So-net無料ブログ作成

作業展示場  (8月25日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

前回、タロウの症状を書きましたが、皆さんにお気にかけていただき、ご心配をおかけしました。
ありがとうございました。
まだ安心できる状態にはなっていませんが、タロウも頑張っています。

きょうも残暑が厳しかった!
8月がいつか来てきょうで去っていきます。毎日が日曜日のわが家ではどこかへ
出かけたという思い出もなければ、孫が来て賑やかになることもありませんでした。
なにか記憶に残ることは・・・ありません。
毎日TVで報じられる殺人事件と猛暑・酷暑それに台風に翻弄された一夏でした。
メモを見て驚いたのは、8月中のカメラを持っての散歩は7日だけでした。
少なかった理由は暑さの中に出たくないということだったのでしょう。


8月25日の児童遊園地(環境活動支援センター)です。

DSC_7337 実習展示場

環境活動支援センターの「実習展示場」です。中に入ったことはありません。
赤いこのような形の屋根を見ると牧場・農場を思い出します。

環境活動支援センターは、みどり(樹林、公園、農)の分野での人材育成を中心に、
市民の環境活動を支援する事業を進めています。
主な施設は、本館、交流スペース、野菜温室、花温室、圃場、実習展示場、
ハーブガーデン、などがあります。
年に数回野菜や花の苗の即売があります。
環境活動支援センターは、児童遊園地といっしょのところにあります。
どこからどこまでが環境活動支援センターでどこからどこまでが
児童遊園地かわかりません。年中散歩が楽しめます。



DSC_7336 ハナミズキ 実

花水木(ハナミズキ)の実。もう秋の気配。



DSC_7341

なんというきのこでしょう、大きな木の切り株に出ていました。
こういうきのこを見てもサルノコシカケしか名前が浮かびません。



DSC_7268

公園にはいろいろの看板が出ます。
「マムシがいます、要注意」とか「カラスが子育て中で危険です。要注意」とか
「蜂の巣があります。通行禁止」とかいろいろですが、これなどは微笑ましく思います。



DSC_7340 萩

もう9月ですね、この秋はどこに萩を見に行くか・・・暑さがまだまだ厳しいので
萩の気分ではないですね。9月の半ばになったら鎌倉の宝戒寺を訪れようと考えています。



DSC_7359 ニシキギ

錦木(ニシキギ)  この木で花も実も見たことがないと思うのだが・・・。

タロウくんはまだ食欲が戻りません、ほんの少し食べるだけ。食べないからでしょう
腰が定まらずよたよたと歩いています。
当分の間、一日置きに点滴をすることになっていますが、症状が安定したら病院で
ではなく、わが家で点滴をすることになります。只今、点滴の特訓を受けています。
一応、医療行為になるということで先生の検定で合格しなければできません。
頑張っています。

本日はこれにて。


nice!(72)  コメント(21) 

夏ですからヒマワリです。  (8月18日) [横浜市こども植物園]

きのう(8月28日)はタロウを動物病院に連れていきました。
朝起きてタロウのトイレをチェックしたところ一度もおしっこをしていませんでした。
こんなことは初めてです。腎臓を病んでいるタロウが、一晩中おしっこをしていないということは
大問題です。

思うところがあってきのうは今までの病院でないところに連れて行きました。

6月末の血液検査やそれによる治療を話しましたが、それについての新しい先生の考えは
大幅に違っていました、もっと点滴の回数や薬の量が多くなければならなかったと。
血液検査をしたところひどい数値になっていました。二ヶ月の間に症状が進んでいたのです。
腎臓がおしっこを作れない状態になっていたのです。

今後の治療は二日に一度点滴をして、まず危機的状況を回避することになりました。

点滴と薬剤投入をしたので、夕方にはおしっこをするでしょうと云われましたが、
夕方どころか夜になってもおしっこはしません。水も飲まず勿論食欲もなし。
歩く姿も寝ている姿もよれよれでしたから、相当の確率でタロウの死を考えました。

バンザイです! 今朝、4時か5時かはっきりしませんが、おしっこをしたのです!
良かった!と思いました。
それから1時間か1時間半毎に何回かおしっこをしてくれました。
午後2時半にはおしっこをして餌も少しでも食べてくれました。
点滴はわが家でわたしや奥さんができるそうです。早くそうなってほしいと祈っています。

病院を変えてよかったと思っています。


きょうは8月18日の横浜市こども植物園の花たちです。

DSC_7300 ヒマワリ(コング)

ヒマワリ(品種名:コング)
これは高さが2.5mくらいでしたが、4mくらいになる品種だそうです。



DSC_7303 シュウカイドウ

秋海棠(シュウカイドウ)シュウカイドウ科



サクラタデ

桜蓼(サクラタデ)タデ科



DSC_7275 カワラケツメイ

河原決明(カワラケツメイ) マメ科 薬草 花の大きさは5mmくらい。



DSC_7306 ハマユウ

浜木綿(ハマユウ)ヒガンバナ科
茎のいただきにたくさんの花をつけるが、終わり近くで傷んでいたので一部を撮影。
漢字の花の名前になにか思い当たる方がおられればその方はお年しを召していますね。

精神的に疲労困憊を理由にきょうもエコの内容になりました。

本日はこれにて。


nice!(70)  コメント(26) 

ツツジでしょうか?  (8月18日) [横浜市こども植物園]

暇に任せて積み上げられている雑物を整理していたら、一枚のメモがあった。
いつ何から引き写したか覚えていない。

私たちの生活は常に不安定な基盤に成り立ち、何度も自然から不条理な
目に遭わされてきた。


8月18日の「横浜市こども植物園」です。

DSC_7293

上も下も同じ木です。上は8月18日で下は4月21日です。
4月21日はツツジの季節ですからツツジだと思っていましたが、花数が
少なくなたとはいえ4ヶ月も咲いているのを見るとなんだろうと疑問です。DSC_4283



DSC_7292 タマアジサイ

タマアジサイが咲き出しました。


DSC_7280 フヨウ

芙蓉(フヨウ) アオイ科


DSC_7284 ムクゲ

木槿(ムクゲ) アオイ科


IMG_8681 ハマミライ

ハマミライ 横浜港開港150周年記念のバラ。


きょうの付け足し: カマキリ


DSC_7391 2 DSC_7387 2

今朝、ベランダに小さなカマキリが遊びに来ました。5cmか6cmくらいの大きさ。
左側;奥様が手を伸ばしたらにらんでいました。

右側;奥様の手の上にのったのカマキリ(手が皺だらけ)。

本日はこれにて。


nice!(69)  コメント(20) 

ギボウシと夫婦狸。  (8月20日) [神社仏閣]

  きょうも残暑が厳しかったですね。熱帯夜が続いていますが、昼にはベランダの寒暖計が36℃を指して
いました。が、猛暑日にはなりませんでした。
 長期の天気予報では秋が来るのが遅いようです。というのは暑さが続くということですね。今年も秋は
ないかもしれません、夏の次は冬ですね。

 この日(8月20日)は久しぶりに星川の「光栄山法性寺」を訪れました。そろそろ秋明菊が咲く頃だと
思ったものですから。
 いつものように保土ケ谷公園を縦断します。今の時期は花がありませんが、少しありました。

DSC_7313

 ギボウシ(キジカクシ科)


DSC_7315



DSC_7317



DSC_7318
  蔓穂(ツルボ) キジカクシ科  ここの一帯には毎年群生するんですが、まだ咲いていません、今年は遅いようです。
                    貧弱ですね。


 以下が法性寺さんで撮ったものです。花が少ないのでいろいろ撮ってみました。


DSC_7326  
 手水舎 水が出ているのを見たことがありません。


DSC_7322  鐘楼


DSC_7324DSC_7325

 本堂の入り口の左右に鎮座している狸の夫婦です。


DSC_7323
 このとき訪れた目的はこれでした、秋明菊。まだツボミでした。


DSC_7321
 芙蓉(フヨウ)  アオイ科

 台風19号、20号の影響は殆どありませんでした。よかったですが、またまた土砂災害の被害を受けた
ところがあります。お見舞い申し上げます。
 知る限りでは人命被害はなかったようですから良かったですね。
 温帯低気圧になったとはいえ北海道方面は大変ですね。まだ8月です、これから台風は何個来るんで
しょう。

 本日はこれにて。


nice!(76)  コメント(26) 

小さな野の花 いろいろ。 (8月17日) [こども自然公園(大池公園)]

 きょうは雲が多くなったり風が吹いたりそして蒸し暑かったです、台風20号の影響でしょうね。
昼頃、用事で少し歩きましたが汗だらけになりました、湿度ですね。台風で被害が出ないことを祈ります。

 きょうもwowowで先日見た米国映画のことを少し書きます。
 「ドリーム」という映画です。NASAのマーキュリー計画を陰で支えた黒人の女性たちの奮闘の実話
でした。ものすごい黒人差別があるのですが、それを変えていくのは白人の上司。日本でも今、女性の
活用が盛んに云われていますが、ほんとうの意味でそれを進めようというお偉いさんがいるんだろうか
と思いました、東京医科大学のことなども考えながら見ていました。


 きょうも8月17日の「こども自然公園(大池公園)」です。
 花は期待できないだろうなと思って行ったのですが、草の中に小さな花があり楽しめました。地味な
小さな花だけですが見てやってください。名前が違っているかと思いますが、教えてください。

DSC_7175 キツネノマゴと蜂
 小さなキツネノマゴと比べると大きな蜂ですね。  モリガメさん ⇒ キンケバラナガツチバチ


DSC_7173 アキノタムラソウDSC_7178 ゲンノショウコ
 アキノタムラソウ 今、たくさん咲いていました。               ゲンノショウコだと思うんですが。


DSC_7190 ミズカンナ
 ミズカンナ  まだ残っていました。


DSC_7221 サジガンクビソウ
 サジガンクビソウでいいのかな?


DSC_7234 ガンクビソウ
 ガンクビソウだと思うんですが・・・ピンぼけですね。


DSC_7239 コヤブタバコ
 コヤブタバコ  これも自信なし。


DSC_7227DSC_7232
 ヒメキンミズヒキ?                                  キツネノボタン?        



DSC_7230 ノアザミ
 ノアザミ  アザミを見るとみんなノアザミと決めています。


DSC_7242 ツルボ
 少し早いんですがツルボの咲き始めではないかと。


DSC_7248 ツユクサ
 露草(ツユクサ) 朝咲いた花が昼にはしぼむ、儚い露のようにと云われていますが。


DSC_7255 ヒヨドリバナ
 鵯花(ヒヨドリバナ)

 わが家の周りのセミたちの声が静かになってきたように感じるんですが、季節が進んでいるんでしょうね。

 本日はこれにて。


nice!(77)  コメント(20) 

教育水田と彼岸花。  (8月17日) [こども自然公園(大池公園)]

  きょうは五日ぶりに真夏日になりました。残暑特有の陽の強さを感じました。とは云っても室内では湿度が
低いからでしょうか、扇風機で間に合いました。

 きょうも「こども自然公園(大池公園)」です。

DSC_7198

 ↑ ↓ 教育水田  こども自然公園を訪れる楽しみのひとつは、近隣の小学校2校が田植えや稲刈りをして
           稲作りを勉強している教育水田を見ることです。
          田植えをして2ヶ月・・・実るほど頭を垂れる稲穂かなの状態になりつつありました。

DSC_7204



DSC_7219 2
 水田の周りではトンボがたくさん飛んでいます。ほとんどシオカラトンボです。これは♀ でいいのかな?

DSC_7200DSC_7203
 シオカラトンボでいいと思うんですが、左と右ではちょっと違って見えます。種類が違うんでしょうか?

DSC_7250
 子孫繁栄!

DSC_7217
 水田に沿って通っている遊歩道の法面に彼岸花が咲いていました。まだ咲いていないと思っていました
のでびっくりです。

DSC_7215
 このチョウはあまり見たことがないんですが、モンキチョウでいいのでしょうか?

DSC_7208



DSC_7213

 毎日2Lの水を飲むように云われているんですが、きついです。しかし、少し慣れてきました。900ml
の水筒を午前1本、午後1本飲めるようになりました。他に食事の時など飲みますから、2Lはクリアして
いるでしょう。
 気になるのは胃に水をどんどん入れたら胃液は薄められ食べたものの消化に良くないんじゃないかと。
胃が少し重く感じ、時々胃腸薬を飲んでいます。

 いつフリーズするかとビクビクしながらブログを書いています。そんなわけで省エネで御免こうむります。

 本日はこれにて。


nice!(74)  コメント(31) 

秋の気配。  (8月17日) [こども自然公園(大池公園)]

  きのうはブログを更新する日でしたが、PC の調子が悪く更新できませんでした。失礼いたしました。
 PC の不具合ですが、画像修整ソフトでブログ用の画像をリサイズしていたら突然フリーズし、何を
しても動きませんでした。そこで電源を落とし始めから立ち上げたところ、モニターは真っ黒で
「ドライブのスキャンおよび修復中(C:):0%完了しました」と表示され、ポインターはくるくる回って
いました。修復中だからとそのままにしていましたが、0%が10%などと増えません。PCの寿命かなと
半分諦めました。ところがやっと8時間ほど経った時10%になり、可能性があるとホッとして待ちました。
修復が完了したのは12時間後でした。
 今朝も一応使える状態になっていますが、ちょっと不安定です。いつダウンするか。原因は画像修整
ソフトが不具合を起こし、なにか悪さをしたようです。


 昨日の朝は19.5℃、今朝は18,5℃でした。最高気温も三日続けて真夏日になりません。日中はまだ
暑いですが、朝は涼しいというより寒いと云ったほうが良さそうです。空気も乾燥し、しのぎやすいで
すね。しかし、暑さがぶり返したらと思うとたまりませんね。

 8月17日は風の強い日でしたが、一ヶ月ぶりに「こども自然公園(大池公園)」に行ってきました。
秋を感じる草花がないかなと・・・きょうから三回に分けて並べます。

DSC_7282
 秋の空を感じる巻雲はこんな雲ではなかったでしょうか。



DSC_7165
 山の上の柱は野球場の照明灯です。子どもたちの軟式野球用だったと思います。



DSC_7167
 大池の小島の紅葉。だいぶ色づきました。



DSC_7183
 中池の島も黄色くなり始めていました。カワセミの姿なし。



DSC_7188
 ヤマボウシの実。色づき始めました。



DSC_7196



DSC_7252
 臭木(クサギ)。名前が良くないね、枝や葉っぱが薬品の匂いがするが花はいい香りです。
 これは夏の花ですよね、秋の気配ではないですね。

 季節は進んでいます。チチチチチ チチチと虫が庭で鳴いています。今朝は家の中で鳴いていました。
どこから入ったのでしょう。

 また更新がない時はPCがトラブっていると思ってください。新しい物を買うべきかなと考えているん
ですが・・・同じお金を使うならレンズのほうがいいかななんて。

 本日はこれにて。

nice!(81)  コメント(28) 

英連邦戦死者墓地で黙祷。 (8月16日) [横浜散歩]

 この夏の天候はなにか例年と違いますね、いや高温というだけでなく。昨夜もTVを見ていると東北地方
で土砂災害の警報が出たり、大雨・洪水警報が出ていました。局地的な災害が全国各地で日替わりで起き
ています。

 当地は晴れの日が多いですが、きょうはこの間の台風よりも強い風が吹いていました。歩く時、涼しさを
感じて都合が良かったですが。

 きょうは横浜市保土ケ谷区狩場町にある「英連邦戦死者墓地」に行ってきました。
 毎年、8月15日に訪れているんですが、きのうは野暮用で行けませんでした。

 8月15日は一般に「終戦記念日」と云われていますが、わたしは「敗戦を忘れない日」といつからか
勝手に云っています。戦争が終わってから73年経ちました。大東亜戦争を戦った世代は少なくなりました。
しかし、この戦争は語り継がれなければならない、聞かなければならないと思っています。その思いを持
ち続けたいがために英連邦戦死者墓地に一年に一度行っているのかもしれません。


DSC_7154
 ここは「英国区」です。きょうはここだけを訪れました。他にオーストラリア、インド、パキスタンに
それぞれ1区画、カナダとニュージーランドに合同で1区画設けられています。第二次大戦中の戦死者、
計1,555人が葬られています。毎年書いていますのでこれ以上は書きません。
(なぜ日本に墓地があるのか、英国は死亡したところに埋葬します。米国は本国に移送して埋葬します。)


DSC_7150
 兵隊としてあるいは銃後の守りとして亡くなった人が日本では310万人と云われています。全世界では
戦争の犠牲者は8千5百万人とも云われています。わたしがこの地に立って黙祷するのもすべての犠牲者に
対してです。戦争は絶対にしてはいけないのです。



DSC_7159
 この墓地は、といいますか土地にはいろいろ歴史があります。わたしが週一くらいで行っている
児童遊園地とは敷地を接しています。樹木が多いところです。


DSC_7162



DSC_7164 2
 フカフカの芝生、5cmは大げさかなでも3cmはある、に囲まれた墓石には名前、所属、出身地、年齢
などが刻まれていますが、親や兄弟の思いも刻まれています。その思いは世界中のどこの人種でも同じ
ですね。


DSC_7146
 正門

 本日はこれにて。



nice!(79)  コメント(19) 

アオバト 大磯・照ヶ崎海岸  (7月31日) [野鳥]

  昨日の朝は7時半すぎから1時間半弱、庭の草取りをしました。
 雑草が茫々で気になっていたんですが、暑いことから外で作業をすることを控えていました。しかし、
前日の天気予報では曇りでした。ところが起きてみると晴れ。それでもわたしの脳はこの日は曇りだから
草取りをするとインプットされていたのでやめるわけにはいきませんでした。

 本当はベランダから見えるところの一部だけをするつもりだったんですが、やりだすと途中で止める
ことは難しいんですね。

 汗が全身から吹き出しました。滂沱という表現は涙の時使うんですね。でも、滂沱を使いたいほどの
汗でした。

 きょうは7月31日に行ってきた大磯町・照ヶ崎海岸のアオバトをアップします。帰宅してチェック
したら、ピンぼけで色も出ていませんでした。三脚を立て岩の上を撮る時は置きピンで撮ったのに
何故か殆どがピンぼけ。アオバトの色が出ていないのはWBの失敗かも。

 少し程度のいいのを行ってきた証拠にアップします。勿論、トリミングしています。

IMG_8643
 JR大磯駅から歩いて10分ほどで堤防に着きます。堤防の上からの眺め。 この岩場にアオバトが飛来
します。まだ9時半だと云うのに暑さに負けて撤収する人が多く、この時間では数人が三脚を立てて
いるだけでした。
  


IMG_8644
 堤防の上から振り返ると緑の森が見えます。手前の下にプールが有り、上の白い建造物は西湘バイパス。
この森のなかにエリザベス・サンダースホームや澤田美喜記念館があります。行った日はセミの鳴き声が
凄まじかった。



DSC_6945
 このように団体で飛んできます。この群れももっと大きな群れでした。どこなら来るんでしょう。
20~30km離れた丹沢山地から来ると云われています。海水を飲むのに適した岩場があり、そして上の
写真の緑の森が休憩地となっているようです。
 飛来時期は5月から10月までで7月8月がピークです。時間は日の出から10時ころまで。



DSC_6959
 岩場のくぼみに貯まる海水を吸引します。
 なぜ海水を飲むのかもはっきりしませんが、アオバトの食べ物(果実)にナトリウムがほとんど含まれ
ていないので、果実からの栄養分や水分を体内に吸収するために海水吸引(体内のナトリウム・カリウム
濃度を確保)を行っているのではないかということがわかってきた。
 この日も波しぶきが弱く岩場の上まで海水が来ていません。
高い波の来る日はアオバトは波に翻弄されて命を失うこともあります。あるいは、この日はいませんで
したがトビに襲われることもあります。



DSC_6970



DSC_6928
 ここ、大磯照ヶ崎海岸は「大磯照ヶ崎のアオバト集団飛来地」として神奈川県の天然記念物に指定さ
れています。
 もう一つ大磯海岸には記念碑があります。大磯は海水浴場発祥の地です。
海水浴の効能を蘭書で知った元軍医総監松本順が大磯に宿泊した折に大磯海岸を訪れ、海水浴場に合致
することを確認し、1885年(明治18年)に大磯海水浴場は誕生した。
 海水浴は遊びではなく病気の治癒が目的だったんですね。温泉と同じですね。



DSC_6939



DSC_6952
 冬の間はどうしているんでしょう。西の方に移動します。京都御苑などで小群でひっそりと暮らして
いるのが見られるようです。そして、冬の間は海水は飲みません。



DSC_8939
 これは去年の7月18日に撮ったものです。トリミングしています。今年もこのように撮れると
思っていたのですが、何かをミスりました。



IMG_8645
 三脚を立てカメラをセットして撮り始めたのが9時半。上からはお天道さんに照らされ、下から焼けた
砂利石にあぶられ10時早々に撤収。振り返った景色です。小田原方面です。雲の辺りに富士山が隠れて
います。

 満足の行く結果にはなりませんでしたが、季節の物を今年も楽しませて貰いました。

 今日の写真の一枚目と二枚目それにオシマイの一枚はキャノンのコンデジ Power Shot G7で撮った
んですよ。古い古いもので画素数は1000万画素です。わたしにはこれで十分だと思いました。

 本日はこれにて。

nice!(75)  コメント(31) 

レンゲショウマ  (7月30日) [横浜市こども植物園]

  雨が降っていると感じていましたが、朝には上がり、きょうは涼しいだろうと起きがけにベランダ
の寒暖計を見たら25℃。それ程涼しくありませんでした。日中は曇りでしたが、お天道さんが顔を
出さないとそれだけで涼しく感じますね。

 きのうは8時半過ぎに家を出て・・・遠くに行きたくないので、こども植物園に向かいました。
歩くと汗が出るのでバス停3個ですがバスに乗ることに。時刻表を見て気がつきました。きのうは
祝日だったんですね、何の日かわかりませんでしたが。

 こども植物園も花はありません。それでも1時間ほどぶらついて何枚か撮りました。帰宅して
画像をPCに取り込んだのですが、昼食後使える写真があるかチェックしようとしたら、ないんです。
取り込んでおらずしかも消去しちゃっていました。骨折り損の草臥れ儲けです。だんだんボケてき
ていますので対策を立てないと駄目ですね。カードリーダーをを使うべきでしょうか。

 きょうは7月30日に横浜市こども植物園で撮ったモノをアップします。

DSC_6868

 ↑ ↓ ↓((蓮華升麻(レンゲショウマ) キンポウゲ科 花期が意外に短く、見逃すところでした。

DSC_6866DSC_6867



DSC_6884
 旱蓮木(カンレンボク)の花序。 オオギリ科 バナナの形状の実が金平糖状に付く。


DSC_6899DSC_6901
 なんでしょう?ムラサキシジミでしょうか?


DSC_6895
 オオバナジキタリス (オオバコ科)


DSC_6896
 薄紅立葵(ウスベニタチアオイ) アオイ科


DSC_6864
 マユミ(ニシキギ科)

 本日はこれにて。

nice!(69)  コメント(18) 

池の周りに  (7月30日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

  台風13号は前宣伝は大きかったのですが、コースが少し海の方にずれたお陰で当地から遠ざかったので
風はちょっと吹いたかな、雨はあまり降らなかったな程度で被害もなくすみました。神に感謝です。

 台風一過ですね、きのうは雲が多かったですが、きょうは快晴でいずれも真夏日です。きのうもきょうも
買い物があったので歩きましたが、汗だらけになりました。湿度が高かったんでしょうね。

 こう暑いとできるだけ外出はしたくありません。扇風機の風に当たりながら、録画していたアメリカ
映画を見たりしています。
 先日見た映画は「トゥルー・クライム」。クリント・イーストウッド監督主演。 死刑執行当日、無実の
死刑囚を救うために奔走する落ちぶれた新聞記者の姿を描くサスペンスです。ストーリーは別として、
わたしが感じたのは死刑を執行するということが刑務所の所長はじめ関係者にどれだけ負担をかける
かということです。
 刑の執行の準備が始まっても、もしかして市長から中止の電話が入るかもしれない、穿った見方を
すれば中止の電話が入ってほしいとみんな電話を見つめます。
 最近、死刑反対論が論じられていますが、どんなもんでしょうね、考えさせられる映画でした。


  きょうは7月30日に「児童遊園地」で撮った写真をアップします。
 今日撮ったところは山と山に挟まれた平地で、運動場や池や畑のような花壇や梅園があるところです。

DSC_6908 キバナコスモス
 黄花秋桜(キバナコスモス)  どこにピントが合っているんでしょう。
 ここは30アールくらいの広さがあります。一年中なにか植えてあります。



DSC_6904
 これは百日草でしょうか、上のキバナコスモスと花壇を二分するように植えてあります。
 花を撮っていたら何か動くものがありました。見ると黒いアゲハです。シャッターを切りましたら
飛んでいる蝶が写っていました。完全ではありませんが、わたしにも飛んでいるものが撮れたという
ことでアップしました。これはモンキアゲハですよね。



DSC_6902 ジュズダマ
 数珠玉「ジュズダマ」 イネ科 秋には黒い実がつく。この実が数珠に利用されたのでジュズダマ。
 今年もまた咲いてくれました。



DSC_6911 クリ
 栗の実も成長しています。



DSC_6832
 鹿の子百合(カノコユリ)でいいのかな?


DSC_6804



DSC_6918 ショウジョウトンボ

 これはよく見る赤とんぼとは違い、ショウジョウトンボと聞いた記憶があります。
 毎年、カワセミの出る池で見られます。この頃、カワセミが見られません。どこに行ったのだろう。


 きょうの付け足し:今は亡きモモと元気なタロウ。


img013

 本棚に入っていたアルバムを見ていたらこの写真がありましたのでブログにアップしようと思い
スキャンしました。この写真は今18歳のタロウがまだ1歳にならない頃だと思いますので18年
ぐらい前のものです。横浜で生まれたタロウが埼玉に移り住んでいます。

 もうすぐ月遅れのお盆です。モモの一生を簡単に書かせてください。

 わたしはその頃埼玉県のとある町に住んでいました。隣町の30歳位の若者が田んぼの中の土管の
中でミャアミャア鳴いている生まれたばかりの小猫を見つけて保護しました。そして育てたので
すが、すでに一匹の猫を飼っていたので飼えないということで、動物病院に写真を張り出して
飼ってくれる人を探していたのです。
 それを見たわが奥様は早速貰い受けることにしました。ところが電話したところきょう貰らわれ
ていったとの返事。諦めていたところ、翌日電話があり、あまりにもうるさいので返されたとの
こと。そんなことでわが家の家族になったのでした。

 11歳で亡くなりましたが、亡くなる3年ほど前に、目の間、鼻の上が丸く膨らんで来ました。
動物病院で検査して貰ったところ「骨肉腫」と判明。骨肉腫が大きくなりましたが特に治療法が
ありませんでした。一週間に一度通院してして点滴をしてもらうくらいでした。発症して1年余
り経った頃苦しいだろうと思い、可愛そうになって先生に安楽死を相談しました。そうしたら
先生は「痛いから苦しいから死にたいなどと猫は考えません」というのでした。

 発症してから約3年経った1月2日に天に昇ったのですが、一生のオシマイをなんで苦しいことに
してしまったのだろうと悔やまれました。
 ひとつ付け加えます。モモを保護した青年はモモを保護して2年後に大腸がんで亡くなりました。
その時思ったものです。モモ助けていながらなんで自分の命を救えなかったのだろうと。

 長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。

 本日はこれにて。


nice!(70)  コメント(21) 

姥百合(ウバユリ)  (7月26日) [横浜市こども植物園]

 台風13号が近づいています、明朝まで雨風が強く続くようですが、被害がないといいのですが。
  きょうは朝から小雨が降ったりやんだりで、風は時々山の木々をザワザワと揺らしていました。台風の予感です。
しかし、台風の進路は今朝の予報よりも横浜から少し離れています。

 一昨日までの暑さがうって変わって昨日の朝は22℃、今朝は24℃・・・風が冷たかった。日中は
かろうじて夏日になる気温。台風の影響でしょうか。でも、台風が去ればまた暑くなるんですね。

 きょうは7月26日の「横浜市こども植物園」をアップします。

DSC_6755 ウバユリ

 ↑ ↓ ↓ 姥百合(ウバユリ) 名前は花が咲き終わる頃、葉が枯れてなくなることを歯が抜け
                   落ちた姥(老婆)に例えたと云われますが、葉っぱは残っています。
                    名前の由来は他にもいろいろあるようです。


DSC_6754DSC_6751
  毎年のことですが、花茎に白い粉が見られるんです、ない方がいいんですが。見栄えが悪いです。
  元凶はアオバハゴロモですね。
  わが家の庭でも見られるんですが、見つけ次第スミチオンの希釈液を持って追いかけています。

  姥百合はここの林の中に群生しているんですが、行くのが遅かった。4~5株しか咲いていませんでした。
  管理スタッフに聞いたところ、この花は水が好きだが今年は雨が少なく土がからからなんで早く
  萎んだようだと云っていました。



DSC_6756
 セミの抜け殻



DSC_6769 ミンミンゼミ
 ミンミンゼミ



DSC_6761
  ↑ ↓  綿(わた) 下の白い花のようにきれいに開いている赤い花はなかった。萎んだのかな?

IMG_8668 綿



DSC_6774 ムラサキナツフジ
  紫夏藤(ムラサキナツフジ) マメ科  原産地: 台湾、中国南部



DSC_6783 イイギリ
  飯桐(イイギリ) ヤナギ科



DSC_6785 タマアジサイ
   玉紫陽花の蕾(タマアジサイのツボミ)  これから花が開くまで時間がかかります。



DSC_6777
  果樹園のぶどう 何故かこれだけが袋が取れていた! 風に飛ばされた?

 水を飲むのは辛いですね。血液検査のクレアチンの数値が低いので先生から水分を十分に取るように
云われています。先日も、飲んでいますか、2Lは飲みなさい、と念を押されました。朝、起きがけから水を
手元に置いて飲んでいますが、1.5Lならなんとか飲めます。胃の調子も良くないしトイレに行くのも忙しい
し・・・・・楽に2L飲む方策はないものでしょうか。

 本日はこれにて。


nice!(73)  コメント(24) 

今年もまた暑い8月がやってきました。 [考える]


 毎日一番の話題は「気温」ですね。同じ話題でも気温が低くなるということだといいのですが。
今週半ばには台風13号が関東に上陸しそうです。自然は次々と厳しいことを突きつけて来ますね。



 今年もまた気が重くなる8月を迎えました。
きょう8月6日は広島に、9日は長崎に原爆が投下された日です。3月には東京に焼夷弾による
無差別爆撃があり、また、全国各地が爆撃され日本は焦土と化しました。皆さんもご存知のように沖縄
では日本での唯一の地上戦となり悲惨な結末となりました。これらを思い出す時胸が締め付けられます。



 そして8月といえば8月15日。終戦記念日と云われていますが、わたしはあえて「敗戦を忘れては行け
ない日」と決めています。

 真珠湾攻撃をした年にわたしは東北の片田舎に生まれました。そのため開戦から敗戦そして戦後の
混乱のときなにもわからない歳でしたから幸せだったと云えるでしょう。敗戦後の物資不足のときも幸い
ひもじい思いはしませんでした。大人は食うものがなく苦労しましたね。我が家は稲作農家でしたが、白
いご飯はお盆とお正月にしか食べられなかったのです。後は麦はいいほうで、大根の葉などを入れた
糅飯(かてめし)だったのです。

 誰が国民を塗炭の苦しみにぶち込んだのでしょう。簡単に云えば一握りの政治家です。
というとその
政治家を作り支持したのは誰かということになりますね。責任は国民に戻ってきて、一億総懺悔なんて
いう言葉もそこから出たのでしょうか。
 日本人はひとがよすぎます、やわです。自分が悪者になることを必要以上に進んでやります。上に
敗戦を忘れてはいけない日と書きましたが、敵を絶対に忘れてはいけないのです。喧嘩は片方だけが
悪いということはありません、こちらが悪くても徹底的に戦うべきだと思うのです。一億総懺悔は必要あ
りません。
 そして、絶対に忘れてはいけないのがもう一つ、一握りの政治家によって国の、国民の未来
が危うくされることがあることを。


DSC_6913 スイレン


IMG_8695 23




 世の中はTVに放送のネタを提供するために動いているように見えます。時々、思うんです、
もしTVがこの世になかったらと。

 本日はこれにて。


nice!(78) 

百日紅(サルスベリ)  (7月27日) [散歩・小旅行]

 毎日、気温を気にかけて暮らしています。きのうは猛暑日になった、きょうの最高気温は何℃だ、と。
気づいたんですが、気温が1℃2℃違うと体感がものすごく違います。ただそれは35℃程度の気温の
ときで、例えば20℃程度の時は1℃2℃違がってもあまり違いは分かりません。最近のように猛暑日に
なるかならないという状況では1℃の違いは大きく感じられる。

 今、横浜市こども植物園では3件の展示会が開かれています。やはりこども植物園です。「昆虫と
植物展」と「食虫植物展」は夏休み中の子どもたちのものですね。「大輪朝顔展」は大人用です。
 きょうは大輪朝顔展だけをチョコッと覗いて来ました。記念に一枚だけアップします。この朝顔の径は
15cmくらいありました。

IMG_8691IMG_8694


IMG_8692IMG_8687
 今は百日紅の季節です。いろいろのところで目にしますが、庭木としているオタクも多いですね。
 7月27日~8月3日に散歩の途中に撮ったものです。以下に並べます。枚数が多いのでサラッと
流してください。DSC_7034 (2)




DSC_6748



DSC_6807



DSC_6806DSC_6854



DSC_7001 (2)



DSC_7004 (2)



DSC_7008 (2)



DSC_7002IMG_8662



DSC_7030 (2)



IMG_8659



DSC_6999 (2)

 長々と見ていただきありがとうございました。

 本日はこれにて。


nice!(79)  コメント(23) 

秋の気配?  (7月27日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

 きょうはクリニックに降圧剤を貰いに行く日でした。
 行きは30分歩きました。歩いている時は気づかなかったのですが、Tシャツは汗で斑になって
いました。それを見たんでしょう、看護師さんが笑っていました、どうしましたまさか走って
来たんじゃないでしょうねと。血圧は144-72でした。上がちょっと高いです。
 帰りはバスにしました。8時20分に出て9時20分に帰宅、1時間の散歩でした。帰ってすぐに
シャワーを浴びてスッキリしました。


 きょうは7月27日の「児童遊園地」です。歩いているとまだ盛夏なのに秋の気配が感じられま
した。多分、涼しい秋を待ち望んでいる気持ちがないものをあるように錯覚したんでしょう。
 園内を歩いて撮った順に並べます。

DSC_6801 モミジ
 モミジ  今年こそはこの種を拾って鉢に蒔こうと考えています。熟すのは10月?11月?



DSC_6810 ルリタマアザミ
 ルリタマアザミ  暑いお天道さんの下で何日も開いていたと見えてくたびれています。



DSC_6811 チコリ
 チコリ(キク科) 新芽をサラダなどにして食すという。野菜? 一輪だけが咲いていました。



DSC_6813 ヘリオトロープ
 ヘリオトロープ(ムラサキ科) ハーブです。花はバニラに似た甘い香りを放ち、花からとった精油は
               香水の原料になる。



DSC_6815 アップルミント
 アップルミント(シソ科) 青りんごの香りがあり、ハーブティーや香辛料、サラダに利用される。



DSC_6836 ノウゼンカズラ
 凌霄花(ノウゼンカズラ)ノウゼンカズラ科 だいぶ前から咲いていたと思うが、花期が長い!



DSC_6840 ツキヌキニンドウ
 突抜忍冬(ツキヌキニンドウ)の実  スイカズラ科 葉っぱの中心から花茎が突き抜けて
                          来るのが面白い。



DSC_6827



DSC_6830 モミジ
 モミジ  色づいてきました。



DSC_6802 ススキ
 薄(ススキ) イネ科  秋の定番ですね。花が咲いたら小さな花を追いかけますが、きれいに
            並んだ花を見ることは少ない。

 気象庁は7月は異常気象だったと発表したようですが、これが当たり前と考えたほうが来年また
同じような天候になった時、がっかりしないんじゃないかとへそ曲がりは考えるのでした。8月も
異常気象でしょうか? 働くひとは大変です!

 本日はこれにて。


nice!(78)  コメント(26) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。