沢での繁殖が確認されました。



DSCN0239



DSCN0241



DSC_8938
  いつ飛来するんでしょう。
  5月初旬から10月ごろまで続き、7月から8月にかけてピークを迎えます。梅雨の明けた天気の
良い日に多く飛来します。時間は早朝、日の出から10時ごろまで(早朝の方が大きな群れが観察
されるチャンスが多い)と夕方が見やすいです。だからわたしは早く家を出たのです。

 


DSCN0235
 10月から4月まではどうしているんでしょう。
  厳しい冬は西日本方面に移動し、中でも京都御苑は有名だそうです。どんぐりのある関西方面の
神社や公園でひっそりしているそうです。日本以外でも南西諸島や台湾、中国では冬鳥として生息
しているそうです。「オーアーオー」と聞こえる独特の声で鳴くそうですから、皆さんのところでも聞か
れているかもしれませんよ。

 冬の間は海水を飲まなくてもいいのでしょうか、いいようです。栃木県など海無し県に住むアオバ
トは海水を飲まなくてもいいそうですから、不思議です。

 この日は凪いでいますから、岩礁の上でのんびりしているように見えます。しかし、海の荒れてい
る陽は高波に呑まれて生命を落としたり、ハヤブサに襲われて生命を落とすこともあるのです。この
日は上空を飛ぶハヤブサの姿はありませんでした。



DSCN0259
 大磯駅です。



DSCN0260
 駅から広い道を挟んで大きな森が見えます。ここは旧岩崎邸跡です。現在、ここには澤田美喜
記念館、エリザベスサンダースホーム、小、中学校などがあります。



DSCN0253
 広大さを見るために駅とは反対のところを撮ってみました。
 この森をアップした理由があります。それは照ヶ崎海岸にアオバトが飛来するのはなぜだろうと
いう理由に、この森が絶好の休憩地になっているからではないかということです。
  この森ではたくさんのクマゼミの鳴き声を聞きました。

 この道を進んでいくとこの森に抱かれるように



DSCN0256
 真言宗地福寺があります。

 この山門をくぐってすぐの左側に



DSCN0257

 梅の老木に囲まれて島崎藤村のお墓があります。左側には狭いですが静子夫人のお墓が並ん
でいます。梅の季節は華やかでしょう。

 大磯は、吉田茂や明治の宰相、経済界の重鎮の別荘や邸宅があることで知られていますが、
暑くなることが予測できましたのでどこにも寄らず帰宅しました。11時20分ころ帰り着きましたが、
午後の久しぶりの雷に震え上がり、早く帰って良かったと思ったのでした。

 長くなりますがちょこっと付け加えます。
 上の写真は常用しているデジイチではなく、先日購入したニコンのCoolpix B700で撮りました。
今回はその試し撮りでした。なれないものですから大変でした、日中でしかも外ですから画像モニ
ターが見えず、ファインダーも常用のものに比べると狭く見難く、構図もよく見ずに適当に撮ったも
のです。尚、5枚目から8枚目のアオバトの写真はトリミングしてあります。9枚目はブログ用に
リサイズしました。

 長々とお付き合い頂きありがとうございました。

 本日はこれにて。


nice!(78)  コメント(25) 
共通テーマ:日記・雑感

三渓園・竹の花。  (7月3日) [横浜散歩]

  きのう一昨日と野暮用と暑さで散歩をサボりましたので、きょうは涼しいうちに散歩しようと7時に出掛けました。思惑は外れました、曇り空だからとか林の中を歩くからとか考えていたのですが風がソヨとも吹かず1時間半の散歩で汗みずくになりました。

 国会はお休み中ですが、真夏の夢のようなことで動いているようです。先生方が大勢集まって話し合いをするそうですが、丁寧に説明すると口癖のようにおっしゃる首相はどんな説明をするんでしょう。想像するに、指示したことはありません、知りませんということの連発でオシマイにして、丁寧に説明したと云うんでしょうね。指示したことはないからないとしか云えないですよね、知らないから知らないとしか云えないですよね。平行線でしょうね。

 今年の流行語大賞になるのではと云われている「忖度」ですが、加計学園関連で使われているのはその意味合いが違うのではないかと思っています。
 忖度とは、相手の心や本音を物差しではかる、他人の気持ちを推し量るということのようです。

 一方、同じような言葉で「斟酌(しんしゃく)」があります。この意味ですが、これも辞書で調べてみると、「相手の事情や心情をくみする事」また「くみ取って程よく取り計らったり、手加減する事」とあります。 

 単純に相手の心情を推し量っているのが「忖度」で、「斟酌」のほうが推測という意味合いが大きくなります。そして相手の心情を推し量った上で、それを汲み取って何か処置をするのが「斟酌」になります。

 首相の心情を推し量っている、汲み取っているだけでなんの処置もしなかったから、忖度になり斟酌にはならないんでしょうね。

 さて、前川さんと官邸筋の話はわたしが忖度すると前川さんを信じることになりますね。
 夏の夜の夢でした。


 7月3日、三渓園の続きです。

 園内をウロウロしていましたら、下の写真のような表示を発見しました。これは探さなくてはならない。

DSC_8778

 竹の花は数十年に一度咲くと云われています、ぜひ見なければなりません。

 帰宅後、大明竹(タイミンチク)をネットで調べて見ました。

 イネ科の小型のタケ。中国より伝えられたものといわれていたが,沖縄の本部半島に
自生しているのが知られた。常緑のタケで,高さは3~5m。観賞用として庭園などに栽植され,稈が密に叢生する。細長い葉が多数つく。花はあまり咲かない。(ネットから)



DSC_8758
 沖縄が原産なんですね、3~5mの高さになるということですが、ここには1.5mくら
いの細いものが生えていました。

DSC_8745 1200
 年を経るとこの写真のように稈が太く密生するんですね。稈先の笹が垂れ下がり稈は
傾いていました。


DSC_8756

 これが枝先です、そして白くぶら下がっているのが花のようです。



DSC_8757



DSC_8771
 これを見て何かの花を思い浮かべられたらすごいです。




149681842050598502177_IMG102_6421t2_1200  大明竹
 わたしが撮った写真ではわからないと思いますのでネットからお借りいたしました。
 これでお分かりと思います、稲の花がこの様な形です。竹もイネ科ですから似てい
て当然ですね。

 探したり写真を取ったりで小一時間費やしました。この花は時期が少し遅かったよう
です。この竹の花は数十年に一度、或いは百二十年に一度咲くと云われますが、果たして
どうでしょう。

 


DSC_8810
 昼飯の時間も過ぎていましたので、池と舟の写真を撮って帰りました。手前のハナショ
ウブがもうオシマイだったのが残念です。

 前回、何か期待できるようなことをアップするとかきましたが、期待はずれだったでしょう。お許しください。

 本日はこれにて。

nice!(78)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

三渓園・蓮、睡蓮、紫陽花  (7月3日) [横浜散歩]

  朝のTVの天気予報を見ると「きょうが一番の暑さ」と毎朝云っています。当地も7月2日以降
真夏日ですが、32℃くらいですから35℃を越すところに比べれば楽なもんですね。

 この頃、夜になっても喉が乾いた感じがし、水分を取るんですが、これは体が水分を欲しがっ
ているということでしょう。熱中症の予備軍になっているのかなと思い怖いです。


 7月3日は三渓園に行きました。蓮の咲き具合は少し早いかなと思ったのですが、行ける
時に行ったほうがいいと考えました。

DSC_8669
正門を入ってすぐのところ、必ずここで大池と舟と三重塔を撮ります。
いつもですが青空になりません、C-PLは付けているんですが安物だから?



DSC_8665
 この日の目的は勿論「蓮」です。想像通り咲いているものが少なく、撮りやすい近くにはほとんど
ありませんでした。取敢えず見られたので満足でした。



DSC_8676


DSC_8680




DSC_8681
 睡蓮の開花もほんの少しでした。


DSC_8686


 まだ紫陽花にこだわっています。


DSC_8713
 紫陽花一輪の向こうに「臨春閣」



DSC_8716

 「聴秋閣」の裏側の竹と紫陽花一輪」



DSC_8791
紫陽花と「横笛庵」



DSC_8784
 「臥龍梅」と紫陽花。

  ハナショウブも終わっており、紫陽花もそう多くなくて・・・でもまあまあだったと思います。

 長くなりますのできょうはここまでにしますが、次回は面白いものをアップしようと思っています。
 ただし、なにこれとなるかもしれませんから期待しないでください。

 本日はこれにて。


nice!(75)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る